アンモニアの口臭がする!その臭い原因を見つける方法

アンモニアの口臭がする!その臭いの出どころを調べる方法

アンモニアの口臭がする!その臭いの出どころを調べる方法 
アンモニアのような口臭がするけど、どこから発生してるのか分からない!このような中年男性のための、臭いを特定する方法についてです。

 

実は小さい頃からこのような臭いで悩まされている人は結構多いものです。

 

それを裏付けるかのように、母親からで子供の口臭がアンモニアのような臭いがする、このようなことが増えてきています。

 

臭いもこれに近いもので便のような、またはうんちのようなと表現する人ももいますが、この臭いの原因になっているのは内臓なども関係してきますが、小さい頃から肝機能などの疾患を持っている人が多いとは少し無理があります。

 

とはいっても、口の病気などの虫歯や歯周病などもなく、舌のケアもしていて、歯科にいっても問題なしで、内科にいっても特に問題が見つからない、このようなことから、どこから臭いが発生しているの?

 

となってしまます。

 

よく聞く中で多いのが、この臭いが気になってからしっかりと口のケアをしていることです。

 

また食生活にも注意をしていて、普通から比べえると相当臭いについて意識が高いことになりますが、どこからに臭いがしているのか特定をすることができないので、対策にも困ってしまうことになります。

 

確かに原因が分からないとそのようになってしまうのは、間違いないことだと思います。

 

だた、臭いの原因になってるところは必ずあることになります。

 

注意したいのは、そのように思ってしまっているケースもあるので、ここには注意したいところです。

 

どのようにすると臭いの原因が分かるのか、その特定の方法についてまとめています。

 

 

アンモニアの口臭がどこから発生しているのか調べるには唾液?

アンモニアの口臭がどこから発生しているのか調べるには唾液? 
アンモニアのような口臭がどこから発生しているのか調べるには唾液の乾燥です。

 

これは何回かお伝えしていることですが、これである程度の予測をすることができます。

 

口臭チェッカーという方法もあるのですが、臭いを見分けるに数種類の特定の臭いにしか反応しませんので、それだと自分の鼻で確認した方が多くの臭いを感じることができます。

 

業務用のものであれば300種類以上の臭いを嗅ぎ分けることができますが、人間の嗅覚は無限に感じることができます。

 

確認の仕方は簡単で唾液を乾燥させて、その臭いを確認するだけです。

 

それが本来のその人の持っている臭いになります。

 

ガーゼを使用しても良いし、指に唾液をつけて乾燥させるだけでも分かります。

 

臭いがありそうなときに舌の真ん中ぐらいからなぞるように滑らせ唾液を指につけます。

 

それを手のどこでも良いのでこすりつけて、しっかりと乾燥させそこの臭いを確認するだけです。

 

ここでの注意点は、どの人の口の中にも臭いの原因になる細菌が多少はいることになるので、その確認したときの臭いが、あまり強いように感じないのであれば、口の中にはほぼ問題がないといって良いと思います。

 

内臓関係に原因が隠されているといえます。

 

このアンモニアのような臭いにさせる原因は、口の中にいる細菌によるもの、そして腸内や肝機能に関係するもの、このように分かることができます。

 

この臭いは口内、腸内、この2つに限定されてきます。

 

それと深い関わりがあるのが細菌です。

 

口にも腸内にも同じような細菌がいることが分かっていますので、それを今回は特定したことになります。

 

便をする、またはおならをするときに、今回のような臭いを感じることが良くあると思います。

 

この臭いの原因になっているのは腸内細菌でもある悪玉菌などが発生させた硫化水素系のガスによるものです。

 

その臭いを発生させる細菌が口の中にもいるので、同じような臭いにさせるわけです。

 

ただ、臭いだけ確認しても、口なのかそれとも腸内、または肝機能からなのか分かりません。

 

そのため唾液を乾燥させた臭いを確認したことになります。

 

唾液に臭いがほぼないということは、胃腸、肝機能などの低下が原因と考えられます。

 

機能低下なので、病気ではなくて元気をなくしている、または老化している、このような言葉が当てはまります。

 

例えでいうと体がだるい、疲れている、この状態を発見するのは、病院の検査でも難しいといえます。

 

内臓系からのアンモニアの場合は、胃腸内が疲れている、または腸内の細菌バランスが乱れていることで、多くの臭いが発生して、それが原因になっているか、またはその臭いを分解する肝機能に元気がないのか、またはその両方のことが原因になっている、このようなことが考えられます。

 

関連 アンモニアの口臭が体内から感じる中年男性の改善方法

 

アンモニアの口臭がする中年男性!原因が口腔内のケース

アンモニアの口臭がする中年男性!原因が口腔内のケース 
唾液の臭いがひどい悪臭がするようであれば、口腔内にいる細菌が影響していることになります。

 

この場合は臭いを強くさせる細菌が増えていることになるので、何かそれ以外のトラブルを起こすことがありません。

 

虫歯や歯周病、または舌に汚れがないのであれば、その細菌が口の中で優位になっていることが影響していることになります。

 

通常の細菌の状態でいうと善玉菌が8ぐらいの割合に対して、悪玉菌は2ぐらいの割合になっています。

 

このバランスが善玉菌が5で悪玉菌も5ぐらいになると口臭が伴うようになります

 

そのため唾液にもその細菌の臭いが混ざるために、唾液を乾燥させると臭いも強くなるとういことです。

 

乾燥させる意味は、唾液の水分が臭いの確認の邪魔をしていることになるので、それを乾燥させたことになります。

 

その臭いの原因になる細菌が増えるのは、口呼吸、ドライマウス、強い薬品の使用、または鼻炎などが原因になってきます。

 

口の中はバランスが存在しているので、その環境を変えてしまうような強い薬、または極度の酸性やアルカリ性などのpHを変えるようなことをしてしまうと、口内の環境そのものが変わってきます。

 

口呼吸やドライマウスなどは、唾液を減らしてしまうことになるので、細菌が増えやすい環境になってしまいます。

 

口腔内の環境を変えるのには歯磨きだけでは改善されないことがほとんどです。

 

この場合はこちらのアイテムを使用することですぐに解決させることができます。

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る