口の中が臭い!便のような口臭がすときの改善方法

口の中が臭い!便のような口臭がする原因と解決策について

口の中が臭い!便のような口臭がする原因と解決策について 
口の中が臭い!虫歯の歯周病もないのに、便のような口臭がする、このような中年男性のための対策についてです。

 

この臭いは少し厄介というか、臭いの原因が2つ考えらえることになります。

 

1つが口の中、そいて体内からの臭いです。

 

その両方のどちらかが臭い原因になっているので、最初にどちらなのか特定をすることで対策にズレがなくなります。

 

調べる方法は唾液の乾燥させた臭いを確認します。

 

指を使用した方が早いので、手をキレイにして、人差し指に口の中にある唾液をつけて下さい。

 

その唾液を手のどこでも良いのでこすりつて乾燥させて、その臭いを確認します。

 

どんな臭いがするでしょうか。

 

ここでの注意点は、誰でも唾液には臭いの原因になる細菌が混ざっているので多少は臭いがするということです。

 

ですが、明らかに悪臭を感じるようであれば口腔内に原因があります。

 

もし臭いをあまり感じないのであれば胃腸内ということです。

 

口臭を自分で感じているときに試してみて下さい。

 

それぞれの原因と対策についてまとめています。

 

 

口の中が臭い!口腔内の便のような口臭を対策するには?

口の中が臭い!口腔内の便のような口臭を対策するには? 
唾液の臭いを確認して口の中が臭い、となっている場合は、細菌を減らすことが対策の方法になります。

 

逆に考えると細菌が増えやすい環境があるということです。

 

虫歯や歯周病にさせる細菌だけが口の中にいるのではなくて、それ以外にも300種類以上の口腔内に細菌がいます。

 

全部の細菌が病気にさせる細菌ではなくて、舌を汚すような細菌もいれば、臭いだけ強くさせる細菌もいるということです。

 

またそれらを抑える細菌もいます。

 

どの細菌が増えるかで、口のトラブル内容も変わってくるこになります。

 

口腔内から悪臭を感じる原因になっているのは、便のような臭いにさせる細菌が増えていることが原因になっています。

 

なぜそのような細菌が増えるのはかは、考えらえるものでは唾液の減少と口呼吸ということになります。

 

加齢やストレスなどの何かの理由で唾液が減っている、また口呼吸になっている、このようなことが主な原因になってきます。

 

唾液の分泌が低下することをドライマウスといいますが、こうなってしまうのも色々な理由があることになります。

 

加齢もそうですが、咀嚼数の減少、薬の影響、ストレス、食生活、アルコール、たばこ、食生活、運動不足、姿勢、病気など原因などたくさんあることになりますが、唾液が減ることで便のような臭いにさせる細菌が増えてしまうことになります。

 

対策はよく噛むことが重要です。

 

分泌が低下しているので、その訓練のために食事の時はよく噛むようにします。

 

口呼吸については口の筋力の低下、またはストレス、肥満、癖などが原因になってきます。

 

口の筋力の低下は「あいうべ体操」をすると解消されやすいので、中年でもある30代ぐらいであれば十分に口の筋力の低下は考えられるので、鍛えていきます。

 

やり方は簡単です。

 

あ・い・う・べと口を大きく開けてそれを繰り返すだけです。

 

そしてストレス、また肥満については自己管理になるので、なるべく意識してください。

 

ストレスを溜めると多くの酸素を必要としてくるので、寝ているときに口呼吸になりやすく、また肥満の場合は首回りに脂肪が多くついて、軌道がせまくなるために鼻呼吸が難しくなってきます。

 

それぞれの自己管理が大事になってきます。

 

そしてすぐに改善させるのであれば下記にまとめているもので、できるようになっています。

 

口内細菌を減らすおすすめアイテム

 

 

口の中が臭い!胃腸内から発生している口臭の対策方法

口の中が臭い!胃腸内から発生している口臭の対策方法 
口腔内にも便のような臭いにさせる細菌はいますが、体内にもいることになります。

 

それが腸内ということになります。

 

口の中より細菌が多い器官ですが、その腸内細菌の中に便のような臭いを発生させる細菌がいます。

 

それが多くなる、または腸内で優位になることで、その悪臭が体に吸収されて呼気にも混ざってしまうことがあります。

 

そうなることで便のような口臭を感じることになります。

 

原因は腸内環境の悪化です。

 

腸内環境が悪化する理由もたくさんありますが、便秘、食生活、ダイエット、ストレスなどです。

 

便秘については何となくでもイメージできると思いますが、便を溜めてしまうことで悪臭菌を増やしてしまうことになります。

 

その便秘の影響と食生活というのは、便のような臭いにさせる腸内細菌が増えるのは肉などの食生活や暴飲暴食などです。

 

肉中心、食べ過ぎの食生活では悪玉菌という細菌を腸内で優位にさせるので、抑えるためにも野菜や果物中心、乳製品も取るようにします。

 

ストレスについても自律神経の働きから腸内の働きを低下させていくことになるので、なるべく溜めないようにする努力です。

 

男性であまりダイエットをしている人はいないかもしれませんが、万が一のために注意書きしておきます。

 

ダイエットといっても、ただ痩せるためだけのために、食事を減らすことで腸内が荒れやすくなります。

 

体に必要なものがないことで色々な機能が落ちてくることになるので、このダイエットには特に注意が必要です。

 

それ以外では肝機能障害、または腎機能障害なども原因になることがありますが、ほとんどのケースは腸内環境の悪化が原因で口の中が臭い、便のような臭いがする、ということになると思います。

 

そしてアイテムで腸内を整えて、口臭も同時に対策できるものがあるので下記にあるでオススメのものであれば下記を参考にして下さい。

 

腸内と口臭と両方の対策ができるアイテム

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る