口の中が臭い!その原因と中年男性の口臭の対策方法

口の中が臭い!その原因と中年男性の口臭の解消方法

口の中が臭い!その原因と中年男性の口臭の解消方法 
口の中が臭い!このように感じてる中年男性は多いかもしれません。

 

キッカケは色々ですが、自分であるときに自覚できる人もいれば、相手の仕草からそれを察して気がつく人もいます。

 

中年で多いケースでは、奥さんに指摘されては初めて気がつく、コチラのケースが多いかもしれません。

 

多くの人は、自覚できていない人が多いことになります。

 

そんな中、自覚ができたことは、気がついていない人から比べると先に一歩進んだような感じだと思います。

 

ただ、そうはいっても口の臭いになる原因は数多くあり、それがそのまま改善されない人もいます。

 

口の中が臭い、このように感じるときに、どのような原因があるのか、それを確認してから対策することで、しっかりと的を得た対策になると思います。

 

その原因と改善についてお伝えします。

 

 

口の中が臭い!原因は大きく分けると口腔内と体内と2つある

口の中が臭い!原因は大きく分けると口腔内と体内と2つある 
口の中が臭い、といってもその臭いが口腔内から発生しているケースもあれば、体内から発生しているケースもあります。

 

大きく分かるとその2つに分けることができ、そのどちらかを最初に見極めることが必要になってきます。

 

方法は簡単で唾液の臭いを確認します。

 

できればガーゼがあると良いのですが、指を使用してすぐに確認することができます。

 

口臭が強い、このように感じるときに試してみます。

 

ガーゼ、または指に舌にある唾液をつけて乾燥させます。

 

ガーゼの場合は旗をふるようにパタパタとするとすぐに乾燥するはずです。

 

指に唾液をつけた場合は、手のどこでも酔いので、こすりつけて乾燥させます。

 

そして、その乾燥させた臭いを確認します。

 

このときの注意点をしては、誰でも多少は臭いがしますので、多少であれば、口腔内からは臭いがないといえます

 

もし唾液の臭いが強い悪臭を感じるようであれば、口腔内が口臭の原因になっています。

 

唾液が臭うのではなくて、唾液に含まれている細菌が臭いを発生させいるので、それが口の臭い原因になってきます。

 

その人によって口腔内にいる細菌数は変わってきます。

 

例えば、全く口のケアをしていない、このようなことであればたくさんの細菌がいることが予測することはイメージできると思います。

 

そのようなこことではないと思いますが、それなりにケアをしているはずなのに臭いがあるということは、細菌が口の中で増えやすい環境になっていることが原因になります。

 

細菌が増える原因は唾液が減少することが主な原因になっている。 
その細菌と関係しているのが唾液です。

 

人は誰でも老化をしていきますが、その老化から唾液の分泌も徐々に弱くなっていきます。

 

それが早い人もいれば、遅い人もいることになりますけど、その唾液の量が不足してくることで細菌が増えやすく口臭が発生しやすくなります。

 

中年男性では、これが原因になっていることがしばしばあります。

 

唾液には細菌を減少させることができるものが含まれているので、それが減ることで誰でも口の中にいる細菌は増えてきます。

 

唾液の量が減る原因は、加齢的なことも影響していますが、それ以外にアルコールによる利尿作用、良く噛まないことで唾液の分泌を悪くさせている、カフェインを好む、ストレスが多い、または薬の影響、このようなことが影響してきます。

 

アルコールは利尿作用といって、体内から水分を追い出そうとする働きがあります。

 

そのため血液自体に水分が不足して、またドロドロになりやすくなります。

 

唾液は血液からできているので、アルコールを好む人は、血液の水分不足、そして血流が悪くなりやすいので、唾液の分泌に影響を与えることになります。

 

良く噛まないというのは、噛むことで唾液がでてきますが、あまり噛まないと退化するようなイメージです。

 

実際は違いますけど、イメージとしてはそのような感じです。

 

使わないところは衰えるのが早くなります。

 

カフェインの取りすぎは唾液の分泌を弱くさせる。 
カフェイン自体は体に悪いものではありまんけど、取りすぎは中枢神経を刺激して自律神経を乱していきます。

 

唾液はこの自律神経によってコントロールされているので、ここが乱れてしまうと唾液がストップしやすくなります。

 

それと似たようなものがストレスで、ストレスも自律神経に働いて乱れていくようになります。

 

それ以外に口呼吸というものがありますが、これも原因になってきます。

 

唾液を減らす環境がどこかにあることで細菌が増えて口臭が発生するよになります。

 

口腔内の原因はこのようになります。

 

すぐにできる対策は、上記のことに注意しながら、咀嚼数を増やす、ストレスを溜めないようにする、アルコールは控えるです。

 

すぐに改善させるにはこちらのアイテムを使用します。

 

その日にすぐに改善されるはずですが、そのアイテムだけに頼るのではなくて、上記のことも注意しながら使用します。

 

 

口の中が臭い!その原因になる体内からの影響と対策について

口の中が臭い!その原因になる体内からの影響と対策について 
続いて体内ですが、この場合は胃腸関係ということになります。

 

胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎など胃の疾患が原因になることがありますが、ほとんどのケースでは胃腸に元気がなくなっているような状態で口の臭いが強くなるケースが多いといえます。

 

とても中途半端な感じですが、例えば目を使用しすぎて、目がかすんでいるようなイメージでしょうか。

 

胃痛まで感じていない、調子が悪いわけでもない、でも働きに元気がない、このような感じです。

 

元気がないと消化に時間を必要としてしまうために、食べた物が発酵しやすくなります。

 

その発酵による臭いと、胃液にまざる消化酵素の臭い、これらのものがそのまま吸収されてしまうことで呼気にも混ざるようになります。

 

腸内についても同じで、腸内環境が悪いと、多くのメタン系のガスが派生しますので、それも呼気にも混ざることがあるので口臭が強くなることがあります。

 

これも中年男性に多い1つの口の臭い原因です。

 

口からも体内からも、両方というケースもありますので、どこから?と限定されているものではありませんけど、原因として大きく分けると口と体内、この2つになります。

 

胃腸関係からの対策については、基本的に胃腸を休ませることがポイントになってきます。

 

アルコールは控える、咀嚼数を増やす、肉や揚げ物を控え野菜中心にする、ストレスを溜めないようにする、このようなことを意識していきます。

 

胃腸を休め、胃腸によい働きのあるものを取る、刺激になるものは避ける、このような対策です。

 

負担が働きを弱ることになるので、それを排除するような感覚です。

 

サプリメントでオススメは、胃からの場合はコチラの口臭サプリです。

 

酸っぱい、ゲロ臭い、ドブ臭いなどの臭いがするのが特徴に口の臭いにオススメできるものです。

 

そして上記のものは、すでに逆流性食道炎や慢性胃炎、胃酸過多などの疾患がある人にも役立つものがあります。

 

腸内環境の悪化などはコチラの口臭サプリです。

 

硫黄臭、便のような臭い、卵が腐ったような臭い、うんちのような臭い、要するに腸内からは、ストレートに口から便のような臭いがするのが特徴です。

 

そのような細菌が腸内にいるためです。

 

便秘や下痢をしている人にもオススメです。

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

舌の臭い対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る