口臭からアンモニア臭がする中年男性!原因のまとめと詳細

口臭からアンモニア臭がする中年男性!原因のまとめと詳細 
中年男性で「口臭からアンモニア臭がして困っている」このような声を結構聞くことが多く、自覚してるのであればまだ良いのですが、自覚できていないケースも多く、その場合は、第三者の部下、または奥さんなどからそのような声を聞きます。

 

中年男性に限ったことでもありませんが、この「アンモニア」というのも微妙で、それと似たような臭いがたくさんあるために、その人によって表現が異なってきます。

 

口臭の原因になる臭い物質は300種類以上もあります。

 

便のような、硫黄のような、卵の腐った臭いなど、似たようなものでも、このようなものがあります。

 

機械で測定したわけでもないので、人によって臭いの感じ方は変わることになりますけど、この臭いに関しては、幅広く原因が分散しています。

 

口の臭いで悩まれる原因の1つとして多いもので、若い年代から高齢までと年齢の幅も広いといえます。

 

どのようなことが原因になっているのかまとめています。

 

 

口臭からアンモニア臭がする中年男性!原因は2つある

口臭からアンモニア臭がする中年男性!原因は2つある 
中年男性に多い、口臭からアンモニア臭がする原因は、大きく分けると口腔内、そして体内と、この2つに分けることができます。

 

口腔内でいうと虫歯、歯周病、舌の汚れ、副鼻腔炎、体内でいうと胃腸、肝臓、腎臓と関わってくることになります。

 

口内、体内、どちらから臭いがあるのかをチェックするには下記を参考にして下さい。

 

口の中が臭い気がすると感じる中年男性!確認する方法 

 

 

元から血液内にも細胞の呼吸によってタンパク質が分解されたときにアンモニアは発生しますので、老廃物としても血液内にも含まれていることになります。

 

それが肝臓で分解され、腎臓でろ過されオシッコとして排泄され、または汗、呼気にも微量に含まれていることになります。

 

体内で発生したアンモニアが分解され排泄される流れは、このような流れになっています。

 

それとは違いますが口腔内からでは、ほとんどが細菌による影響になります。

 

口の中に300種類以上の細菌、数にすると3000億〜5000奥ぐらいの細菌が常に口の中にいます。

 

口の中にいる悪玉菌がアンモニア臭の口臭にさせる。 
その中に虫歯菌、歯周病菌などもいることになりますが、悪玉菌、善玉菌、日和見菌と分けることができます。

 

この中にいる悪玉菌、または日和見菌が今回のような臭いにさせる原因になってきます。

 

虫歯菌の場合は、臭いそのものを発生させるといよりも、細菌によって神経が溶かされたりすることで、その溶かされたものが臭い原因で、歯周病の場合は、いくつかの種類がありますけど、P.g菌の仲間の細菌が強い臭いを発生させます。

 

それ以外の細菌は舌や口腔内全体に広がっていることになりますが、舌に悪玉菌などが増加することで、アンモニア臭やそれに近い臭いにさせます。

 

口腔内の粘膜などにもいるので、その悪臭菌が口全体に増えることが原因になります。

 

副鼻腔炎というのは、風邪の細菌やウイルスが鼻の中で炎症を起こすことで、うみを排泄させる働きが弱くなってしまうために、それが臭いの原因になってきます。

 

鼻の奥、または喉の奥から臭いを感じる感覚になります。

 

口腔内のアンモニア臭の関係でいうと、ほとんどが「細菌」の影響ということになります。

 

改善策 アンモニアの口臭が口腔内から感じる中年男性の改善の方法

 

口臭からアンモニア臭がする中年男性!体内からの原因とは?

口臭からアンモニア臭がする中年男性!体内からの原因とは? 
続いて体内からのアンモニア臭です。

 

これは胃腸、肝機能、腎臓が関係してくることになります。

 

胃でいうと、食べ物による発酵の臭い、腸内でいうと腸内細菌の影響、肝機能や腎臓でいうと機能低下などによる影響です。

 

中年になると全体的な機能が低下することになりますが、内臓もその影響を受けるようになります。

 

胃でいうと働きに元気がなくなることで、消化がスムーズにいかなくなり、食べ物が異常発酵するようになります。

 

胃でいうとまた別な臭いの原因がありますけど、今回の臭いでいうと、このようなことが原因になってきます。

 

腸内でいうと、先程話した口腔内と同じ細菌が腸内にもいますので、細菌バランスが乱れることでアンモニア臭が発生します。

 

これも悪玉菌による影響で、腸内で優位になっているために多くの硫化水素系のガスを発生させ、それが体内にもまわるために呼気にも含まれるようになります。

 

中年男性で多い原因は、この胃腸関係になってくると思います。

 

肝機能の影響というのは、肝臓自体がアンモニアを分解するところなので、ここの機能が低下することで、呼気に含まれる臭いが多くなるために口臭が発生するようになります。 
肝機能の影響というのは、肝臓自体がアンモニアを分解するところなので、ここの機能が低下することで、呼気に含まれる臭いが多くなるために口臭が発生するようになります。

 

アルコールもそうですが、飲みすぎるとすべて分解させることができなく、それが体に回るために、口からアルコールの臭いがするようになります。

 

原理としては同じようなことで、機能低下することが原因になってきます。

 

腎臓の場合も同じで、その分解したものをろ過させてオシッコに分けたいところですけど、機能低下することで、それがうまくろ過されなく、血液内に残ることが原因になってきます。

 

胃腸、肝機能、腎臓がアンモニア臭をさせる原因になってきます。

 

それ以外になると、病気によるもので、この場合は胃でいうと胃痛や胃炎、逆流性食道炎、腸でいうと慢性腸炎、急性腸炎、肝臓は肝硬変、腎臓でいいうと腎不全などの病気が影響することがあります。

 

口臭を対策するものでは下記で紹介しているサプリメントが役立ちます。

 

おすすめ

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る