気になる朝の口臭に歯磨き粉で効果のあるもの

気になる朝の口臭に歯磨き粉で世界的にも有名なものを紹介

気になる朝の口臭に歯磨き粉で世界的にも有名なものを紹介 
中年男性の気にある朝の口臭に歯磨き粉でオススメのものについててです。

 

歯磨きというと、口の臭いを抑えるのに、とても大事な要素になりますけど、少なくても1日1回は誰でもしているはずです。

 

全くしない場合は、口のトラブルが増えることになるので、それを実感している人はいるかもしれませんが、虫歯などの痛い思いや歯周病などで歯をなくすようなことになるので、歯磨きはほぼ定着していると思われます。

 

ただ、その歯磨きをしていていも、朝になると口臭が発生しやすい中年男性の人は多くいます。

 

自分でもその臭いが分かる人も多いので、それなりに臭いが強いことが分かります。

 

ただ、歯磨きをしていても、それと一緒に使用する歯磨き粉によってもかなり対策としては変わるものです。

 

水と歯磨き、水と歯磨きと歯磨き粉、水と歯磨きとさらによい商品、このような感じで、同じことをしていても少しは違うことはイメージできると思います。

 

朝の口臭の対策に歯磨き粉でオススメのものはないの?とうい中年男性の要望から、今回はその内容についてお伝えします。

 

 

朝の口臭に歯磨き粉でオススメはマスティック&アロマ

朝の口臭に歯磨き粉でオススメはマスティック&アロマ 
朝の口臭に歯磨き粉でオススメできるのはマスティック&アロマという歯磨き粉になります。

 

特徴を一言でいうと、安全、安心、強力、この3拍子が揃っている内容のものになります。

 

歯磨き粉は市販のものから通販のものまで入れると、その数は星の数ほどあるのでは?そのように思わせるくらいの数がありますけど、その中で特にオススメのものになります。

 

他にも優秀なものでプロポリスが配合されたもの、またはアセスという優れた歯磨き粉もあるのですが、それよりもさらに1ランク上のような内容だといえます。

 

この商品自体というよりも中に使用されている成分が優れていることになりますが、商品名でもあるマスティックというものが配合されています。

 

マスティックというのは、木の樹液のことで、薬ではなくて自然の成分から抽出したものを使用しています。

 

自然界にあるもので、殺菌力の強さ、抗菌力の強さはともに申し分がなく、自然な状態で口の中にいる細菌を減らすことができます。

 

朝の口臭が強くなるのは、口の中にいる細菌が寝ている間に増えやすくなっているこが原因になっています。

 

寝る前にしっかりと歯磨きをしても、寝ているときに細菌が増えやす環境があることで朝の口臭は強くなる。 
寝る前にしっかりと歯磨きをしても、寝ているときに細菌が増えやすい環境があるために増えることになります。

 

詳しいことはコチラの朝の口臭の原因を参考にしてもらうと分かると思いますが、細菌の影響ということになります。

 

人の口腔内は、その人によって細菌数が変わってくることになります。

 

例えば、何かの原因で普段から常に100ぐらいの細菌数を持っている人と、普段からその半分の50ぐらいの細菌数しか持っていない人もいます。

 

常に100の細菌数を持っている人が夜寝る前に歯磨きをして50ぐらいにすることができますが、朝になると200になっていることになります。

 

50の人が夜寝る前に歯磨きをすると20ぐらいになったとしても、朝起きると100ぐらいになりますが、口臭の発生は防げることになります。

 

ここの違いで、朝の口臭が強くなるのかならないのかの差がでることになります。

 

普段からの口の中にいる細菌の絶対数が多いと朝の口の臭いは強くなります。

 

それに加えて寝ているときに細菌が増えやすい環境の人は、さらに細菌が増加することになります。

 

マスティックはその口臭がない人の細菌数に近づけることができる歯磨き粉ということになります。

 

誰でも寝ているときは口の中で細菌が増加することになりますけど、スタートが0からなのか100からスタートなのかで変わることになります。

 

 

マスティック&アロマは悪い細菌にしか働きかをしない!

マスティック&アロマは悪い細菌にしか働きかをしない! 
口の中にいる細菌に限らず、細菌自体を死滅させることはそうなに難しいことでもありません。

 

抗生物質や強い薬品で死滅させることが可能です。

 

そんなに簡単に薬品で死滅させることができるのであれあば薬品を使用した方が良いのでは?

