朝になると口臭がひどい!その原因と対策の方法

朝の寝起きの口臭がひどい!その原因とすぐに改善させるには

朝の寝起きの口臭がひどい!その原因とすぐに改善させるには 
朝になると口臭がひどい!このように感じる中年男性の悩みの原因と改善についてです。

 

実はこれにはいくかのパータンあるのですが、朝だけひどい、朝が特にひどく日中も口の臭いを感じる、朝もひどく口のねばつきも感じて、日中でも口の臭いが気になる、それに加え舌も真っ白で、日中でも臭いを感じる、大きく分けるとこのように分けることができます。

 

実はこれは全部、同じような原因のようにも感じますが、1つだけ原因が異なるものがあります。

 

朝だけひどい」です。

 

それ以外のものは口腔内がほぼ90%以上原因になりますが、この「朝だけひどい」だけは2つのことが原因として隠されています。

 

微妙に原因が違うことになります。

 

共通してくるのは、寝る前に洗口液や歯磨きをしっかりとしているのに改善されないということです。

 

また虫歯や歯周病がないことが、ほとんど共通してきます。

 

そのような事も含めて、なにが原因になっているのかのと、改善の方法についてお伝えします。

 

 

朝になると口臭がひどい!色々なパターンの原因について

朝になると口臭がひどい!色々なパターンの原因について 
先程話した、朝が特にひどいし日中も口の臭いを感じる、朝もひどく口のねばつきも感じて日中でも口の臭いが気になる、それに加え舌も真っ白で、日中でも臭いを感じるというのは、ほぼ口腔内に細菌が増えることでの影響で間違いがないと思います。

 

細菌が増えやすい環境があることで、朝に特にひどく、そしてねばつきもあり、また舌の汚れもひどくなります。

 

原因はしっかりと歯磨きをしていることを前提に、唾液の不足による影響です。

 

普段からやや口が乾燥気味ではないでしょうか。

 

寝ているときにはさらに唾液の分泌が弱くなるので、寝る前にケアをしたとしても、朝になる元通り以上に細菌が増えていることになります。

 

ねばつきが同時にある人は、細菌が分泌させる菌膜と呼ばれるもので、またはバイオフィルムと呼ばれている細菌が増殖するのに必要なバリアになります。

 

それが口の中をねばつかせますが、これも細菌の影響です。

 

舌の汚れも同じで、寝ている間に舌に細菌が増殖することで舌を汚し、臭いを発生させます。

 

唾液はただの水分ではなくて、色々なものが含まれていますけど、細菌減らすことができるものがたくさん含まれています。

 

唾液の分泌が悪くなるのは、加齢的な影響もありますけど、ストレス、アルコール、たばこ、カフェインなども影響してきます。

 

その他にも原因があることになりますが、口の中にいる悪玉菌が常に優位になっているような状態なので、普段からも口臭が発生するようになります。

 

朝だけしか臭いを強く感じないという人も、このことが原因になりますが、もう1つだけ可能性としてあることになります。

 

 

朝だけ口臭がひどい場合のもう1つの可能性と原因について

朝だけ口臭がひどい場合のもう1つの可能性と原因について 
朝だけ口臭がひどい場合のもう1つの可能性としては、寝る前の食事です。

 

夜食を食べてすぐに寝ることで、胃腸も休ませたいところですが、寝る前に食事をしてしまうと胃腸は働くことになります。

 

日中よりも働きが悪いために、消化させるのにとても時間がかかり、また休みがないためにダメージを与えていきます。

 

そうなると朝になっても消化されないものが胃腸内に残ることで、そこから臭いが発生するようになります。

 

中途半端な消化状態のことです。

 

食べ物を長い時間、胃腸内にとどめておくことで、腐るとは少し違いますが、それと似たようなことが起こっていることになります。

 

その悪臭が体内に吸収されることで、呼気にも混ざるために朝になると口臭が発生しやすくなります。

 

この食生活を毎日繰り返していくことでダメージが蓄積していくことになりますの、、徐々に胃腸の働きが悪くなり、今度は日中でも口の臭いが強くなってきます。

 

そこにさらにストレスや加齢なども加わることで、さらにダメージを大きくしていきます。

 

この場合のケースの対策は、朝の口臭と胃腸についてを参考にして下さい。

 

どちらから臭いがあるのか分からない場合は、唾液を乾燥させ、その臭いを確認すると分かります。

 

臭いがありそうなときにすると分かると思いますが、やり方は簡単で、指に唾液をつけて、その唾液を手のどこでも良いのでこすりつけて乾燥させ、その臭いを確認して下さい。

 

それが自身の本来の口の臭いになります。

 

あまり悪臭を感じないようであれば、胃腸内が原因になっています。

 

それ以外は口腔内に原因があります。

 

 

朝になると口臭がひどいと感じるときの改善の方法は?

朝になると口臭がひどいと感じるときの改善の方法は? 
朝になると口臭がひどい、ねばつきがある、舌が汚れている、ということであれば、優位になっている悪玉菌を減らすことが改善の方法になります。

 

簡単に改善させるアイテムがあるのですが、その前に少しでも細菌を減らすためのことをします。

 

食事をするときは良く噛むようにします。

 

咀嚼数を増やすことで、唾液の分泌がよくなりますので、食事をするときは「噛む」ということを意識します。

 

目安は1口に30回程度が目安になります。

 

唾液をたくさん分泌させることで、食後に増える細菌を増やにくくさせます。

 

すぐに効果を期待できるものではありませんが、続けることで口の中の環境が変わってきまし、口呼吸を防ぐことにも期待ができることになります。

 

ストレスを感じやすい人は特に多く噛むようにします。

 

ストレスは唾液をコントロールしている自律神経の働きを乱していきますので、ここが乱れてくると唾液の分泌量は減ってくることになります。

 

たばこやカフェインも同じ働きがあるので、この2つも取りすぎないように注意します。

 

食生活では、もしお酒をたくさん飲むのであれば、これも少しだけ抑えるうようにします。

 

アルコールは血液を汚して唾液の質を悪くさせ、さらに唾液の分泌にも影響を与える。 
飲みすぎは、体から水分を奪い唾液の分泌を悪くさせ、さらに血液をドロドロにしていきます。

 

唾液は血液からできていますので、その質と分泌量を減らさないためにも量を控えるようにします。

 

そしてケアの方では、無理でなければデンタルフロスという糸ようじも使用してみます。

 

細菌は歯やその間にだけいるわけでもありませんけど、歯と歯の間は歯ブラシが届きづらい場所なので、それを糸ようじで取ることができます。

 

小さな働きですが、毎日繰り返すことで全体の細菌数を減らすきっかけになるので、これも取り入れてみます。

 

さらに歯磨き後のゆすぎを今までより後10回くらい増やして下さい。

 

細菌は歯や歯茎の隙間、口の粘膜、舌全体やそれ以外のことろにもへばりついているようにいます。

 

ゆすぎを強化することで細菌を落としやすくさせまます。

 

上記のようなことも意識しながら下記のアイテムを使用してみて下さい。

 

すぐに実感ができます。

 

口臭、舌の汚れ、歯周病にも対応している優れたものになっています。

 

注意点は口の臭いがなくなってすぐに使用をやめてしまうことです。

 

結果はすぐにでますけど、口腔内の環境を整えるのに連続で使用するようにします。

 

乱れた口腔内の細菌バランスを整えるのに、少しだけ時間を必要とするためです。

 

アイテム

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る