朝の口臭は胃腸の働きに負担を与えることで原因になる!その理由

朝の口臭は胃腸の働きに負担を与えることで原因になる!その理由 
中年男性に多い朝の口臭と胃腸の関係についてです。

 

寝起きに口の臭いが強くなる理由のほとんどは、口腔内の細菌によるものがほとんどですが、それ以外に考えらえる理由は胃腸関係です。

 

胃や腸が悪い、またはそれ以外でも原因になってくることがあります。

 

普通に考えると「胃腸が悪いから」原因になっているのでは?

 

このように考えてしまいますが、確かにその理由も1つはあります。

 

ただ、働きに元気がない、または病気でなくても、健康な人であってもその要素を持っていることになります。

 

誰でも寝起きにその要素を持っているということです。

 

ですが、ほとんどの人は長続きすることがなく、すぐに改善されるはずです。
逆に改善されない人もいることになります。

 

どのようなことが原因になっているのが、その原因と改善についてお伝えします。

 

 

朝の口臭に胃腸が関係してくる理由と原因について

朝の口臭に胃腸が関係してくる理由と原因について 
朝の目覚めに口臭が強くなる理由になぜ胃腸が関係してくるのかというと、寝る前の食事が関係してくることになります。

 

胃腸は消化される器官ですが、いつまでも働かせると疲れてくることは分かると思います。

 

これは内臓に限ったことでもありませんけど、心臓のようにいつまでも働くことができないわけでもないかもしれませんが、どの器官についても働かせすぎることで疲れを感じるようになります

 

それが続くことで機能が低下していくことになります。

 

でいうと消化に時間をかけるような肉や揚げ物をたくさん取ると胃もたれをした経験がある人は多いと思いますが、そうなることで食欲がなくなり、元気をなくしていくことになります。

 

働かせすぎることで負担を与え、機能が低下してくることになります。

 

これと同じことで、寝る直前に食事をしてしまうことで、胃腸への負担が大きくなり、口臭が発生しやすくなります。

 

寝るということは、1日の体の疲労を回復させるための行為なので、体全体の働きが低下することになります。

 

その休める前に食事をしてしまうことで、どうなるのかというと、休みがなく食べた物を消化させようとします。

 

その消化力は極力休ませながら働かせていることになるので、起きているときよりも働きは落ちていくことになります。

 

血流も抑制されているので、寝る直前に食事をしなくても、どちらにしても働き自体は鈍くなっています。

 

働きが落ちるということは消化に時間をかけることになります。

 

消化に時間をかけるということは、消化されないリスクを上げることになるので、そこから食べ物が異常発酵してしまい、悪臭のある臭いをたくさん生産するようになります。

 

その臭いが体内に吸収されることで、朝になると口臭が強い、このうような感じです。

 

そしてさらに胃腸へのダメージが蓄積されていくことになります。

 

 

寝る前の食事は胃腸へダメージを与え朝の口臭が常に強くなる

寝る前の食事は胃腸へダメージを与え朝の口臭が常に強くなる 
寝る前の食事は胃腸の働きが弱くなっているので、消化に時間を必要として、そこから悪い発酵が始まり朝の口臭を強くさせていきますが、ここまでは誰にでもあり得る内容です。

 

ただ、これを繰り返していくことで、今度は胃腸へのダメージが蓄積されていくことになるので、本格的に機能が低下するようになります。

 

本来休みをもらえるはずなのに、その休みを奪ってしまうことで機能が低下するとういことです。

 

また消化酵素でもあるタンパク質分解酵素のペプシンなどの分泌にも影響を与えていきます。

 

この消化酵素はモチリンというペプチドホルモンの命令から分泌されていることになりますが、モチリンとは胃腸の運動の働きと深い関係のあるホルモンになります。

 

これが寝る前に食事をして働かせることで、分泌サイクルにも影響を与えるようになりますので、消化自体の働きが低下してくることになります。

 

そうなることで、今度は寝ているときや起きているときと関係なく、本格的に口臭が発生するようになります。

 

これは腸内でも同じで負担になります。

 

胃で消化されたものは、さらに小腸へ運ばれ、ここでさらに細かくされて栄養の吸収をしやすくします。

 

寝ているときはその働きが低下していることになるので、そこに無理やり起こして働かせるわけですから、同じように負担を与えることになります。

 

そして寝ているときは、エネルギー消費を極力抑えていることになるので、そこに栄養が多くなることで今度は太りやすくなります。 
そして寝ているときは、エネルギー消費を極力抑えていることになるので、そこに栄養が多くなることで今度は太りやすくなります。

 

中性脂肪を増やしていることになります。

 

また便秘や下痢などの原因とも関わりが深くなってきます。

 

腸内のバランスが乱れるということは、腸内いる細菌のバランスも乱してしまうことになるので、これも口臭の原因になってきます。

 

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌といますが、悪玉菌が常に優位になることで悪臭ガスが多く発生するようになるので、その悪臭が体内に多くまわることで呼気にも含まれてしまいます。

 

体は睡眠サイクルを持っていますが、その他に胃腸も働かせるサイクルを持っていることになるので、それを乱していくことで体に不調を感じるようになります。

 

これは食べ物だけではなくてアルコールについても同じように肝機能に負担を与えることになります。

 

適度な量であれば睡眠の質も上がるので体にプラスに働きますが、飲みすぎることで胃腸、または肝機能への負担が多きくなります。

 

寝る前に食べて飲みすぎることで、朝の口臭ばかりではなく、普段からの口の臭いも強くなってきます。

 

そのサイクルを持っている中年男性は注意が必要になります。

 

また、それとは関係なく、すでに働きが悪い人も、上記と同じ理由で口の臭いは強くなります。

 

 

胃腸が原因の朝の口臭を改善させるには食生活の見直し

胃腸が原因の朝の口臭を改善させるには食生活の見直し 
胃腸が原因の朝の口臭を改善させるには、食生活の見直しです

 

よく寝る前の3時間前は食事をしないようにとありますが、その通りで、消化を終わらせてから寝ることが大事になってきます。

 

ただ、これは最低限の時間なので、一般的な目安の時間になります。

 

食べる物によって消化される時間は変わることになるので、何を食べても3時間で消化されるわけでもありません。

 

果物であれば40分くらい、野菜で約2時間ぐらい、ごはんであれば8時間、肉であれば12時間ぐらいが目安になります。

 

これをバランスよく取ることで消化の時間も変わることになります。

 

例えばお肉と果物を食べることで、果物に含まれる消化酵素の働きで、通常肉の消化に12時間必要とするところを、半分ぐらいまで早めることができます。

 

食事の組み合わせによっても消化時間は変わることになります。

 

また元から胃腸の働きが弱くなっている人もその時間は変わることになります。

 

寝る前の3時間前というは、少し微妙なことになるので、それよりも食べる物の消化時間を把握して、それに見合った食生活にすることが正しい方法です。

 

その人の年齢や状況によって、働きにはバラつきあるので、正しい答えはありませんんが、寝る前の5時間、もしくは4時間を計算して食べるようにするだけでも違うはずです。

 

そうすることで内臓への負担も軽くなるので、極力朝の口臭を抑えるのに役立つことになります。

 

もちろん肉中心ではなく、バランスの取れた食生活があっての話しです。

 

それ以外では口腔内が寝起きの口の臭いの原因になってきます。

 

胃腸関係からの口臭をすぐに対策できる方法としてサプリメントを使用した方法がありますが、おすすめのものであれば下記のようなものがすぐに実感ができます。

 

胃腸関係の口臭を対策するサプリメント

 

 

口臭アイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る