朝起きると口の中が臭い口臭の原因と対策の方法

朝になると口の中が臭い!中年男性の口臭の原因と解消の方法

朝になると口の中が臭い!中年男性の口臭の原因と解消の方法 
朝起きる口の中が臭い!このように感じる中年男性の人も多いと思います。

 

色々な話しを聞くと共通してくることが、気になってから特に夜寝る前はしっかりと歯磨きをするようになった、ケアはしっかりとしている、このようなことが共通していきます。

 

そして虫歯や歯周病があるわけでもないのに、中にそのような人もいますけど、自分なりの対処をしているのに改善されないというものです。

 

そしてまた、朝になるとしっかりとケアするそうですが、それでいくらかは落ち着く人と、あまりそうでもない人もいます。

 

ここにはバラつきがありますけど、やはり気になるものだと思います。

 

結婚前だと、彼女とのお泊まりデートなどでは、とても困るといいます。

 

結婚している人は、奥さんに指摘された、このような人もいます。

 

実はこれには理由があるのですが、どのようなことが原因になっているのか、それと改善策についてお伝えします。

 

 

朝になると口の中が臭いと感じる中年男性の口臭原因は

朝になると口の中が臭い!このように感じるのは、寝ている間に口の中にいる細菌が増えやすい環境にあるためです。

 

動画を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

 

夜寝る前にしっかりと歯磨きやケアしても、それなりに口腔内の細菌は減らすことができることは間違いがないことですが、すべての細菌がいなくなったわけでもありません。

 

それが寝ている間に増えていることで、朝になると口臭が強くなっていることになります。

 

これは誰にでも共通することで、寝ている間は誰でも口の中にいる細菌は増えていることになります。

 

ただ、増えたとしてもあまり臭いを感じない人もいれば、口の臭いが強い人に分かれることになりますけど、その境界線みたいになるものが、細菌数ということになります。

 

例えば寝る前にハミガキをして細菌数が30%ぐらいだったとします。

 

それが寝ている間に50%ぐらいになります。

 

ここがギリギリのようなラインで、それを超えると口臭が伴うようなイメージです

 

普通の人よりも細菌が増えやすい環境があることで、朝になると口の臭いが強くなる原因です。

 

なぜそのよになるのかは、唾液の不足など主な原因として考えられます。

 

寝ているときに唾液の分泌を悪くさえることが原因で朝の口臭は強くなる。 
寝てる間に唾液が何らかの理由で減っているために影響されることになります。

 

唾液はただの水分ではなくて、口の中にいる細菌を減らすことができるものが含まれています。

 

寝ている間は誰でもその唾液が減ることになりますが、それよりもさらに減ることが影響してきます。

 

唾液の分泌が弱くなるのは、中年男性ですと、加齢、ストレス、アルコール、喫煙などが主に影響してくることになります。

 

誰でも老化はしますので、加齢によって減少することは誰にでもあることですが、それとは別に上記のことが重なってくることで、さらに分泌を悪くさせるようなイメージです。

 

唾液は自律神経でコントロールされているので、そこに影響を与えるストレス、そして血液で唾液はできていますので、血液環境を悪くさせるアルコールの影響やたばこ、また食生活なども影響してくることで、分泌が悪くなってきます。

 

そのような小さな原因が重なることで寝ている間に細菌が増えやすい環境になってしまいます。

 

それとは別に口呼吸も原因になります。

 

口呼吸というのは、口で呼吸をすることですが、これも肥満やストレス、口の筋力の低下などが原因で、自然に寝ているときに口が開いて、口呼吸をしてしまうために、唾液がすぐに蒸発して細菌が増える。

 

このようなことになります。

 

もし寝起きに唇が乾燥している、口の中が渇いている、このようなことであれば口呼吸をしている可能性は高いと言えます。

 

 

朝になると口の中が臭い!中年男性の口臭を改善させるには

朝になると口の中が臭い!中年男性の口臭を改善させるには 
朝になると口の中が臭い、その原因をまとめると唾液の不足によるもと、まとめることができます。

 

改善策としては、先ほど話した原因になる要素の見直しと、口の中にいる細菌を減らすための対策です。

 

原因になる要素は加齢、ストレス、食生活、アルコール、喫煙、口呼吸などです。

 

ストレスについは、誰にでもあることですけど、溜まるものと納得して、後はそれをいかに減らすということがポイントになると思います。

 

その解消のために、適度なアルコールであれば役立つことになりますが、深酒になってしまうと唾液の分泌には悪い影響を与えていきます。

 

アルコールは体の水分を奪ってしまう働きと、そこからさらに血液をドロドロにさせてしまうので、唾液の分泌にも悪影響があります。

 

食生活もこれと同じことがいえます。

 

揚げ物類、肉類が多いことで血流が悪くなってきます。

 

体の代謝的なものを下げてしまうと、太りやすいことと同じで、体の機能が鈍ってくるようになります。

 

食べても痩せるような体作り、イメージとしてはそのような感覚です。

 

食生活は大事な要素になるので、体をクリーンにさせるためにも野菜や果物なども今より少しだけ多く取るようにします。

 

運動や食生活を変えていくことで少しずつ唾液の分泌も良くなってくることがある。 
それに運動をすることで相乗効果が上がりますし、若さを保つことにもつながりますので、老化を防ぐ意味でも運動は必要な事柄でもあります。

 

そして咀嚼数を増やすようにします。

 

唾液は「噛む」という行為で、よく分泌されるようになりますが、逆に「噛まない」ことで、退化していくような感じになります。

 

口の働きをあまり使わないと、筋肉が衰えるように、口の機能も衰えていきます。

 

1口に30回ぐらいを目安にして、よく噛むようにします。

 

よく噛むことは、口の筋肉の衰えからくる口呼吸を予防することにもなるので早食いには注意するようにします。

 

このようなことも意識しながら、細菌を減らすためにはアイテムを使用します。

 

上記のことを実践してもすぐに改善されるわけでもありません。

 

少しだけ時間を必要としてきます。

 

そのようなことから、一度増えた細菌を減らすのに、コチラのアイテムを使用してみて下さい。

 

朝の口臭については、すぐに解決されるはずです。

 

自然の成分だけで、一気に細菌を減らすことができる優れものなので、とてもおすすめすることができます。

 

関連 朝の口臭の改善方法

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る