口の中が臭い!夕方から口臭が強くなる原因と対策の方法

口の中が臭い!夕方から口臭が強くなる原因と対策の方法 
口の中が臭い!夕方から口臭が強くなる、どうして?という中年男性の口臭対策についてです。

 

これは、当たり前でもありませんが、普通の人でも結構そのように感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

この原因は3パターンあると思います。

 

1つは食べた物そのものが臭い食べ物である、食べた物が消化されていない、そしてもう1つが口の中の細菌が増えて強くなる、この3パターンになると思います。

 

原因として濃厚なのは「細菌が増えて強くなる」または「胃に関係したもの」ではないでしょうか。

 

ただ、そのままにしていなく、その臭いを感じてからしっかりと口のケアをしている人がほとんどです。

 

夕方だけではないようにも感じていますが、それぞれに理由があって口臭が強くなるはずです。

 

その3パターンの原因と対策についてまとめています。

 

 

口が臭い!夕方になると口臭が強くなる原因とは?

口が臭い!夕方になると口臭が強くなる原因とは? 
夕方になると口が臭い!と感じる原因はいくつか理由があることになりますが、先程話した通りで、3パターンあることになります。

 

食べた物そのものが臭い食べ物である、食べた物が消化されていない、そしてもう1つが口の中の細菌が増えて強くなる、というパターンです。

 

食べ物そのものが臭い食べ物は当たり前ですが、例えばニンニクが多く使用されたものを昼食などにすることで、口臭が夕方には強くなてきます。

 

時間が絶つと臭いが増していくのは、その臭いが吸収されて体に回っているためです。

 

消化されるまである程度の時間を必要としますので、食べた直後よりも、消化吸収されてからの方が臭いは強くなってきます。

 

その食べ物による影響が1つの理由ですが、これは原因がハッキリとしているので、対策としてはそのような臭いのある食事をしないことが対策になります。

 

「食べた物が消化されていない」というのは、昼食後に食べた物が中々消化されずに未消化になることでの臭い原因です。

 

胃腸の機能が低下していて、その機能低下から食べた物を消化させるのに時間を必要とするために、悪い方の発酵が始まって、その発酵したものが口臭の原因になるというものです。

 

これもある程度の時間を必要としますので、もしそのような状態であれば、夕方には口の臭いは強くなってきます。

 

それと似たようまものでは「食べない」です。

 

昼食になにも食べなければ夕方にはお腹が空いて状態になってきます。

 

食べないことでも夕方には口臭が強くなることもある。 
胃が空っぽになっていることで、胃液の影響から口臭が強くなることがあります。

 

その胃が空っぽの状態で、飲み物でカフェインが含まれたコーヒーや緑茶、または紅茶やウーロン茶などを飲むことで、胃液の分泌のみだけがうながされ、さらに胃からの影響度が大きくなってくるばかりか、カフェインは唾液の分泌も低下させていきます。

 

唾液は自律神経でコントロールされていて、その自律神経に働くのがカフェインです。

 

唾液が減少してしてしまうことで細菌が増えやすくなるので夕方には口臭が強くなる傾向にあります。

 

胃が空っぽの状態での喫煙についても同じです。

 

そして食後による影響です。

 

食後ということは、食事によって口の中に食べかすが残ることになるので、その食べかすから細菌が増えてくることでの原因です。

 

口のケアを何日もしなければ、口臭が強くなってくるのは分かると思いますが、その短縮版のようなイメージです。

 

基準はありませんが、例えば、朝起きて歯磨きをしない、朝食をとる、それでも何もしない、そして昼食をとる、そこでも口のケアをしない、さらに夕食して、そのままで寝てしまう、ということであれば次の日に口の臭いは強くなってきます。

 

口のケアを何もしなければ、普通は1日以上の時間で臭いが強くなりがちですが、その短縮版なので、細菌が増えやすい環境が口腔内にあることになります。

 

朝食事をしてから歯磨きをしても、そこからすでに細菌が増えやすい環境にあることになります。

 

そして昼食を取ることでさらに増えて、また取らなくても増えて、夕方には口臭が強くなるというものです。

 

これは普段から唾液が減少気味になっていることが原因として「口が臭い」となってしまうことになります。

 

 

口が臭い!夕方になると口臭が強くなるときの対策方法は?

口が臭い!夕方になると口臭が強くなるときの対策方法は? 
夕方になると口が臭いと感じるのは、まとめると食事の影響、唾液の影響としてまとめることができます。

 

胃腸の働きが低下していて、消化がままり進まないような感じであれば食事をするときは良く噛むようにします

 

そうすることで消化がスムーズになり、未消化を防ぐことができます。

 

未消化が改善されることで夕方の臭いは弱くなるはずです。

 

食事をして時間が絶っても胃に何か残っているような感じであれば、機能胃低下が原因として考えられます。

 

食事のときは良く噛むようにします。

 

これは唾液の分泌が普段から弱い人にとっても対策になります。

 

唾液が分泌が減ることで口の中にいる細菌が増加することになるので、それを防ぐ意味でも咀嚼数を増やすようにします。

 

逆に胃が空っぽの状態に近いような環境も口臭が発生すやすくなるので、その環境もなるべく避けるようにします。

 

またカフェインが含まれたコーヒー、緑茶、紅茶、ウーロン茶などもなるべく避けるようにして、唾液の分泌の低下と胃液の過剰分泌を防ぐようにします。

 

そして昼食後は水でも良いので、口の中の食べかすを落とすためにも口をすすぐようにします

 

緑茶の取りすぎは、胃液の過剰分泌と唾液の低下になりますが、飲まないで口のすすぎに使用することで口臭ケアとして期待ができることになります。

 

緑茶に含まれるポリフェノールは、殺菌作用と消臭作用があるためです。

 

後は完璧に近いくらい夕方の口臭を防きたいということであれば、アイテムを利用した方法です。

 

オススメのものであれば下記にまとめているので参考にして下さい。

 

本格的に増えた細菌を減らして口のケアができるようになっています。

 

口内細菌を減らすためのおすすめアイテム

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

舌の臭い対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る