口の中が臭い!ゲロのような口臭がする原因とケアの方法

口の中が臭い!ゲロのような口臭がする原因とケアの方法 
口の中が臭い!嘔吐したときのような口臭がする中年男性の対策についてです。

 

嘔吐というと汚い言葉ですが、ゲロと表現する人もいますけど、それに近い臭いがする事をいいます。

 

臭いの種類は300種類以上にありますが、この臭いについても案外多い臭い原因で、中年ばかりか、年齢層も幅が広いといえます

 

別に嘔吐しているわけでもないのに、このような臭いになるのは、それと同じ臭いにさせるものがどこかに存在していることになります。

 

ただ、共通してくるのは歯磨きをしても良くならない、歯周病も虫歯もない、口のケアはしっかりとしているのになくならないということが共通してきます。

 

原因はハッキリとしているので対策はしやすいと思いますが、この臭いは口のケアをしても良くならないはずです。

 

原因が別にあるためです。

 

その臭い原因と対策についてまとめています。

 

 

口の中が臭い!嘔吐したような口臭がする原因は消化酵素

口の中が臭い!嘔吐したような口臭がする原因は消化酵素 
口の中が臭い!嘔吐したような口臭がする原因は消化酵素の影響がほとんどです。

 

消化酵素というのは食事をしたときに食べ物を胃で消化するときの酵素のことで、その消化酵素の中にゲロのような臭いにさえる物質が含まれています。

 

実際に嘔吐したときの臭いや状況をイメージしていほしいのですが、消化途中のものが出てきているはずです。

 

その臭いということです。

 

食べ物を消化しきれていないものが嘔吐物として出てきていることになりますが、消化途中のものは悪臭が漂うということです。

 

これは特定の人だけではなくて、誰にでも共通してくることです。

 

なぜ消化途中のものが悪臭がするのかというと、その中に消化酵素が含まれていて、それが臭いの原因になっていることになります。

 

その臭いの元になっているのがペプシンという消化酵素です。

 

ペプシンとうのはタンパク質分解酵素の1つのことで、胃の主細胞で作られる酵素のことになります。

 

これが塩酸が含まれている胃液と混ざることで強酸性になる物質になります。

 

少し酸っぱさを感じるもので、それが臭いの原因になっているはずです。

 

実際に嘔吐したときに悪臭をひどく感じるように、それが分解されないまま残ってしまうことで口臭の原因になってきます。

 

それが例えばゲップしたときに漏れたり、またはその臭いが体内に回ることで呼気にも混ざることで口臭として発生します。

 

胃の働きが弱いことで発生しやすいので、口の中ではなく胃の対策ということになります。

 

そして胃の機能低下なので、老化を早めたような状態のことなので、病院で検査をしても以上は見られないことがほとんどです。

 

例えば「体が疲れている」これを病院の検査で見つけることが難しいということです。

 

そのためこのような臭いになったときに内科で検査する人もいますが「異常なし」で終わってしまうことが多くなります。

 

ただ、検査をすることは大事なので、気になる人は検査をすると他の病気を見つける意味でも予防になるので、口臭に関係なく毎年1回は、胃カメラで検査することをオススメします。

 

働いてる人は、会社で健康診断があると思いますが、胃の検査はバリウムでの検査が大半だと思います。

 

しっかりと小さな原因を見つけるためにも胃カメラの件さはとても重要です。

 

口の中が臭いと感じる原因は、色々とありますけど、今回の原因は消化酵素が原因として考えられます。

 

 

口の中が臭い!嘔吐のような口臭を対策するには?

口の中が臭い!嘔吐のような口臭を対策するには? 
口臭が嘔吐のような臭いがして口の中が臭い、というときの対策は胃の働きに害になる要素を排除していくような対策です。

 

胃の機能低下が起こるのは、加齢ということも考えられますが、それ以外ではストレス、暴飲暴食、食生活、アルコールの取りすぎ、早食いなどが原因として考えられます。

 

ストレスは自律神経に働き、胃はその自律神経の働きに影響されるので、ストレスを感じることで胃の働きが乱れていくようになります。

 

胃に食べ物がないのに胃酸が分泌されたりするので、そうなることで胃壁にダメージを与えていくようになります。

 

それが蓄積していくことで機能低下、ひどくなることで胃痛を起こすようになります。

 

ストレスを溜めないようにすることが対策のポイントになってきます。

 

暴飲暴食とうのは、食べ過ぎ飲みすぎで胃を長時間働かせることになるので、それが負担になることになります。

 

これは早食いもそうです。

 

噛まないで飲み込んでしまうような食事をすることで、胃に負担を与えていくことになります。

 

よく噛んで食事をすることが胃の負担を減らすことになります。

 

噛むことで唾液が分泌されるので、その唾液にも消化酵素が含まれています。

 

その唾液に含まれているアミラーゼという酵素は、口の中にあるときに活躍するもので、胃の中にいってしまうと胃酸によって働かなくなってしまいます。

 

せっかく消化を早めるものが口の中からでているので、それも利用することで胃に負担を与えなく、消化がスムーズになってきます。

 

アルコールの取りすぎも胃を荒らしてしまうことになるので、取りすぎている場合は控えるようにします。

 

関連 口の中が臭い!その原因と口臭の改善方法

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


 

スポンサードリンク

トップへ戻る