朝になると口臭と舌苔がひどい!対策と原因について

朝になると口臭と舌苔がひどい!対策と原因について 
朝になると口臭と舌苔がひどくなっている、このような中年男性の人は多いと思います。

 

そのようなことが予想されることから翌日の寝る前に歯磨きをしっかりとして、舌ブラシも使用してケアしているのに、朝になると戻ってしまう、このようなパターンを多く聞きます。

 

舌苔があることから口臭にしても口腔内に原因があることになりますが、その原因になっているのが唾液の関係です。

 

その唾液が寝ているときや、または日中に十分に分泌されていないことで原因になってくることがほとんどです。

 

ここが少し難しいところというか「そう言えば今までから比べると唾液が減っているような感じがする」このように何となくでも自覚していることもあるし、全くその気配を感じないこともあります。

 

そようなことから原因が分かりづらいものにさせていきますが、唾液がほぼ間違いなく減っていることが原因といえます。

 

唾液が減るといっても、分泌そのものが悪くなることもあるし、口呼吸のように強制的に減らすこともあります。

 

どちらから原因になっているのかは、その人によって変わると思いますが、細菌を減らすことができるものが口の中から減ることで一気にというよりも、少しずつ口腔内の環境を変えていくようになります。

 

細菌が増えやすい環境ということです。

 

唾液が減る、細菌が増える、寝ているときはさらに減る、そして細菌がさらに増える、口臭と舌苔が朝に強くなる、まとめるとこのようなイメージです。

 

そのため翌日にしっかりとしたケアをしてもすぐに戻ってしまうことがほとんどです。

 

口の中でそのような細菌が優位になっているためです。

 

どちらいしても細菌を減らすことが改善の方法になりますので、その詳細についてまとめています。

 

 

朝になると口臭と舌苔がひどい!改善は唾液の分泌量を増やす

 

朝になる口臭と舌苔がひどくなるのは、細菌が増えやすい環境いあることが根本的な原因になっていますが、その元になっているのが唾液の分泌量です。

 

寝ているときはその唾液の分泌量は少なくなりますが、それよりもさらに少なくなることで細菌が増加して口臭と舌苔の原因になってきます。

 

それを対策するために歯磨きや舌ブラシなども重要ですが、口呼吸になっていることも原因として考えられるので、もし思い当たる人がいれば上記の動画を参考に実践してみて下さい。

 

口呼吸のほとんどの原因が口まわりの筋力の低下、または知らないうちにクセになっていることの影響です。

 

意識をつけるためにも上記の運動をすることで、その両方を改善させやすくなります。

 

口呼吸になっているのかどうかが分からない場合もあると思いますが、朝に喉が渇く、唇うがかさついている、いびきを指摘されたことがある、ということであれば口呼吸になっている可能性が高いと言えます。

 

その場合は口輪筋という口の筋肉を鍛えることで解消されることがあります。

 

鼻炎などが影響することもありますが、意識して鼻呼吸するようにします。

 

 

朝の口臭と舌苔を改善するにはドライマウスの対策もする

朝の口臭と舌苔を改善するにはドライマウスの対策もする 
朝に口臭と舌苔があるのは口呼吸だけが原因とは限りません、

 

先程話したように、唾液そのものが減っていることがあります。

 

これはドライマウスと呼ばれるものですが、加齢で誰でも分泌は弱くなってきますが、それよりもさらに減っているような状態のような感じです。

 

少しずつ分泌が悪くなることが多いので、口の中も少しずつ環境が変わっていくような感じで、気がつくと口臭と舌苔があるようになってきます。

 

年齢が上がっていくと、そのリスクが上げると考えた方が良いと思います。

 

その年齢的なものもありますが、それにストレス、カフェイン、食生活、タバコ、アルコール、運動不足などが加算されていくことで、唾液の分泌がより低下してくることになります。

 

この場合は、ストレス、カフェイン、食生活、タバコ、アルコール、運動不足などの原因になる要素の排除ということになります。

 

まとめながら話すと、唾液は自律神経の働きでコントロールされているので、その自律神経の働きを乱すストレス、カフェインの取りすぎで唾液の分泌が弱くなってきます。

 

アルコールは体から水分を奪ってしまう利尿作用があるので、血液から水分を少なくしてしまいますので、唾液そのものが減ってくることになります。

 

唾液が血液からできているためです。

 

それと関係してくるのが食生活で、バランスが取れていないことで、血液がドロドロになり、唾液の質を下げていくことになります。

 

それと関係してくるのが運動不足で、体の機能全体の働きが低下してくる、要するに老化を早めていくことも影響するようになります。

 

タバコの場合は有害物質による影響です。

 

何か当てはまるものがあれば、それと逆のことをすることで唾液に影響を与えるので改善の近道になってきます。

 

そしてオススメとしては食事のときによく噛むようにします

 

1口に30回くらいを目安にして、噛むことで唾液の分泌量を上げることができるので、意識して噛むようにします。

 

ガムで代用することもできるので、唾液の分泌を老化させないためにも実践してみて下さい。

 

そのような土台があることで、初めて歯ブラシや舌ブラシも効果をみせることになります。

 

 

朝の口臭と舌苔をすぐに改善する方法はあるの?

朝の口臭と舌苔をすぐに改善する方法はあるの? 
すぐに改善する方法はあるにはありますが、アイテムを使用した方法になります。

 

口臭と舌苔の両方ですから、その両方が対策できるものを使用します。

 

両方とも細菌が増えていることが原因ですから、その細菌を減らすことができるアイテムを使用することで、すぐにでも改善はできると思います。

 

もし自分でそのようなものが分からなければ下記のものを参考にして下さい。

 

口臭と舌苔ぐらいであればすぐに改善するはずです。

 

口内全体の細菌を薬品を使用しないで、自然の成分のみで強力に減らしていくものです。

 

歯周病なども予防することができますが、すでにひどい状態の場合は改善させることは難しくなるので、そこだけは注意してください。

 

分かりやすいようにわざと朝に使用すると、どうなるのかすぐに分かります。

 

これだけ早くに実感できるものも珍しいかもしれません。

 

他のものでも私自身色々と試していますが1番早く安定しています。

 

何よりも結果がすべてだと思います。

 

朝の口臭をすぐに対策するアイテムはコチラ

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る