口臭がアンモニア臭がする!病気で考えれるのは

口臭がアンモニア臭がする!病気との関連とそれ以外の可能性

口臭がアンモニア臭がする!病気との関連とそれ以外の可能性 
中年男性の口からいやな匂いがしていると、「加齢臭だろう」と考える人は多いようです。

 

とはいえ、あまりに強い口臭がしている場合、それは体調の異常を知らせるサインである、ということが少なくありません。

 

では、口からアンモニアのような強い匂いがしている場合、体内でどんな病気や疾患が発症していると考えられるでしょうか。

 

尿毒症というものありますが、最初にそれ以外の原因についてまとめています。

 

1つ目は「歯周病」です。

 

口腔内で歯周病菌が大量に繁殖すると、硫化水素などの匂い物質が増加して口臭を引き起こします。

 

症状が悪化して歯茎に膿がたまる「歯槽膿漏」になると、アンモニアのようなきつい匂いが発生します。

 

虫歯になっている部位に雑菌が繁殖した場合にも、歯の神経やその周りにある細胞が腐敗することによって同じようなすえた匂いが発生すると言われています。

 

歯周病の見極め方としては、歯ぐきが下がって歯の根元が露出していないか、歯の表面に白い苔のようなものが堆積していないか、といった点が挙げられます。

 

また、歯を磨くとすぐに出血する、というのも危険な兆候です。

 

アンモニア臭が口からしている人は、歯ぐきをチェックしてみましょう。

 

もし歯ぐきがピンク色ではなく充血して赤く腫れあがっている人は、すぐに歯科医の診察を受けましょう。

 

それ以外では、口内細菌が増えることでも影響です。

 

 

2つ目は「腎臓もしくは肝臓の疾患」です。

 

腎臓や肝臓には、胃や腸などの消化器官で発生した匂いを除去して尿などと一緒に体外へ排出する「解毒作用」という働きがあります。

 

とはいえ、肝機能もしくは腎機能が低下してくると、この解毒作用が十分に行えなくなります。

 

その結果、匂い成分が血液に溶け込んで肺まで行ってしまい、口臭を引き起こすということがあるのです。

 

強いアンモニア臭が長期間継続している場合、肝機能もしくは腎機能が著しく低下している可能性があります。

 

そのまま放置すると、肝硬変や腎不全といった重篤な疾患へ繋がってしまう可能性もあります。

 

特に、お酒を頻繁に飲む人は注意が必要です。

 

飲酒をした翌日に口から強いアンモニア臭がしている場合は、肝機能が相当弱くなっている、と判断できます。

 

ですから、肝機能や腎機能に関する健康診断の結果を注意深く確認しておき、不安を感じたならすぐに医師の診断を受けましょう。

 

その他に、口腔ガンや食道ガンなどが原因となって、強いアンモニア臭が発生することもあります。

 

毎日お酒をたくさん飲む、あるいはタバコを大量に吸っている中年男性は、こうした重篤な疾患にかかるリスクが高くなります。きつい匂いだけでなく喉や口腔内に痛みも感じる、という人は、すぐに専門医による診断と検査を受けるようにしましょう。

 

 

口臭をアンモニア臭にさせる可能性のある病気!尿毒症とは

口臭をアンモニア臭にさせる可能性のある病気!尿毒症とは 
歯磨きなどのマウスケアを怠ると、口からひどい匂いが漂うことがあります。

 

とはいえ、殺菌力のあるマウスウォッシュやデンタルフロスなどを使ってきちんと対処すれば、大抵は1週間から10日前後で症状は治まることがありますが、そうでもないケースも多くあります。

 

そうでもないケースが多いと思いますが、その場合は下記の方で紹介している口臭アイテムを参考にして下さい。

 

一方、きちんとマウスケアをしても口臭が改善しない場合は注意が必要となります。

 

特に、口から漂う匂いが強いアンモニア臭の場合は「尿毒症」を発症している可能性があるので、すぐに医療機関で検査を受けることをおすすめします。

 

尿毒症とは、腎臓の機能が著しく低下して、体内の水分量をコントロールすることができなくなった状態のことです。

 

主に40代以上の成人男性に多く見られる疾患とされています。腎臓には「糸球体」という部位があります。

 

糸球体は多数の毛細血管で構成されており、そこでは体内の血液をろ過して、不要な老廃物を体外へ排出する働きを行っています。

 

この毛細血管が詰まって炎症を起こすと、腎臓の機能が低下していきます。

 

特に、血糖値が高い人は血液がドロドロになっているため毛細血管が詰まりやすく、炎症を起こしやすいとされています。

 

残念ながら、糸球体の異常は自覚症状がほとんどないため、多くの人は初期段階で治療をすることができません。

 

この炎症が長期間続き、糸球体のろ過機能が9割以上失われた状態を「尿毒症」と呼びます。

 

この疾患は一度発症してしまうと基本的に回復が見込めないため、大抵の患者は血液の透析を受けることになります。

 

尿毒症になると、さまざまな症状が表れるようになります。

 

最も一般的なのは「アンモニアの匂いがする口臭」です。

 

腎臓の機能が大幅に低下すると、排出されなかった老廃物が血中に溜まり、それが体の各部から匂いとなって出ていきます。

 

口だけでなく、汗腺を通って体臭として発散されることもあります。

 

腎機能が低下すると、体内の循環が非常に悪くなります。

 

その結果、貧血を起こしやすくなったり、体の各部がむくみやすくなったりします。

 

また、体内における酸素や栄養の循環も滞るので、常に倦怠感を感じるようになります。

 

重症化してくると、呼吸がいつも苦しくなって、体を動かすことそのものが億劫になっていきます。

 

口からアンモニアの匂いがしている場合、血液の循環をつかさどる腎機能に関して何らかの問題が発生していると考えることができます。

 

中でも尿毒症は重篤な腎臓疾患の1つです。とはいえ、早めに治療を開始することで、病状の進行を食い止めることはできる、ということを覚えておきましょう。

 

口臭をすぐに消したいということでああれば下記のサプリメントがおすすめです。

 

すぐに実感ができるオススメの口臭ケアサプリメント

 

口臭アイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口臭とアンモニア臭の対策方法


 

スポンサードリンク

トップへ戻る