口臭がアンモニア臭を感じる!その対策の咀嚼数の効果とは

口臭がアンモニア臭を感じる!その対策になる咀嚼の働きとは?

口臭がアンモニア臭を感じる!その対策になる咀嚼の働きとは? 
口臭がアンモニア臭を感じる中年男性の対策についてです。

 

対策というと色々な方法などがありますが、すぐに実践できる方法の1つとして咀嚼数を増やすことです。

 

噛む回数を増やすことによって、今回の臭いを抑えるのにプラスに働きます

 

この臭いは、人の感じ方で卵の腐ったような臭い、または便のような臭いと微妙に変わりますが、この臭いは困ったことに2つのことが原因として考えられます。

 

1つが口腔内、もつ1つが体内からです。

 

口腔内でいうと細菌が増えることでの原因、体内でいうと腸内細菌のバランスが乱れることでの原因と、どちらも細菌が関係していることになりますが、口にも腸内にも同じ細菌がいることで、このような臭いにさせていきます。

 

詳しいことは下記を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

 

最初にどちらからその臭いがあるのか見極めが必要ですが、ほとんどのケースは口腔内からのケースが多いかもしれません。

 

どちらにしても対応できるのが咀嚼数を増やすことでです。

 

どのような働きがあるのかまとめています。

 

関連 アンモニアの口臭がする中年男性!臭いを特定する方法

 

 

口臭がアンモニアのような臭い対策に咀嚼はなぜ良いの?

口臭がアンモニアのような臭い対策に咀嚼はなぜ良いの? 
咀嚼がアンモニアのような口臭の対策になるのは、口の中でいうと細菌を減らせる、腸内でいうと腸内細菌のバランスを整える、この2つの働きがあるからです。

 

先程も話した通り、口の中には腸内にもいる細菌と同じ細菌がいます。

 

その中に便のような臭いをさせる細菌がいて、これが増えることで口の臭いが今回のような特徴のある臭いにさせていきます。

 

その細菌が増えてしまう原因は、詳細をいうとたいさくんの理由がでてきますが、一言でまとめてしまうと唾液の分泌が弱くなってきたことが影響していることが多いといえます。

 

唾液は細菌を減らすことができる物質が含まれているので、それが減ることで口の中の環境が変わってくることになります。

 

通常は善玉菌が7以上の割合で、悪玉菌が3以下ぐらいの割合で、口の中のバランスを維持させていることになりますが、唾液が減ることで、このバランスが変わってくることになります。

 

善玉菌が5、悪玉菌が5、このようなバランスになることで悪臭が目立つようになります。

 

そうなることでアンモニアのような臭いを感じることがあります。

 

口のケア不足で、細菌が増えることは当たり前のことですが、それ以外では唾液の減少が1つの原因になってきます。

 

口呼吸についても同じです。

 

中年男性の人は特に、この唾液の分泌が減っている人も多くいるので、その影響から口臭が強くなります。

 

それを防ぐのに咀嚼数を増やすようにします。

 

食事のときに噛む回数を増やすことで、唾液の分泌がいくらか強くなるので、その訓練をするようにします。

 

普段はキシリトールが配合されたガムでも良いと思います。

 

劇的な変化までとはいきませんが、唾液の分泌を良くさせることは、口の臭いを抑えるのに、とても大事なポイントになります。

 

関連 アンモニアの口臭が口腔内から感じる中年男性の改善の方法

 

咀嚼数のアップで腸内環境も整いやすくアンモニアの口臭を抑える

咀嚼数のアップで腸内環境も整いやすくアンモニアの口臭を抑える 
アンモニアのような臭いにさせる原因は腸内環境の乱れからの原因になってきます。

 

腸内細菌でもある悪玉菌が優勢になるような状態が続くことでも、悪臭成分を多く発生させ、それが体に回ることで呼気にも混ざるので便のような臭い、またはアンモニ臭を感じることになります。

 

腸内が乱れる原因もたくさんあることになりますが、消化をスムーズにすることも対策方法の1つになります。

 

逆に消化がスムーズでないと、腸内も乱れやすいということになります。

 

その消化がスムーズにならない1つの原因が「噛まない」です。

 

噛めない食生活になってきたせいもありますが、よく噛まないでそのまま胃腸に消化を任せてしまような環境にしていくことで、徐々に胃腸への負担が蓄積されていくことになります。

 

中年の場合は、これにプラス老化、ストレスなども加わることで、機能自体の働きを低下させることになります。

 

機能が低下、または消化に時間がかかることで、食べた物を長く腸内に停滞させることになります。

 

この消化がスムーズにならないと、未消化のような状態になることが多く、それを好むのが悪玉菌ですから、そこからどんどん腸内を汚染していくような感じになります。

 

そして口臭の原因になる悪臭ガスがたくさん発生します。

 

その消化をスムーズにするのも咀嚼です。

 

極端にいうと食べた物を水のような状態になることで胃腸への負担が減り、消化がスムーズになるということです。

 

食べた物をすぐに消化させ、栄養の吸収も早まり、老廃物の排泄も早くなってきます。

 

よく噛むことは、腸内環境が整いやすくさせることにもなるので、アンモニアのような口臭を抑えるのに役立つことになります。

 

中年男性に多い、早食いを少しだけ見直すことでも口の臭い対策になります。

 

まとめると咀嚼数を増やすことで、唾液の分泌が良くなり、口の中の細菌を減らし、また消化力がアップするので、ここからの臭いを抑えることにも期待ができる、このようにまとめることができます。

 

関連 アンモニアの口臭が体内から感じる中年男性の改善方法

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る