朝に牛乳を飲むことで口臭を対策することができる

朝の口臭の対策に牛乳を飲むことで臭いを抑えることができる

朝の口臭の対策に牛乳を飲むことで臭いを抑えることができる 
朝の気になる口臭を予防するもので何か良いものはないの?という中年男性からの質問ですが、予防ということであれば、たくさんの方法がありますけど、歯磨きやマウスウオッシュ以外で考えると牛乳などもオススメです。

 

牛乳とういのは、知っての通り牛から搾った生乳(せいにゅう)を加熱殺菌して作られたものが牛乳になります。

 

人の乳もありますが、それから比べるとタンパク質が3倍、カルシムに関しては4倍も多く含まれています。

 

糖質に関してだけ人乳の方が多いことになります。

 

それ以外に栄養素がたくさん含まれているのが特徴で、ビタミンに関しては14種類以上、脂肪酸にミネラルはカルシムも含め8種類となっています。

 

以外にもビタミンの種類が多いことが分かると思います。

 

牛乳は少ないカロリーで効率よく栄養素を取ることができる代表になりますので、実は肥満の予防にもなる優れた飲み物です。

 

そんな牛乳ですが、中年男性の寝起きの朝の口臭にどのような効果がるのかまとめています。

 

 

牛乳が朝の口臭予防になるのはタンパク質の働き

牛乳が朝の口臭予防になるのはタンパク質の働き 
牛乳が朝の口臭予防に期待ができるのは、中に含まれいてるタンパク質の働きによるものです。

 

料理が好きな人や詳しい人は分かると思いますが、よく肉や魚の臭み消しとしても利用されているのが牛乳です。

 

タンパク質というのは、三大栄養素の1つのことで、人間の筋肉や臓器、ホルモンの材料、エネルギーを作るのに必要な成分になります。

 

その栄養素のおかげもあり、小さいときから母親の乳で体の基礎を作ってきたことになります。

 

体にはなくてはならないものになります。

 

その牛乳のタンパク質の性質は、カゼイン、ホエイと呼ばれるもので構成されていて、この物質が臭いを消すのに役立つことになります。

 

牛乳はこのカゼインというタンパク質で、ほぼ構成されている感じです。

 

ホエイというのは、乳清(にゅうせい)とも呼ぼれ、カゼインなどを除いた残りの成分のことになります。

 

チーズなどを作るときに固形物と別に分離してできるもので、従来は破棄されていましたが、インスリンの分泌を促進する働きなどもあることから注目が集まっている成分ともいえます。

 

ヨーグルトをスプーンですくって、そのままにすると水分みたいなものが溜まると思いますけど、その水分のことです。

 

それらのタンパク質はコロイド粒になっていて、コロイド粒というのは、小さなパチンコ玉のようなものがいくつも液体の中に分散している状態のことになります。

 

表面積が大きいために、その表面に物質を吸着させやすい性質も持っています。

 

そのため臭いの粒子も吸着するので、口臭を予防するのにも効果があることになります。

 

朝の口臭のちょっとした予防に牛乳は期待ができることになりますので、寝起きに1杯飲むことで中年男性の口の臭いケアに役立ちます。

 

 

牛乳は朝の口臭予防以外にも活躍させることができる!

牛乳は朝の口臭予防以外にも活躍させることができる! 
牛乳は朝の口臭を予防するのにも期待することができますけど、それ以外の臭いを消すのにも期待ができることになります。

 

口の臭いは朝だけでに限定されたものではなくて、それ以外にも食べ物によるものや、胃腸関係からの原因もあります。

 

食べ物でいうと、ニンニクやネギなどの臭いが強い食べ物の臭いを消すことにも期待ができることになります。

 

このような食べ物は口の中に臭いが残っているのではなくて、体内に臭いの成分が吸収されてしまうために呼気にも混ざるようになります。

 

そのため血液中にあるその臭いの成分が分解されるまで口臭が発生することになります。

 

その発生を防ぐのにも役立つことになります。

 

それ以外では先程も話した通りの胃腸関係です。

 

胃腸の働きが弱くなることでも、臭いの成分は発生して、それが体内に吸収されることで口の臭いの原因になります。

 

また胃には強い酸が分泌されていて、それが胃へのダメージを大きくしてしまうことがありますが、その酸などを中和してくれる働きがあります。

 

酸性、アルカリ性を中和する働きがあるとういことです。

 

また胃の中に膜を自然な状態で作ることにも期待ができるので、胃を守るためにも期待ができることになります。

 

実際に牛乳で治療もしているところもあるとか?

 

牛乳は神経の興奮をしずめる作用があることも分かっているので全体的な口臭原因を抑えおるのにも役立つ。 
また、神経の興奮をしずめる作用があることも分かってきています。

 

先程話したカゼインというタンパク質は、消化される過程でオピオイドペプチドというものを生み出します。

 

これが神経の興奮をしずめる作用があることが分かっています。

 

ストレスの影響で、朝の口臭もそうですが、他の口の臭い原因にもなるのがストレスの存在です。

 

大きな働きは期待できないにしても、そのような働きもあるので、予防としては役立つことになります。

 

また、肉やエネルギーを生み出す材料なので、疲労回復や体の健康を維持するのにも役立つ飲み物になります。

 

また、カルシム不足からくる骨粗鬆症や歯の健康を守ることにも期待できることは有名だと思います。

 

飲み方としては、寝起きの口臭の場合は食前で、臭いある食べ物を食べた場合は、食後か食事中ということになります。

 

適度にぬるく温めて飲むこともおすすめです。

 

また骨に関係することは寝る前に飲むことで、効率よく骨を作ることが分かっています。

 

飲み方にもちょっとだけ工夫することで、様々な健康効果を得ることに期待ができます。

 

当然ですが、乳アレルギーを持っている人は飲めないことになるので、注意が必要です。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る