口の中が臭い!舌の汚れと口臭を改善する方法

口の中が臭い!舌の汚れと口臭があるときの改善の方法

口の中が臭い!舌の汚れと口臭があるときの改善の方法 
舌の汚れがあり口臭がして口の中が臭い、このように感じる中年男性も多いかもしれません。

 

一昔前までは、舌の汚れが口臭になるとはあまり知られていませんでしたが、最近ようやくその事が認識されてきたように思えます。

 

その影響から舌をケアする人も増えてきた増したが、そのケアをしても舌の汚れが次の日にはすぐに戻てしまう、または汚れが取れない、などの声も多くなってました。

 

舌の汚れのことを舌苔ともいいますが、ここは実は歯のようにケアすることには向いていないところでもあります。

 

というよりもケアをしてはいけないような場所、ということです。

 

本来は自然に落ちることが正しいケアなので、それ以上のことはあまりしない方が良い場所ということになります。

 

ですがドライマウスなど、唾液が減少してくることで舌も汚れやすく、それが影響して口臭が発生するようにもなります。

 

そのままにしていても解決はできないことになりますが、どのような対策をすれば良いのかまとめています。

 

 

口の中が臭い!舌の汚れと口臭があるときの対策は唾液?

口の中が臭い!舌の汚れと口臭があるときの対策は唾液? 
舌の汚れと口臭があり口の中が臭い、このようなときの対策は舌の汚れを落とすことも対策になりますが、それよりも舌に汚れがつかないような対策も必要になってきます。

 

舌苔というのは、唾液、食べかす、脂肪球、白血球、色素、代謝物、細菌と数多くのものが含まれていますが、臭いの原因になっているのは細菌になります。

 

その細菌が舌で増えてるこで、そのときに細菌が分泌させる排泄物が臭いの原因になっています。

 

その細菌も色々な種類がいますが、その中に悪玉菌等などが特にひどい臭いを発生させていることになります。

 

なぜそのような細菌が増えるのかは、唾液の減少になります。

 

ほとんどのケースでは唾液が何等かの理由で減ることで細菌が増えやすくなっているということです。

 

唾液は細菌を減らすことができるものが含まれているためです。

 

そのためドライマウスなどになると必ずこの舌苔はつきまとうようになってきます。

 

そして口臭が発生する、という感じです。

 

唾液が減ってしまうのは、ドライマウスということもありますが、口呼吸なども影響してきます。

 

ドライマウスは唾液が減り、口呼吸の場合は唾液を強制的に減らすことになります。

 

どちらもにも共通してくるのは「唾液が減る」ということですが、その影響から朝に舌の汚れがひどくなる、そして口臭も強いという傾向にあることも共通してきます。

 

寝ているときは唾液がさらに減ることになるので、細菌がその間に増えてしまうことが原因です。

 

その唾液の分泌の対策には「咀嚼数を増やす」「鼻呼吸を意識する」この2つが対策の方法になります。

 

またまだ方法としてはありますが、日中でも口が乾燥気味の人は「咀嚼数を増やす」、それ以外の人は「鼻呼吸を意識する」です。

 

ドライマウスの場合は他に色々と原因があることになりますが、唾液の分泌を促すには、その機能を働かせないとそのまま衰えてしまうことになります。

 

その衰えを防ぐのにも食事のときに咀嚼数を増やします。

 

噛めないものが多くなってきたのが現代の食生活なので、余計に意識して噛むようにします。

 

唾液を出すための訓練です。

 

噛まないことで、余計に退化するようなイメージを持ってください。

 

口呼吸の場合はクセになっていることが多く、これは常に意識するしかありません。

 

ただ、寝ているときにストレス、肥満などが影響して自然に口呼吸になってしまうことがあります。

 

この場合はストレス、また肥満を解消するように心がけするしかありませんので自己でコントロールするようにします。

 

中年で多いのは口輪筋が衰えることでの影響です。

 

口輪筋が衰えると自然に口が開いてしまうので、口輪筋を鍛えるよにします。

 

あいうべ体操をすることで口輪筋を鍛えることができるので、毎日するようにします。

 

あ・い・う・べと口を大きく開けて、それを繰り返していくだけなので、簡単にできます。

 

このようなことを意識して唾液の分泌を促し、自然に舌にいる細菌が増えずらい環境にさせるようにします。

 

 

口の中が臭い!舌の汚れと口臭がある!細菌を減らすには

口の中が臭い!舌の汚れと口臭がある!細菌を減らすには 
舌の汚れと口臭があり口の中が臭い、確かに細菌を増やしずらい環境にすることも大事ですが、今現状の舌で増えた細菌を減らさないことには舌の汚れと口臭は解決されません。

 

そのケアのためには舌ブラシも使用しますが、注意点があります。

 

月に1回、もしくは2回ぐらいまでと決めてケアするようにします。

 

毎日の使用は避けるようにします。

 

理由は舌には細菌を減らすことができものが含まれているのと、舌はとてもデリケートだから、という理由です。

 

舌は粘膜で覆われていて、粘膜というのは主にコラーゲンで構成されていて、とても貧弱な層になっています。

 

役割は、外部からの細菌がウイルスを寄せ付けないための役割をしています。

 

そのためその粘膜に免疫でもある白血球などもいることになります。

 

何かの病気にならないに粘膜は守っていることになりますが、それを舌ブラシなどでこすってしまうことで剥がれやすく、またダメージを与えていきます。

 

そうなることで余計に舌の汚れが悪化しやすくなるということです。

 

毎日舌のケアをしてもすぐに戻ってしまう原因にもなります。

 

粘膜は舌以外にも口腔内全体、目の中、鼻の中、肛門、尿道、消化器官の内側などに多く存在していて、もしここから粘膜がなくなったとすると、何かしらの細菌やウイルスによって病気やトラブルがあることになります。

 

そのような大事なもので覆われているのが舌になりますので、毎日の使用だけは避けるようにして下さい。

 

そして舌のケアをするときは、自然に汚れが取れるものを使用するようにします。

 

数は少ないですが、実感がすぐにできて、口臭もすぐに対策できるものがあります。

 

下記にまとめているので参考にして下さい。

 

舌の汚れと口臭を対策する抜群のアイテム

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

舌の臭い対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る