朝の口臭が便のような臭いがする原因と対策方法

朝の口臭が便のような臭いがする原因と改善策について

朝の口臭が便のような臭いがする原因と改善策について 
朝になると口臭が便のような臭いがする、このように感じる中年男性は多いものです。

 

実は男性に限ったことでもなく、小さいお子さんでもこのような臭いにさせることが多いといえます。

 

あまり年代は関係ないことになりますけど、やはり年齢が上がると、確率的なもので多くなってくるのではないでしょうか。

 

そして共通してくるのは、ほとんどの人は、口のトラブルがないことです

 

このような臭いになったときに先に疑うのが歯周病や虫歯などですが、心当たりはないけど、取り合えず歯科などにいって調べる人もいますが、予想していた通りの結果で「問題なし」ということになってしまうことがほとんどです。

 

こうなると原因が分かりづらくなるものですが、朝というところがポイントで、この場合は口腔内に原因が隠されていることになります。

 

朝と限定されていなく、長期にわたって悩まされている人もいますが、どのようなことが原因なのか、その原因と改善策についてお伝えします。

 

 

朝の口臭が便のような臭いがする中年男性!その原因は?

朝の口臭が便のような臭いがする中年男性!その原因は? 
朝の口臭が便のような臭いにさせるのは、口の中にそのような細菌が増えることが原因になっています。

 

特定の人が持っている細菌ではなくて、誰にでも持っているもので、それが寝ているときに増殖していくことで朝になると、そのような臭い、またはそれが常にするようになることもあります。

 

口の中にはたくさんの細菌がいることはイメージできると思いますけど、種類にすると300種類以上いて、数にすると3000億〜5000億ぐらいの数になってきます。

 

その細菌を分類すると、臭いを強く発生させる悪玉菌、虫歯や歯周病などの原因になる日和見菌、そしてそれらの細菌を監視して抑えることができる善玉菌といます。

 

虫歯菌なんかは特にそうですけど、虫歯になってからといって口の臭いが強くなることはほとんどありません。

 

歯周病菌についてもいくつか種類がありますが、これについてもすぐに強い臭いになることもありません。

 

ただ、この細菌いついてはP.g菌という種類の細菌がいて、この細菌については後々、口の臭い原因にはなってきます。

 

3つの細菌群でバランスが維持されていることになりますが、臭いを強くさせる悪玉菌が寝ている間に増える、または日中でも増えやすい環境にあることで、便の口臭が発生させるようになります。

 

その悪玉菌の中でも特にそのような臭いにさせるのが、バクテロイデスやフソバクテリウムというグラム陰性の嫌気性桿菌(けんきせいかんきん)になります。

 

フソバクテリウムというのは腸内にもいる悪玉菌の事です。

 

人はこのような細菌と共存していることになります。

 

 

フソバクテリウム類が増えてることで朝の口臭が便のようになる

フソバクテリウム類が増えてることで朝の口臭が便のようになる 
その細菌が増えることで、虫歯や歯周病になるわけでもありませんけど、強い悪臭を放つようになります。

 

細菌の臭いというのは、細菌が代謝によって不要になったもので、分かりやすくいうと、細菌の便や尿などが排泄されているので、それが臭いの原因になっているわけです。

 

乳酸菌などの善玉菌の場合は、漬物やヨーグルトでも分かる通り、酸っぱい味、匂いにさせるのが特徴です。

 

その臭いの強い悪玉菌が口腔内に増えることで、朝の口臭が強くなっていることになりますが、普段から口の中に細菌が増えやすい環境にあることになります。

 

もし寝起きだけではなくて、継続的に日中でも便のような臭いがするのであれば、ちょっとした緊張などのストレスの影響があったときです。

 

例えば、接客業などの人と関わる仕事をしていると、少なからず接客するときに緊張などが起こります。

 

その緊張から自律神経に作用しますので、唾液の分泌をそのようなときだけ弱くさせることがあります。

 

そのときに悪玉菌が裸になるような感じになるので、強い臭いとなって発生することが多くなります。

 

家族やリラックスなどをしているときは、臭いも弱くなり、仕事などの緊張やストレスが多いところでは強くなることがあります。

 

唾液の分泌量が影響していることになりすけど、常に今回のような臭いがある場合は、細菌数が多いことになります。

 

ただ、目でその細菌数を確認することができませんが、臭いがあるときに唾液を指につけて、それを手のどこでも良いのでこすりつけて乾燥させます。

 

その乾燥させた臭いを嗅いでみると、臭いの強さが分かるはずです。

 

 

朝の口臭が便のような臭いがする場合の改善の方法は?

朝の口臭が便のような臭いがする場合の改善の方法は? 
朝の口臭が便のよう臭いがするときの改善の方法は、そのような原因に対応するアイテムを使用した方が早いと思います。

 

悪玉菌が常に優勢になっている感じなので、歯磨きだけでは防ぐことは難しいといえます。

 

現実に歯磨きだけでは解決されないのが現実です。

 

歯や歯茎などにもいないことはないのですが、舌や口の粘膜など全体にそのような細菌は広がっているので、その細菌を排除するアイテムを使用することで改善されるはずです。

 

おすすめのものではコチラになります

 

使用して1日〜2日ぐらいで落ち着くようになります。

 

自然な状態で口臭の原因になっている細菌を減らすことができるので、細菌バランスを乱すことがなく安定させて減らすことができます。

 

注意点は、すぐに臭いが消えたとしても、そのまま使用するようにします。

 

そうすることで、かなり口の中が安定させることができます。

 

それ以外の注意点としては、強い薬品関係や、または口の中のpHをを変えるようなものは極力避けるようにします。

 

必要な細菌までも減らしてしまっては、一時的なことになってしまいます。

 

後は舌ブラシなどを乱用してしまう人もいますが、これも極力使用しないようにします。

 

舌は柔らかい粘膜で覆われているので、それを剥がしたり、またはダメージを与えてしまうことで、余計に後で舌が汚れやすくなります。

 

汚れるということは、舌に細菌が多いということです。

 

これも口臭の原因になってきます。

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る