朝の口臭にマウスウォッシュが効果がない理由

朝の口臭にマウスウォッシュで改善されない中年男性の悩み解決

朝の口臭にマウスウォッシュで改善されない中年男性の悩み解決 
朝の口臭が気になってマウスウオッシュを使用するようにしましたが、それでも改善されることがありません。

 

それなりに期待していたのになぜでしょうか?

 

使用して1ヶ月以上になりますが、なんとなく臭いが抑えられているような感じがすますが、何となくです。

 

実感できるほどの効果がなく、これだと歯磨きをしているのとあまり変わりがありません。

 

これから結婚する相手との生活に悩みになりそうです。

 

相手とお泊りするときの朝は特に気をつけているので、バレてはいませんけど、それを毎日気にするようになるのも憂うつです。

 

そして・・

 

と、永遠に続くのですが、ある中年男性の悩みについてです。

 

確かにこれからの事を考えると憂うつな気持ちになるのも分かります。

 

個人的な意見ですけど、隠していることはいずれバレるのではないのかと思います。

 

ただ、隠したくなるのも分かりますが、今回はマウスウオッシュで改善されないとうことで、その理由と他の改善方法についてお伝えします。

 

 

朝の口臭にマウスウォッシュで改善されない理由とは?

朝の口臭にマウスウォッシュで改善されない理由とは? 
朝の気になる口臭にマウスウオッシュを使用しても改善されない理由は、この方も言っている通りで、歯磨きと変わらないためです。

 

マウスウオッシュの性能が悪いとかそういうことでもなく、それ以上の効果がないとういことです。

 

ここに多分、誤解があると思うのですが、洗口液(せんこうえきといって、多くは歯磨き後に口をゆすいでケアしたり、または普段のケアとして利用するもので、それ以上でもなければ、それ以下でもないということです。

 

分かりやすくすると、例えば毎日歯磨きをしていると思いますが、その歯磨きをしないで、マウスウオッシュだけで済ませるとどうなるのか?を考えると予測がつかないでしょうか。

 

毎日歯磨きをしないで、洗口液だけで済ませるわけです。

 

口臭が防げるようなイメージでしょうか。それとも逆になるようなイメージでしょうか。

 

答えは「防げない」ということです。

 

なぜ防げないかというと、歯やその隙間に付いた食べかすや細菌などを落とすことが困難なためです。

 

水よりはまだ効果があることになりますが、洗口液だけで毎日ケアしてもいずれは虫歯や歯周病、その他のトラブルが増えていくというこです。

 

歯磨き以上の働きがないことが理解できると思います。

 

マウスウオッシュは歯磨き以上の効果には期待ができない 
そこに少し誤解があるように感じています。

 

だからといって全く効果がないということではなくて、歯磨きをした後に使用することで、さらに細菌を減らすことも可能です。

 

また食後に使用したりすることで、応急処置的な口のケアとして役立つことになります。

 

やすがに仕事やおでかけのときに歯磨きセットを持ち運ぶことができないので、そのようなときに多くは活躍させることができます。

 

アメやガムを噛むよりも効果があることになります

 

でも朝の口臭が防げないのは、歯磨き以上の効果に期待ができないめです。

 

洗口液に使用されている口のケア成分は歯磨き粉にもよく使用される、ラウリル硫酸ナトリウムとうものが主成分になっています。

 

よくピリピリする、という声を聞きますが、それはアルコールによる影響で、口の中に刺激があることになります。

 

殺菌成分としては、歯磨き粉にも使用されているものが配合されているので、それ以上の期待はできないということになります。

 

口臭改善ではなくて「予防」ですから、改善の場合はまた別な方法が必要になってきます。

 

虫歯や歯周病の予防は歯磨きだけで間に合いますが、すでに虫歯や歯周病になった人には歯磨きだけでは防ぎきることができません。

 

この場合も別な対策が必要になってきますが、イメージとしてはそのような感じです。

 

 

朝の口臭をマウスウォッシュ意外で対策するには?

朝の口臭をマウスウォッシュ意外で対策するには? 
朝の口臭をマウスウオッシュ以外で対策するには、本格的なスプレー、または強化された歯磨き粉、そしてタブレットです。

 

すでに朝の口の臭いが強いということは、寝ている間に細菌が増えやすい環境にあるためですが、それ以前にも日中でも細菌が口の中で増えやすい環境があることになります。

 

しっかりと口のケアをしているのに、細菌が増えてしまう原因は、細かいことをいうとたくさんあることになりますけど、ほとんどのケースは唾液の不足です。

 

小学生、中学生、高校生、成人になるまでは、少なくてもそのようなことがなかったと思います。

 

誰でも20歳ぐらいを境に老化していくことになりますが、そこから唾液の分泌も徐々に弱くなってきます。

 

年を重ねるごとに唾液の分泌が弱くなり、そこにさらにストレス、アルコール、たばこなどの要素が加わることで、さらに唾液の分泌を弱くしていきます。

 

そのため口の中の環境も少しずつ変化して、細菌が増えやすい環境になってきます。

 

そして細菌がバランスが乱れて、常に悪玉菌が優位になっているような感じす。

 

そこに寝ている間は、さらに唾液が弱くなるので、さらに細菌が増えやすく朝になると口臭が発生するような感じです。

 

その唾液の減少と、もしくは口呼吸の影響です。

 

子供の口の臭い原因でも多いですが、口で呼吸をしてしまうために強制的唾液を蒸発させてしまい、細菌が増えやすくなります。

 

口の中にはそれらの細菌を減らすことができる善玉菌と唾液がありますので、その2つを理由した対策が、自然に口の臭いを抑える方法になります。

 

ちなみに善玉菌は薬品関係に弱いので、自然のものが配合された殺菌成分がおすすめになります。

 

そうすることで、良い細菌を増やしながら悪い細菌を減らすことができるので、口の中の環境もまた変わってくることになります。

 

ケア商品としてのおすすめは、タブレットではないでしょうか。

 

薬品が使用されていないものが多く、自然な状態で口の中の細菌を減らすことができます。

 

タブレットといっても、コンビニなどで販売されているお菓子のものでは、全く効果がないことになります。

 

しっかりと殺菌できるものが配合されているものがおすすめです。

 

ほとんどのケースでは2日ぐらで改善されるはずです。

 

口臭アイテム

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る