 

と思ってしまいますが、そのような理由から薬品を使用している歯磨き粉も多いということです。

 

歯磨き粉の裏の成分の記載を1つ1つ調べていくと分かりますけど、そのようなものがたくさん使用されていることになります。

 

ただし、強くないということです。

 

程よい感じで配合されていているので、口の中の細菌を減らすのに、ほどよく微調整をしているような感じです。

 

そして良い細菌が減っていくことになります

 

口の中には悪い細菌ばかりではなく、口の健康を守る細菌も存在しています。

 

それを善玉菌といいますが、腸内にも同じような細菌がいることになります。

 

そのバランスが維持されて、体にしても口にしても良い環境になります。

 

口腔内にはバランスがあるのでそれを乱してしまうのが薬品や添加物になる。 
その細菌バランスが乱れることで、口にしても腸内にしても乱れて、悪環境になってきます。

 

そのため容易に抗生物質などや強い薬品は、病院でも使用を避けるようになります。

 

バランスを乱すだけではなく、耐性菌という細菌を生み出してしまう可能性が高くなるためです。

 

そういう悪玉菌のような細菌に限って、薬に対して耐性を持ちやすくなります。

 

耐性を持つということは、その使用した薬が二度と効かないことを意味します。

 

そうなるとイタチごっこのような感じで、新たな薬品の開発が必要になってきます。

 

悪さをする細菌自体は、薬品で減らすことは可能ですが、耐性をつけてしまうリスクが伴うことになるので、一時的な対策としての位置づけになります。

 

そして口の中にいる善玉菌まで抹殺してしまいます。

 

マスティックという木の樹液が優れているのは、口の中にいる善玉菌には作用しないで、さらに自然な状態で口臭の原因になる細菌を減らせることです。

 

口臭菌にだけ自然な形でアプローチして、必要でもある善玉菌には何も作用しないので、ここが自然の働きの優れいているところで、マスティックの優れていることろもでもあります。

 

強制的なものはどこかで歪があり、自然のものは自然のままの状態にさせるものが多いといえます。

 

ですが緊急的な対策として薬に勝るものはありません。

 

それで命が救われた人も多いことになります。

 

 

マスティックは世界的に認められた木の樹液の成分

マスティックは世界的に認められた木の樹液の成分 
マスティックは、元は十二指腸潰瘍などの疾患のある人に対しての潰瘍のある人への研究がされいて、その疾患のあるほとんどの人が完治したということで、有名な医学雑誌(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン)に紹介された木の樹液ということになります。

 

そこから全世界に広まったことで、世界25ヵ国で医薬品としても使用されていることになります。

 

やけどの薬や変わったものでは、手術用の糸まで利用されています。

 

日本でも胃の中にいるピロリ菌を排除できることが確認されているものになりますので、殺菌力が強いことが分かります。

 

ピロリ菌に関して、抗生物質でも80%ぐらいの除去率です。

 

それでいて自然の成分しか使用していないので副作用がないことが優れていることになります。

 

海外では、ガムに配合させたり歯磨き粉としても使用されています。

 

「日本」だけ、というこじんまりしているものではなく、それ以外に25ヵ国で名のある研究の人が認めた成分ということなります。

 

 

歯磨き粉マスティック&アロマは口臭にどのような働きをする!

歯磨き粉マスティック&アロマは口臭にどのような働きをする! 
マスティック&アロマは、マスティックという木の樹液が使用されていますが、それ以外に余計な添加物を使用していないために、それを補う意味で多くのハーブが使用されています。

 

その数は9種類になりますが、その9種類で添加物を使用しなくても補えるようになっています。

 

そこはメーカーさんの気遣いだと思いますが、こだわりのある歯磨き粉になっています。

 

使用感は、口が軽くなる?上手く表現できませんが、感覚的にはそのような感覚です。

 

何か今まで使用していた歯磨き粉が重たくなるような感覚で、とても不思議な感じなのですが、そのような使用感です。

 

元々ミツバチが木の樹液から作り出すプロポリスもそうですが、樹液自体には、人にとって薬効的なものが含まれていることになります。

 

まとめると、口の中のケアが強力にできることになりますが、朝の口臭意外にも歯周病、虫歯、それに伴う炎症、そして舌の汚れの予防と幅広く対応できることになります。

 

 

朝の口臭を改善する

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る