口からアンモニア臭の口臭!食生活が予防になる

口からアンモニア臭の口臭を感じる中年男性は食生活の見直し?

口からアンモニア臭の口臭を感じる中年男性は食生活の見直し? 
口からアンモニア臭の口臭を感じるのは、中年男性に良くあることで、原因も色々とありますが、その予防と対策に食生活の見直しも大事な要素になってきます。

 

というのは、食べたもの原因で、今回のような臭いになることがあるためです。

 

あまり関係ないようで、深い関わりがあるのが食生活です。

 

これは健康にも関わることなので、一度はその大切さのようなものを耳にしたことがある人は多いと思います。

 

1日で何か影響を与えるものでもありませんけど、それが長期間になることで体の体質を変化させたり、ときには肥満にさせたり、または病気の原因をつくってしまうこともあります。

 

これはどこかで薄々感じているというか、食べる物で体がどのように変化していくのかは実感している人がほとんどだと思います。

 

分かりやすい例では、食べ過ぎればそれに合わせた体系になり、食べなければ、体は痩せていきます。

 

健康との深い関わりがありますが、口臭との深い関わりもあることになります。

 

どのようなことが原因になってくるのかまとめています。

 

 

口からアンモニア臭の口臭を感じる原因と食生活の影響とは?

口からアンモニア臭の口臭を感じる原因と食生活の影響とは? 
口からアンモニア臭の口臭と食生活が関係してくるのは口と胃腸です。

 

この臭い自体は、口腔内と体内と、どちらかに原因がありますので、そのどちらにも影響を与えるのが食生活になります。

 

口の中でいうと唾液の分泌が弱くなる、細菌が増える、今回のような臭いになる、このような流れから、体に必要な栄養が不足することでも、唾液の分泌が弱くなることが分かっています。

 

それを分泌させているのは、つまるところ細胞の働きになりますので、その細胞に栄養が十分いいきわたっていないことでも影響されることがあります。

 

また唾液自体は血液が元になっていますので、その血液が例えばドロドロしている、サラサラしている、このようなことも唾液の質に関わってきます。

 

当然、ドロドロしていれば唾液の質が落ちて、口腔内の環境を健康に保つ働きも弱くなってきます。

 

体には色々な栄養が必要だということです。

 

どれが不足しているのかは分かりづらいところもありますが、栄養の不足は車でいうガソリンが不足していると考えると分かりやすいと思います。

 

そして口の中だけではありません。

 

体内からもアンモニア臭なるものが発生しています。

 

腸内になりますが、腸内には多くの腸内細菌がいて、この中にも今回のテーマである臭いを発生させます。

 

腸内細菌も食生活によって変化してきます。

 

例えば肉や揚げ物が多ければ、悪玉菌という細菌が増えやすくなり、増える理由というのは、この細菌がそのようなものを栄養にしているためです。

 

そのため肉中心になると口臭の原因ともある悪臭が多く発生するようになります。

 

またおならについてもひどい臭いに変化させます。

 

その臭いが体に回ることで呼気に混ざることでアンモニアのような臭いにさせます。

 

臭いは1種類ではなくて、それ以外にインドールやスカトロール、硫化水素という悪臭成分も混ざっていることになります。

 

それが便、またはうんちのような、卵が腐ったような臭いとなってきます。

 

口の細菌についても腸内細菌についても、同じような臭いを発生させていることになります。

 

食生活を変えるだけでも少しは変わってくることになります。

 

 

口からアンモニア臭の口臭を予防する具体的な食生活

口からアンモニア臭の口臭を予防する具体的な食生活 
口からアンモニア臭の口臭を予防する具体的な食生活は、和食中心の食生活になります。

 

難しいことは抜きにして、これだけでもかなり違うものです。

 

これにバランスとつけてしまうと、難しいものになっています。

 

中年男性では特にそうだと思いますが、みんなが栄養士さんではないので、バランスの取れた食生活といっても、その献立やメニューを考えるだけでも大変なことです。

 

まして独り身であれば、仕事もしてバランスの取れた食生活にもして、となると難しいものがあると思います。

 

中にはそうでもない人もいるかもしれませんので、その場合はそのようにした方が良いことになります。

 

バランス的なもを求めえるのであれば「毎日同じものを食べない」この意識にするとバランスがとりやすくなります。

 

それが難しい場合は「和食中心にする」にします。

 

元々、日本人の腸内は和食が好ましくなっていて、腸内細菌も和食のものを消化吸収するための細菌群になっています。

 

国によっても腸内細菌は変わってきます。

 

欧米系の人は海藻類を分解するようなものを持っていない人が多いので、例えば海苔が分解されずに便にそのままの状態で、でてしまう人もいます。

 

日本人は和食の分解と吸収を得意としているということです。

 

ただ、ここ最近でもないかもしれませんが、その環境が変わりつつあります。

 

日本人の体に苦手とするものを多く取ることで、色々な弊害がでてきています。

 

食生活ばかりのせいでもありませんが、肥満というのもその1つになります。

 

どちらにしても和食は発酵食品が多く、腸内細菌を整えやすく、さらに血液の質を上げることができます。

 

腸内細菌を整える、血液の血流と質を上げることで唾液の質も上がることになるので、口や体内からアンモニア臭を抑えるのに役立つことになります。

 

劇的な変化までいかなくても、少しづつ体に変化を与えていきます。

 

人気記事 口臭からアンモニア臭がする中年男性!その原因の詳細

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る