口の中が臭い!玉ねぎのような口臭を改善するには

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭がする原因と改善策について

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭がする原因と改善策について 
口の中が臭い!玉ねぎのような口臭がする中年男性、その原因と対策についてです。

 

玉ねぎのような臭いがするのは、メチルメルカプタンというものが臭いの原因になっています。

 

メチルメルカプタンというのは、人の血液や脳や体の組織の中にも存在するもので、動物の糞からも放出される臭いの成分になります。

 

またはメタンチオールとも呼ばれるもので、ナッツや天然のチーズなどにも含まれているものです。

 

口臭の関係でいうと口の中と胃腸ということになります。

 

臭いの原因でいうと細菌が関係していることになるので、その細菌が口の中と腸内にもいるということになります。

 

そのどちらかに限定されてくることになりますが、可能性としては口腔内を最初に疑った方が良いといえます。

 

それを調べるには唾液を乾燥させ調べることができます。

 

手をキレイにして指先に唾液をつけて、手のどこにでも良いのでこすりつけて乾燥させます。

 

その臭いを確認しして、それに近いような臭いがしているのであれば口腔内ということになります。

 

あまり臭いを感じないのであれば腸内からということになります。

 

それぞれ原因と対策は異なるので、先に臭いの特定をしておくことで対策がしやすくなります。

 

口臭を感じているときに試してみて下さい。

 

 

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭が口腔内からしている

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭が口腔内からしている 
口腔内から玉ねぎのような口臭がして口の中が臭い、この場合の原因は口の中にいる細菌の影響ということになります。

 

その臭いにさせる細菌が増えていることが原因で、その細菌が増える環境が口腔内にあることになります。

 

原因はいくつか考えらえますが、口のケア不足、口呼吸、ドライマスなどです。

 

口のケア不足はすぐに分かると思いますが「歯磨きをしっかりとしない」とうことであれば当然、細菌は増えていくことになるので、今回のような玉ねぎのような臭いになる率が上げることになります。

 

口臭が気にある人は、この辺はしっかりとしていると思いますが、念のために歯磨きはしっかりとそのまま継続するよにします。

 

口呼吸の場合は唾液をすぐに蒸発させてしまうことになるので、これも下人いなってきます。

 

唾液には細菌を減らすことができるものが含まれているためです。

 

口呼吸はその唾液を減らしてしまうので、もし口呼吸をしているような気配があるのであれば、これも治すように対策をします。

 

口輪筋の衰え、癖、鼻炎などが原因になることが多いと思います。

 

口輪筋は「あいうべ体操」といって、あ・い・う・べと口を大きく開けて繰り返すことで口輪筋を鍛えることができるので、自然に口が開いてしまうことを予防することができます。

 

それ以外の癖、鼻炎などは意識の問題になるので、普段から鼻呼吸をする意識が必要です。

 

またストレス、肥満も原因になってきます。

 

肥満の場合も鼻炎と同じように、首回りの軌道が狭くなることで鼻呼吸をすることが難しくなるので、寝ているときや普段からでも口呼吸になりやすいといえます。

 

このストレスや肥満についても自己コントロールが必要になってきます。

 

ドライマウスというのは、唾液そのものの分泌が低下することをいいます。

 

ドライマウス自体を良くさせることは、とても難しいことですが対策としては食事のときの咀嚼数を増やすようにします。

 

噛むことで唾液の分泌を良くさせることができます。

 

細菌を減らしてすぐに対策をしたいということであれば、上記のようなことにも注意して、下記のアイテムを使用するとすぐに対策をすることができます。

 

口内細菌を減らすことができるアイテム

 

 

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭が腸内からしている

口の中が臭い!玉ねぎのような口臭が腸内からしている 
玉ねぎのような口臭が腸内からしていて口の中が臭い、この場合は腸内を整えることが対策なります。

 

悪玉菌、善玉菌、日和見菌と口の中と同じ環境の細菌バランスが腸内にも存在しています。

 

この細菌バランスが乱れることで玉ねぎのような口臭になることがあるので、その細菌バランスを整えるようにします。

 

細菌バランスが乱れるのは、食生活、ストレス、便秘などが主な原因として考えらえます。

 

食生活ででは肉中心、揚げ物中心になってしまうことで、悪玉菌が増加して活発になるので、悪臭が発生しやすくなります。

 

野菜や果物を多く取るようにして、悪臭が増えないような食生活に変えていきます。

 

和食にすることで腸内は整いやすいので、和食を意識した食生活です。

 

食物繊維や乳製品を多めに取るようにして下さい。

 

そうすることで有害物質を減らし、便秘の解消にもなりやすくなります。

 

玉ねぎのような口臭にさせる悪玉菌は、肉などのタンパク質を好みますので、その餌を減らすようなイメージです。

 

ストレスについても腸内環境を悪化させやすいので、ストレスも溜めないよにします。

 

腸内環境は基本的に食生活が影響してくることが多いので、食事の内容には特に注意が必要です。

 

また胃と腸は連動していますので、胃の働きも低下させないようにすることも大事になってきます。

 

腸内や口腔内と違い、とても多い細菌数がいますので、バランスを整えるのにはすぐにとはなりませんので、あせらないで対策することも大切です。

 

アイテムではコチラのものを利用すると対策ができます。

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

舌の臭い対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る