たばこは朝の口臭を強くさせる原因になる!予防をするには?

たばこは朝の口臭を強くさせる原因になる!予防をするには? 
朝の口臭が気になる、このような中年男性はいると思いますが、その原因をいうとたくさんあることになりますが、その中にたばこの存在も含まれていることになります。

 

たばこが体が悪影響なことは箱やパッケージにも記載されている通りで、健康には良くないものが多く含まれていることになります。

 

それは分かっていはいるけど禁煙することができない、このような人も多いのも事実です。

 

ちょっとした勇気と決心が喫煙へと向かうことになりますが、その健康被害もそうですけど、口臭の原因になることもあります。

 

元から煙自体が吸わない人にとって悪臭であるために、それを体に入れているわけなので、それが染みついているので当然、口の臭いも強くなってきます。

 

どのようなことが原因になっているのかその詳細をまとめていますので、これをキッカケに禁煙することも検討してみて下さい。

 

 

たばこが朝の口臭を強くさせるのは有害物質の影響

たばこが朝の口臭を強くさせるのは有害物質の影響 
たばこが朝の口臭を強くさせる原因は、たばこに含まれている有害物質による影響です。

 

有害物質はかなり多く含まれていて、化学物質だけで4000種類ぐらいで、そのうちの200種類以上が有害物質だと確認されています。

 

この中の健康でいうと50種類の発がん性物質があることが分かっています。

 

有害物質というと代表的なものでは、ニコチン、タール、一酸化炭素ということになりますが、それ以外にもたくさんあることになります。

 

ニコチンと口臭の関係でいうとドライマウスと関係してくることになります。

 

この物質は中枢神経に作用することが分かっていて、その影響から血圧が上昇することが分かっています。

 

血流を悪くさせ負担がかかるということです。

 

この血液の流れが悪くなることで、口全体にいる細胞などに栄養が行き届きずらくなります。

 

その細胞に血液が回らないということは細胞自体の働きに元気をなくすことになります。

 

そして唾液の分泌も低下してくることになります。

 

口の中の細胞の働きが鈍くなり、また唾液の分泌が低下してくることで、細菌を増やしてしまうことになるので、朝の口臭は強くなりやすいということです。

 

唾液が減る、細菌が増える、寝ているときはさらに唾液が減り、さらに細菌が増える、ニコチンはこのうような悪環境を作っていきます。

 

タールというのはヤニのことになりますが、これ自体が臭いがあり、歯や舌、歯垢、歯石などにも付着することで、細菌とは別にたばこの臭いそもものが口臭の原因になってきます。

 

寝ているときは唾液の分泌が弱くなっているので、朝になると口が乾燥しやすいので、そのヤニの臭いがそのままストレートに感じてしまうこともあるとういことです。

 

一酸化炭素の場合は血液内の酸素濃度を低下させてしまいますので、その酸素濃度が低下することで口が渇きやすくなります。

 

これもドライマウスと関係してくることになります。

 

たばこは唾液を減少させる働きがあるために口腔内の細菌を増やしやすく、またヤニ自体が臭いがあるためにダブルで悪臭になることになります。

 

長い期間の喫煙、またヘビースモーカーの人は口臭が強い傾向にあるということです。

 

また煙自体にもアンモニアなどの成分が混ざっていますので、煙自体が悪臭になります。

 

 

たばこによる朝の口臭を改善するには禁煙すること

たばこによる朝の口臭を改善するには禁煙すること 
たばこの影響からくる朝の口臭を改善するには、禁煙することが最も早い改善方法になります。

 

原因になるものを辞めることが一番の対策になることは理解できると思います。

 

それ以外では一時的なものになってしまいますが、歯科でクリーニングをしてもらう、舌ブラシを使用して簡単なケアをする、うがいや歯磨きをしっかりとする、また香りがある飲食は避ける、このような対策になります。

 

歯科で歯のクリーニングをしてもらうことで、歯垢や歯石も取れるだけではなくて、歯についたヤニも落とすことができます。

 

舌ブラシの場合は全部は取れませんが、それでも舌をケアすることで、舌についたヤニの成分をいくらか取ることができます。

 

香りがある飲食は避けるというのは、ヤニの臭い、または細菌による臭いが合わさっていることで悪臭になっているので、そこにコーヒーなどの香りがあるものと一緒になることで、さらに異臭へと変化させてしまいます。

 

香りのある飲食はなるべく避けるようにした方が良いといえます。

 

そうはいってもこれらはすべて一時的なものになりますので、やはり禁煙することが望ましいといえます。

 

今は有害物質が含まれていない電子たばこ、また外来もあるので、一度病院にいくこともオススメします。

 

1人で喫煙するよりも、他の人が手伝ってくれることで禁煙しやすくなります。

 

意識が高くなるからです。

 

その意識を高めるためにも保険が適用になる外来がオススメです。

 

関連 朝の口臭を改善させるのにおすすめのものがある

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る