口の中が臭い!ドブの臭いがする原因と対策の方法

口の中が臭い!ドブの口臭がする中年男性!原因と対策について

口の中が臭い!ドブの口臭がする男性!原因と対策について 
口の中が臭い!ドブのような口臭がする、このように感じている人、またはその臭いを他人から感じたことがある人は案外多いかもしれません。

 

そのままの臭いがしているのが特徴ですけど、中年男性に多い口の臭い原因の1つです。

 

奥さんが旦那さんの口臭をこのように感じるケースも多くあります。

 

「息や歯ブラシがドブのような臭いがしている」このようなことを聞くと、男性としてはショックなものですが、実際は自覚をしていない人も多いことになります。

 

特徴がある臭いなので、何かの拍子で自分で気がつく人もいます。

 

この臭いは、口腔内、そして体内と2つのことが原因として考えらえる臭いです。

 

それを確認する意味でも1度、自分でチェックすることをしてみて下さい。

 

どちらから臭いが発生しているのか分かると思います。

 

自分で簡単にチェックする方法は下記を参考にして下さい。

 

1分もしないで終わります。

 

関連 口の中が臭い気がすると感じる中年男性!それを確認する方法

 

 

口の中が臭い!ドブの口臭がする中年男性の口の臭い原因とは

口の中が臭い!ドブの口臭がする中年男性の口の臭い原因とは 
口の中が臭いしドブのような口臭がするのは、口腔内、体内と2つのことが原因といいましたが、この臭いの原因になっている多くは細菌による影響です。

 

口の中にいる細菌、または消化の段階で微生物による発酵の臭い、このどちらかに限定されてきます。

 

またはその両方が原因になっていることがあります。

 

先程のチェックの方法で、どちらから臭いがあるのか特定できるはずです。

 

口の中には多くの細菌がいて、その種類にすると300種類にもなります。

 

全部の細菌が悪臭を放つわけでもありませんが、その数だけ臭いにも種類があるということです。

 

臭いも色々で、生ゴミのように臭い、生臭い、玉ねぎのような臭い、またはそれが混ざった臭いなど、色々な臭いがあることになります。

 

実際のドブの臭いを嗅いだことがある人は、どのような臭いなのかイメージできていると思いますけど、その原因になっている細菌は1つだけではなくて、多くの細菌が関わっていることになります。

 

1種類だけで、今回のような臭いになるのではなくて、多くの細菌が関わっていて、それが混ざったことで今回のような臭いにさせています。

 

口の中にいる細菌が増えやすい環境であることかrドブのような口臭が発生しやすくなる。 
これは口の中でも同じで、多くの細菌が関わっているということです。

 

嫌気性細菌(けんきせいさいきん)といいますが、酸素を利用できる通性嫌気性生物(つうせいけんきせいせいぶつ)と、酸素をエネルギーとして利用できない偏性嫌気性生物と分かれます。

 

酸素がないと生きていけない細菌と、酸素があると死んでしまう細菌に分かれることになります。

 

その細菌がタンパク質などを分解して、悪い方の発酵させるときの臭いで、いわゆる腐敗臭ということです。

 

硫化水素、メチルメルカプタンなどのメタン系のガスを多く発生させます。

 

メタン系のガスは細菌の排泄物のことで、その臭いが混ざったものがドブのような臭いにさせます。

 

この細菌がどこにいるのか?ということですが、口の中、そして腸内に多くいることになります。

 

そのためチェックを先程したことになります。

 

口の中も腸内にも悪玉菌、日和見菌、善玉菌といます。人体に生息している細菌のことで、これらのものが口臭の原因となってきます。

 

 

口の中が臭い!口腔内からドブの口臭がする原因と改善方法

口の中が臭い!口腔内からドブの口臭がする原因と改善方法 
口腔内からドブのような臭いにさせる原因は、加齢、またはその他のことの影響での唾液の分泌の低下ということになります。

 

ただ単に口のケアが行き届ていてないということもありますが、唾液の分泌量が大きく関係しています。

 

人は20歳を境に老化していくことになりますが、唾液の分泌も少しずつ弱くなってきます。

 

