お酒の飲みすぎによる朝の口臭を対策する効果のある方法

お酒の飲みすぎによる朝の口臭を対策する効果のある方法 
お酒の臭いという「おじさん」このようなイメージが定着している中ですが、そんなこともななく若い人でも、そのような臭いになっている人はたくさんいまます。

 

ただ中年男性にそのようなイメージがあることは否定はできませんけど、ついつい会話にも花が咲き飲みすぎてしまうこともあると思います。

 

たまにそのような席でもなくても、お酒自体が好きで毎日晩酌している人も多いと思います。

 

飲みすぎることで体が覚えていると思いますが、嘔吐したり具合が悪くなったりと良いことがあまりありません。

 

アルコールの取りすぎは体に毒になることがありますが、その副作用的なもので口臭が強くなることがあります。

 

その日に改善されるケースもありますが、改善されないときもあります。

 

そうなると翌日までその臭いが残ることになるので、仕事をしている人にとっては困ることになってしまいます。

 

そうならないように飲まない、控えるということが一番の方法になりますが、どうしても上司とのお付き合いや取引先とのお付き合いで、やむを得ない状況で飲まされてしまうこともあると思います。

 

そうなったときに朝に口臭が発生する率が高くなってしまいますが、それを改善する、または予防する方法をお伝えします。

 

 

 お酒による朝の口臭を改善するにはアルコールの分解を早めること

お酒による朝の口臭を改善するにはアルコールの分解を早めること 
お酒を飲みすぎることで翌朝まで残ってしまい口臭になることがありますが、その臭いを改善するには自前の準備が必要になります。

 

翌朝にその臭いがあってから対策しても間に合わないことが多いということです。

 

ないわけでもありませんが、時すでに遅しのような感じで、誤魔化しでの方法となってしまいます。

 

そうならないためにも自前にその準備をしておくことが大事なポイントでもあります。

 

翌朝のアルコール臭を改善するポイントとしては水をたくさん飲む、肝機能の働きを高める、ということがポイントになります。

 

要するにアルコールが分解されないことで口臭の原因になるので、その分解を早める行為が朝のアルコール臭を防ぐポイントになるということです。

 

お酒を飲むと、アルコール、アセトアルデヒド、酢酸、尿となって外にでていくことになりますが、その途中でもあるアセトアルデヒドが分解されないことで臭いの原因になっています。

 

また二日酔いの原因になる物質です。

 

そのアセトアルデヒドが飲みすぎることで、肝臓ですべて分解することができなく、血液中に溢れることが口の臭い原因になるということです。

 

その分解を早めるためには水分をたくさん取る、肝機能の働きをアップさせる、ということが改善のポイントだということです。

 

お酒は利尿作用があるので、体から水分を奪っていきます。

 

そうなると血液にアルコール濃度が高くなりますので、濃度が高いということは分解するのにも時間を必要としてきます。

 

その濃度を薄めるのに水分をたくさん補給するということです。

 

そのアルコール濃度を薄めれることで肝機能にも負担がかからないことになるので、翌朝の口臭の発生率を下げることができます。

 

例えばお酒を1リットル飲むと、体から1.1リットルの水分が奪われることになります。

 

お酒を飲む量より、水分が奪われてしまうことが多いということです。

 

あまりひどいあ場合は、脱水症状にもなってしまいますが、アルコール濃度を薄めるのに水分をたくさん飲むようにします。

 

 

お酒による朝の口臭を改善するのに肝機能の働きを高める

お酒による朝の口臭を改善するのに肝機能の働きを高める 
水分をたくさん取ることも朝の口臭を改善するのに役立つことになりますが、肝機能の働きを高めておくことでも予防のポイントになります。

 

アルコールは肝機能で分解されるためです。

 

先程話した通りで、アセトアルデヒドが臭いの原因になり、これが肝機能ですべて分解できないことが原因になってくるので、その肝機能を高めておくようにします

 

肝機能を高めるものでいうと、ビタミン類です。

 

肝臓はアルコールを分解する過程で多くのビタミンを消費しますので、そのビタミンがないことで分解能力が遅れることになります。

 

ビタミンで必要なのは、ビタミンA、C、Eです

 

食品ではレバーにビタミンAが多く含まれ、ブロッコリーやかぼちゃなどの
緑黄色野菜に多くのビタミンCが含まれています。

 

アルコールでもサワーやカクテル、また酎ハイなどにもレモンなどを使用した飲み物があると思うのでそのようなものを多く飲むことでビタミンCを取ることができます。

 

焼き鳥屋さんではレバーを多く取ると良いことになります。

 

そしてお酒の席では必ず野菜などを取ることで、肝機能を高める準備ができます。

 

また食品ではタンパク質も多めに取るようにします。

 

大豆、みそ、豆腐などの大豆食品、またゴマが使用されたもの、卵、乳製品、魚介類です。

 

それ以外ではしじみ、牡蠣、イカ、アサリやホタテなども役立ちます。

 

居酒屋さんメニューでは枝豆なんかも良いことになります。

 

そのようなものを多くとることで肝機能を高め、アルコールの分解速度を速め、朝の口臭の対策ができます。

 

それ以外での対策では、口臭サプリメントを使用することが改善も早くなります。

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る