緑茶は寝起きの朝の口臭予防に期待ができる!その効果とは?

緑茶は寝起きの朝の口臭予防に期待ができる!その効果とは? 
中年男性の気になる朝の口臭におすすめできる緑茶についてです。

 

緑茶とういと、茶ノ木の葉を発酵させて作ったものになので、日本ではお馴染みのものなので、飲んだことがない人はいないと思います。

 

無発酵や完全発酵させることでウーロン茶になったり紅茶になったりと、発酵度合いで味も香りも変わってくることになります。

 

実は口の臭いを抑えることができる食品関係は色々あるのですが、その中でも定評があるのが緑茶になります。

 

というのも多くの臭いを抑える商品に使用されているもので、特に口臭サプリメントには、必ず使用しれているといっても良いぐらい必ず使用されているものになります。

 

逆にこの緑茶の成分を使用していないメーカーを探すことの方が大変なことでもあります。

 

この内容だけでも、臭いには効果がある事はイメージできると思います。

 

元々飲み物として愛用されてきたものですが、実は臭いを消す働きがるものとしても愛用されてきたものになります。

 

口臭にどのような働きや効果があるのかまとめています。

 

 

朝の口臭の予防に緑茶がおすすめできる理由とは?

朝の口臭の予防に緑茶がおすすめできる理由とは? 
朝の寝起きの口臭に緑茶がおすすめできるのは消臭力があるからという理由です。

 

その働きをしているのが緑茶に含まれるポリフェノールでもあるカテキンです。

 

お茶を飲むと渋みを感じると思いますが、その渋みの成分がカテキンで、この成分が色々な働きをすることが分かっています。

 

お茶に含まれているカテキンは4種類に分かれていて、エピカテキン、エピガロカテキン、エピカテキンガレート、エピガロカテキンガレートと分かれていますが、これらのものが悪臭に対して消臭することになります。

 

硫化水素やアミン類など臭いを中和してしまう働きを持っていることになります。

 

朝の気になる口臭を予防するのに1杯飲むことで、臭いを中和して抑えてくれることになるので、コンビニなどで販売されているペットボトルのものを用意しておくことで、すぐに対策ができることになります。

 

例えば彼女の家にお泊りして、まわりに口のケアをするものがないときに活躍できそうです。

 

コンビニはどこにでもあると思うので、そこで手に入れておくことでちょっとした口のケアになると思います。

 

また、茶カテキンは殺菌作用もあることで知られています。

 

食中毒の原因になる腸炎ビブリオ菌がいますが、これが茶カテキンと出会うと死菌にさせる働きを持っています。

 

それ以外のコレラ菌なども抑えることが確認されているので、口の中に増えた細菌を減らすことにも役立ちます。

 

お寿司に緑茶が出されるのもそのような意味があって夏の暑いときでもお茶が出されていることになります。

 

そしてできれば、ちょっともったいないのですが、飲むのではなくて、口の中でゆすいで使用することで効果が高くなってきます。

 

飲んでも全く効果はないとはいえまえけど、口の中をゆすぐことで、より朝に増えた細菌を減らすことに期待ができます。

 

朝の口臭予防には役立つ成分になります。

 

 

朝の口臭の予防になる緑茶のその他の効果と注意点

朝の口臭の予防になる緑茶のその他の効果と注意点 
緑茶は口の関係でいうと虫歯の予防にも役立つことになります。

 

虫歯菌を殺菌するとういことではなくて、フッ素というものが含まれているために、このフッ素が虫歯予防に役立つことになります。

 

食事をすると口の中のpHは変わり、細菌によって酸性になりますが、この酸性になることで歯が溶けていくことになります。

 

歯が溶けるということは強度が落ちていくことになるので、そこに菌がつくことで初期の虫歯になっていきます。

 

歯が溶けていくことを脱灰(だっかい)といいますが、そうさせなために唾液には歯を修復するものが含まれていて再生していることになります。

 

その再生を再石灰化と呼んでいます。

 

その再石灰化と同じ働きをするのがフッ素になります。

 

歯科の治療でも行われる治療方法の1つで、歯磨き粉にも虫歯予防としてフッ素が配合されているものが多くあります。

 

そのようなことから緑茶にもフッ素が含まれているので、虫歯予防としても期待ができることになります。

 

口臭予防以外にも色々な働きがあることになります。

 

ただ、注意点としては飲みすぎには注意が必要です。

 

緑茶にはカフェインが含まれているので、飲みすぎることでその働きから唾液の分泌を弱くさせてしまうことがあります。

 

唾液は自律神経の働きでコントロールされていますが、カフェインはこの神経に働いて、乱すことがあります。

 

常識の範囲で飲む分には問題がありませんが、飲みすぎることでぎゃく効果になるケースもあります。

 

特に唾液が不足気味の人は、その乾燥が分かりやすいと思います。

 

唾液が減ってしまっては細菌を増やすことになってしまうので、ここだけには注意が必要です。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る