ピロリ菌によるアンモニアの口臭の原因と対策方法

ピロリ菌によるアンモニアの口臭に悩む中年男性!原因と解決策

ピロリ菌によるアンモニアの口臭に悩む中年男性!原因と解決策 
ピロリ菌によるアンモニアの口臭に悩む男性の口の臭い原因と改善方法についてです。

 

ピロリ菌というのは、ヘリコバクター・ピロリと呼ばれているもので、胃の中でも生きていける細菌のことになります。

 

酸素濃度が薄くても生きているのが特徴で、1874年代に人の胃から発見されたものになります。

 

感染によって胃の中に住み着くようになりますが、感染経路は曖昧でハッキリとまだ分かっていません。

 

土や汚染された水の中にいることが確認されているので、その水や土で育った食べ物からの感染、また人の口や便からの感染が有力で、小さいときに親から口移しなどで感染、また人以外にサル、猫、豚、犬なども感染していることが分かっているので、そこを通しても感染などが考えられています。

 

初めから胃の中にいるわけでもないので、どこから感染して胃の中にいることになります。

 

胃の中にいたとしても何も悪さをしないのであれば、ほっといても良いのですが、慢性胃炎や胃潰瘍、胃がんなどの病気と深い関わりを持っている細菌でもあります。

 

そしてアンモニアの臭いを発生させて口臭の原因にもなる細菌です。

 

中年男性に多いわけでもありませんけど、この臭いで悩まれている人はいることになります。

 

どのようなことが原因なのかについてです。

 

 

ピロリ菌によるアンモニアの口臭の原因はウレアーゼ

ピロリ菌によるアンモニアの口臭の原因はウレアーゼ 
ピロリ菌によるアンモニアの口臭の原因になっているのがウレアーゼというものです。

 

ウレアーゼとういのは、ピロリ菌が分泌させている酵素のことで、その酵素を利用するためにアンモニア臭が発生するようになります。

 

胃というと、食べ物を消化させための消化液の中に胃酸というものが含まれていて、胃酸というのは金属までも溶かしてしまう強い酸になります。

 

その強い酸で、食べ物に含まれている細菌なども殺菌していることになります。

 

そんな強い酸も胃は分泌していることになるので、そのままだと溶けてしまうことになります。

 

そうさせないために胃の内壁から酸性の逆のアルカリ性でもある炭酸水素ナトリウムというものが分泌されていて、それで強い酸を中和しているので溶けないようになっています。

 

酸性とアルカリ性をうまく調和していることになります。

 

胃の中はそのような強い酸が分泌しているために細菌にとって、とても住みづらい環境ということになります。

 

ですが、その中でも生きていけるのがピロリ菌になります。

 

ピロリ菌が胃の中で生きていけるのは菌の酵素の分泌で中和しているため 
ピロリ菌でさえも、そのままでは胃酸によって死滅してしまうことになりますが、その胃酸から自分を守るためにアンモニアのバリアを作っているので生きていけることになります。

 

胃液の中に尿素が含まれていて、その尿素をピロリ菌が分泌させている消化酵素で分解するとアンモニアが作られることになります。

 

アンモニアはアルカリ性なので、そのアルカリ性によって酸性でもある胃酸を中和しているので、胃の中でも生きていけることになります。

 

アルカリ性でもあるアンモニアのバリアで守られているでの、胃の中でも平気なことになります。

 

尿素を利用していることになりますが、尿素というのは水溶性で、人体のどこにでもあるものになります。

 

水溶性というのは、水に溶けやすい性質のものなので、体の水分との関係のある汗や血液にも微量に含まれていることになります。

 

その尿素からアンモニアというバリアを作っているために、活動が活発にんると、その臭いが呼気にも混ざるために口臭が発生するようになります。

 

ゲップのときに漏れたり、体内に吸収されたものが呼気に混ざることが原因です。

 

 

ピロリ菌によるアンモニアの口臭を改善するには?

ピロリ菌によるアンモニアの口臭を改善するには? 
ピロリ菌によるアンモニアの口臭を改善させるには「ピロリ菌の排除」ということになります。

 

アンモニアは少量でも強い臭気を放ちますので、その臭いを断ち切るには、その原因になっているピロリ菌の排除ということになります。

 

この細菌は一度感染すると、そのまま居続けることになるからです。

 

一番早い改善方法は、薬での除去です。

 

もし胃の中にピロリ菌がいる場合は、抗生物質の薬で除菌することになります。

 

2種類の抗生物質、胃酸の分泌を抑える薬と3種類になると思いますが、それで1週間ぐらい服用してから1週間ぐらいで再検査します。

 

それで8割ぐらいの人は除菌に成功しますが、それでも除去できない場合は、薬を変更してまた除菌させることになります。

 

しっかりと服用しないと効果を得ることができないことがあるので、飲み忘れや途中でやめてしまうことに注意が必要です。

 

またその間に、アルコールを飲んでしまと胃酸の分泌が促進されてしまうので、薬の効果が薄れてしまう可能性があるので、アルコールは飲まないようにすることが賢明といえます。

 

また抗生物質の薬なので、薬には少なからず副作用があります。

 

下痢や味覚異常などです。

 

また2回目で除菌率は95%となているのので、ほぼ薬で対応できるということです。

 

 

ピロリ菌によるアンモニアの口臭を薬以外で予防するには?

ピロリ菌によるアンモニアの口臭を薬以外で予防するには? 
薬も大事ですが、それ以外でも予防することも大事になってきますが、今まではないとされていた予防の方法が食品です。

 

食品の働きで、ピロリ菌を予防するのに役立つものがあります。

 

ココア、ヨーグルト、梅肉、ブロッコリー、はちみつ、マスティック、わけび、シナモン、海藻類などです。

 

実際の研究の中で確認されているものになります。

 

ココアの脂肪成分にピロリ菌を死滅させる働きがあることが分かっています。

 

今はその専用のココアも販売されていて、森永製菓さんのinnerFFAココアです。

 

ヨーグルトでは、LG21という乳酸菌が入っているヨーグルトが効果があることが確認されています。

 

梅肉というと梅を細かく刻んだものになりますが、その梅の成分にこの菌を殺菌することが確認されています。

 

食品で梅は取りやすい食品の1つだと思うので、梅も食生活に取り入れることで予防になります。

 

ブロッコリーのは、スプラウトとうものが含まれていて、それが役立つことになりますので、これも普段からの食生活で取りやすいと思います。

 

ピロリ菌の除去はマヌカハニーがとても優秀でもある。 
はちみつは、かなり前から言われていたことですが、マヌカハニーと呼ばれる、殺菌力のあるハチミツが効果的なことが確認されています。

 

マヌカハニーはいくつかのレベルがあるので、レベルの高いものを取るようにします。

 

強度はプラスで表現されますが、その数値が高いものが優秀なものになります。

 

おすすめのものではコチラのサイトにあるUMFプラス20のものがおすすめです。

 

マスティックというのは木の樹液のことで、ギリシャにあるヒオス島で取れる樹液の成分になります。

 

もし専門の健康食品が近くあれば手に入るかもしれません。

 

ガムにも配合されているものがあるので、ガムでも予防としては役立つことになります。

 

ピロリ菌を減らすことはアンモニアの口臭の対策にもなりますが、それと同時に胃潰瘍や胃がんの対策にもなるので、積極的に除去することをおすすめします。

 

実際に人での観察では、ピロリ菌がないない人は、胃がんになる確率がかなり下がることで知られています。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


スポンサードリンク

トップへ戻る