唾液には口の中にいる細菌を減らすことができるラクトフェリンやその他に数十種類のものが含まれています。

 

それが減少していくことで口の中に細菌が増えやすい環境を与えてしまいます。

 

その加齢に、さらに分泌を弱くさせる、ストレス、アルコール、たばこ、食生活的なことが影響して、さらに分泌の低下に加速をかけていきます。

 

それが少しずつ影響されて細菌が増えていき、少しずつ口臭も強くなっていくようなイメージです。

 

歯磨きをしっかりとすることも、もちろん大事ですけど、細菌は歯や歯茎だけに限定しているわけでもなく、口腔内全体に広がっています。

 

それをカバーするのが唾液になりますが、減少していくことで増えるようになります。

 

それを改善させるにはコチラのアイテムを利用します。

 

2日ぐらいで改善されると思いますが、それ以外に上記の注意点の見直しです。

 

中年男性であれば、仕事でのストレスを対策するといっても難しいものがありますけど溜めないようにする工夫です。

 

アルコールが好きな人は、深酒にならないようにするだけで、リスク回避するのに役立ちます。

 

適度な量であれば、ストレス解消にもなるので、その量に注意するようにします。

 

食生活では咀嚼数を増やすようにします。

 

唾液の分泌が良くなるので、それを訓練するようなイメージで噛む回数を増やすようにします。

 

アイテムですぐに口臭は抑えられますが、上記の環境を少しだけ意識して注意するだけで、口腔内の環境は良い方に変わってきますので、少しだけ意識します。

 

そしてカフェイン等は、なるべく避けようにします。

 

カフェインは自律神経に働いて唾液の分泌を弱くさせます。この物質自体は体に良いものですけど、今回のようなときに控えるようにします。

 

唾液は自律神経の働きでコントロールされているためです。

 

 

口の中が臭い!胃腸からドブのような口臭の原因と改善方法

口の中が臭い!胃腸からドブのような口臭の原因と改善方法 
胃腸関係からもドブのような口臭にさせる原因になりますが、原因は胃での消化物の発酵、そして腸内での腐敗臭が原因になってきます。

 

「消化がスムーズではない」ということが主な原因になってきます。

 

胃や腸の働きが低下してくることで、消化させるのに時間を必要としてきます。

 

胃であれば、その消化に時間をかけることで食物による発酵、そして腸内にいる細菌が発生させる悪臭ガスが多く発生するよになります。

 

温度や水分、栄養のなるところに長く食物を置いておくことで、それが腐ったような状態、というと分かりやすいと思います。

 

その悪臭の臭いが体に吸収されるために呼気にも混ざるので、ドブのような口臭を感じることになります。

 

改善策としては「胃腸を休ませること」とうことがポイントになってきます。

 

アイテムではコチラのサプリメントを使用します。

 

すぐに実感できるのでおすすめですけど、それ以外に口腔編でも話したことも注意します。

 

胃腸へ負担を与えるのは、食生活、ストレス、アルコール、たばこ、よく噛まないなどです。

 

食べ物を噛まないで飲み込んだことをイメージすると分かると思いますが、噛まないでそのまま飲み込んでしまうと消化に時間を必要とします。

 

年代的なものも影響していますけど、消化に時間をかけるとうことは、それだけ負担が大きくなってしまいます。

 

早食いには特に注意が必要で、口という消化器官も多く利用するようにします。

 

そうすることで、胃腸への負担を減らすことができます。

 

アルコールなどについては飲みすぎると、どのような負担になるのかは、経験している人が多いと思うので、多くの説明は必要ないと思います。

 

ストレスについては同じです。

 

ストレスを長い間、蓄積させることで胃腸への負担が大きくなってきます。

 

ひどくなると胃痛、または下痢や便秘などにもつながります。

 

ストレスも胃腸にダメージを与えることは、身をもって経験している人もいると思います。

 

口臭については、どの臭いもそうですけど、やはり一番困るのが人とのコミュニケーションだと思います。

 

早めの対策をすることで自分に対して相手に対しても負担が大きく減ることになります。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る