朝の気になる口臭にガムで予防することができる理由と効果とは

朝の気になる口臭にガムで予防することができる理由と効果とは 
朝の気になる口臭の予防方法の1つとしての手軽なアイテムのガムについてです。

 

ガムというと、普段からもちょっとした食後のエチケットなどでも使用している人は多いと思います。

 

コンビニなど、どこでも販売しているので、手軽に買うことができてバックやカバンに常備している人も多いのではないでしょうか。

 

最近は、男性もようやくもでないのですが、口の臭いを気にする人も多くなってきました。

 

ほしい情報が簡単に手に入るような世の中ですから、臭いに対して相手がどのように思いているのかも分かると思います。

 

よく聞くのは上司の口の臭いを我慢しているなど、誹謗中傷とも取れるような内容のものもありますが、臭いについては指摘することも難しいので、気持ちが分からないまでないと思います。

 

やはり中年ぐらいになると少しだけ意識してほしいのが口臭です。

 

自分で自覚することが難しいろころもありますが、特に朝になると「ひどい」という人も多く、その予防としてガムもちょっとだけ役立つことになります。

 

どのような理由で役立つのがまとめています。

 

 

朝の口臭の予防にガムはなぜ中年男性におすすめなの?

朝の口臭の予防にガムはなぜ中年男性におすすめなの? 
寝起きの朝の口臭にガムが役立つのは、唾液の分泌を良くさせるためです。

 

唾液は、耳下腺(じかせん)、顎下腺(がっかせん)、舌下腺(ぜっかせん)と大きく3つから分泌されていて、口の中を潤していることになります。

 

さらに細分化されていて色々なところから分泌されていることになります。

 

このそれぞれの分泌される唾液には少し特徴が異なっていて、分かりやすくすると、サラサラとネバネバの唾液に分かれることになります。

 

元は血液が元になっているので、血液の環境や質によっても変わってくることになりますが、ただの水分ではないとうことです。

 

歯を修復するものや、消化を助けるもの、炎症を抑えるもの、そして細菌を減らすものなど、多くのものが含まれています。

 

口の健康を守っているのが唾液ということになります。

 

その唾液は寝ているときに、分泌が弱くなることは何となくでもイメージできると思います。

 

朝起きると、起きているときより乾燥気味になっていることがあると思います。

 

これは睡眠中は体を休ませるためにすべての機能の働きがお休みモードになりますが、唾液についてもお休みしてしまうために、朝になると口が乾燥気味になってきます。

 

細菌を減らすことができるものが含まれているので、それが寝ている間に減ることで細菌が増えていくことになります。

 

通常はどの人の口の中も約5000億ぐらいの細菌がいることになりますが、それが朝になると倍以上になっているわけです。

 

そのためどの人も朝になると口臭を発生させやすい環境にあります。

 

細菌数によって臭いは左右されるので、中年ぐらいになると、普段からでも唾液の分泌もさらに弱くなるために寝ているときには、さらに唾液が減っていることになるので、通常よりも細菌が増えやすい環境にあることになります。

 

唾液の分泌が普段から弱くなるのは加齢だけのせいでもありませけど、ストレスやアルコール、たばこ、食生活的なものも影響してくることになります。

 

その朝に増える細菌を減らすのに唾液が活躍することになるので、ガムはその唾液を増やすことができるので朝のちょっとした口臭予防としておすすめすることができます。

 

劇的な変化までいかなくても、そのままよりは口の中の細菌を減らすことができることになります。

 

もちろん歯磨きをした方が効果があることになりますが、そのときの状況で、その歯磨きがないこともあると思います。

 

そのときに常備しておくことで、応急処置的に使用することができます。

 

 

朝の口臭予防にガムは役立つけどキシリトール配合のものを!

朝の口臭予防にガムは役立つけどキシリトール配合のものを! 
朝の口臭予防にガムは唾液の分泌を良くさせるので、ちょっとしたケアに役立つことになりますが、できれば虫歯になりづらいキシリトール配合のものを使用するようにします。

 

アメもそうですが、お菓子などの甘味に使用されるのは、大抵虫歯菌が好む甘味を使用していることがほとんどです。

 

ガムついても同じで、虫歯菌が喜ぶ甘味が使用されたものでは、虫歯になってしまうリスクを上げてしまうことになります。

 

これでは意味のないことになってしまうので、今は便利で、その虫歯になりづらい甘味の成分でもあるキシリトールが使用されているものがあります。

 

その成分が配合されてるガムを利用するようにします。

 

虫歯を治すとかそのような効果はありませんけど、予防することになります。

 

本当は甘味など全く入れないで製品として作った方が良いことになりますが、それだと味気がなく、あまり美味しさを感じないことにもなります。

 

そうなるとガムを買う人も減ってくることになるのと思うので、甘味が使用されることになるはずです。

 

また、噛むという行為は唾液の分泌を良くさせる訓練にもなるので、普段からでも噛むようにすることでちょっとは唾液の分泌にも影響を与えることになると思います。

 

ただ、職場とかでもマナー違反になると思うので、噛むことはできないと思います。

 

使用するときは、やはり朝の口臭が気になるときに使用することで、役立つことになります。

 

寝る前に噛んでも、寝ているときに細菌が増えてしまうことになるので、全く意味はないとはいえまえんが、朝に使用する方が効果的になります。

 

根本的な解決までとはいかなくても、ちょっとした予防として活躍させることができます。

 

ただ、噛みすぎは逆に唾液の分泌を低下させてしまうことになるので、味がなくなったぐらいが捨てる時の目安になります。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る