朝の口臭が強くなる原因の詳細!寝起きに口が臭くなる理由とは?

朝の口臭が強くなる原因の詳細!寝起きに口が臭くなる理由とは? 
中年男性の悩みで多い、朝の口臭の原因についてです。

 

いつからからなのか、気がつくと自然に目覚めの口の臭いが強くなっているという人が男性で多くいます。

 

口の病気で例えば、虫歯や歯周病などがあれば、まだ原因としてそれが考えられますけど、そのような口のトラブルもないのに臭いが強いという人がいます。

 

気になってから、夜寝る前にそれなりに歯磨きをしたり、またはマウスウオッシュなどを使用して対策などをしますが、それでも解決されないととのことです。

 

自分なりに色々試したけど、解決できないために、そのままになってしまう人もいますが、やはり気になるので改善させたいという人も多くいます。

 

そのようなことで、今回はなぜ朝になると口臭が強くなるのか?

 

その原因についての詳細になります。

 

 

朝の口臭が強くなるのは寝ている間に細菌が増えているため

朝の口臭が強くなるのは寝ている間に細菌が増えているため 
朝になると口臭が強くなる原因は、結論からいうと、寝ている間に細菌が増えやすい環境になっているためです。

 

口の中にはたくさんの細菌がいることはイメージできると思いまますが、数にすると3000億〜5000億ぐらいの細菌が常に口の中にいることになります。

 

その数が増加していくことで、朝の口の臭いが強くなってきます。

 

ただ、細菌といってもすべての細菌が悪さをするわけでもなくて、口の中には口腔内を守る良い細菌もいることになります。

 

細菌を分類すると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と分類することができます。

 

この中で口臭の原因になる細菌が、悪玉菌や日和見菌になります。

 

口の中にいる細菌も300種類以上いることになるので、どの菌が増えるかで口のトラブルは、変わってくることになります。

 

ネバネバが強くなる細菌、舌を汚す細菌、虫歯や歯周病にさせる細菌、そして口の臭いを強くさせる細菌、このようなイメージです。

 

300種類以上いる細菌の働きや特徴が少しだけ異なってくることになりますが、今回の原因になっているのは、その悪玉菌が寝ている間に増えやすい環境になっている、または普段から細菌が増えやすい環境にあることが原因ということになります。

 

そのため寝る前に歯磨きをしても、寝ている間にしっかりと増えているために朝になると口の臭いが強くなってしまいます。

 

 

朝の口臭の原因!寝ている間に細菌が増えやすくなる理由は?

 

寝ている間に細菌が増えやすくなるのは、唾液の減少と普段から口の中に細菌が多いことが原因になっています。

 

唾液が全体的にすくなくなっていることが主な原因になりますが、唾液には口腔内の細菌を減らすことができるリゾチームやラクトフェリンなどが含まれています。

 

細菌を殺菌したり、抗菌したりする成分のことで、この成分が口の中から不足していくことで細菌が増えやすい環境になります。

 

菌は増やすことしかできませんので、水分、栄養、温度があれば、とめどなく増加していきます。

 

それを抑えるのに、口の中にいる善玉菌、そして唾液、それ以外のものでいうと歯磨きということになります。

 

この3つで口臭菌が増えないように抑えていることになります。

 

何かが1つ欠けていくことで、徐々に増えやすくなります。

 

朝に口臭が発生しやすいのは、寝ている間は、細菌を減少させることができる唾液もお休みをしているためです。

 

そのため誰でも寝ている間は菌が増えやすい環境にありますが、そこで臭いがでる人と、臭いがでない人に分かれるのは、唾液が普通の人よりもさらに不足していることが影響しています。

 

寝ている間は、唾液もお休みしてしまいますが、全くゼロになるわけでもなくて、多少は分泌がされていることになります。

 

「多少」なので、菌が増えやすい環境にあることは間違いはないのですが、それに輪をけけるようにさらに少なくなることで菌が多くなってしまいます。

 

そこが朝になると口の臭いが強くなるのか、ならないのかの境目になります。

 

寝ている間に唾液をさらに減らしてしまう原因は、口呼吸か唾液そのものの分泌が普段から弱いことが影響しています。
寝ている間に唾液をさらに減らしてしまう原因は、口呼吸か唾液そのものの分泌が普段から弱いことが影響しています。

 

口呼吸というのは口で呼吸をすることですが、実際に意識して口呼吸をすると分かると思います。

 

3回ぐらい繰り返しただけでも、すぐに口の中が乾燥してしまうと思います。

 

口呼吸は唾液をすぐに蒸発させてしまうことになるので、口の中にいる細菌はすぐに増えていきます。

 

口呼吸になる原因は、口の筋力の低下、もしくは鼻炎などで鼻の軌道が狭くなり、鼻呼吸をするのが苦しいために口呼吸になってしまうことがあります。

 

それがそのまま習慣化のようになってしまうことで、意識しなくても自然に口で呼吸をするようになってしまいます。

 

それとは別に唾液の分泌量が普段から減ってしまっている人がいます。

 

中年男性では、これが多いと思っていますが、加齢やストレス、アルコール、たばこ、カフェイン、食生活などが影響して、唾液の分泌が弱くなってきます。

 

唾液の分泌が弱くなるのは、まだ原因があることになりますが、1つのことより、複数のことが重なることで影響されるようになります。

 

普段から唾液が少ない環境になることで、日中でも菌が増えやすい状態で、寝ているときにはさらに減っていることになります。

 

ここに歯磨き不足などが重なると、さらに状況を悪化させていくようなイメージです。

 

 

朝に口臭が強くなる中年男性!その原因とまとめ

朝に口臭が強くなる中年男性!その原因とまとめ
朝に口臭が強くなるのは、細菌が増えやすい環境が、寝ている間にあるということでまとめることができます。

 

寝ている間に細菌が増えるのは、口のケア不足、唾液の分泌の低下、そして口呼吸です。

 

それが日々繰り返されることで、常に細菌が口の中に多い状況下になるので朝起きると口臭が強くなってきます。

 

そこから今度は口の中の細菌バランスが乱れるようになるので、悪玉菌が常に優位になることで普段からも口の臭いが強くなってきます。

 

または口がネバネバしたりする人も多いです。

 

これは中年男性に限ったことでもありませんけど、やはり年齢が上がると加齢が影響されるので、リスクが高くなってくることは間違いがないことです。

 

ただ、自覚しているということが重要で、これが自覚がないままの人もいますので、そうなるとまわりの人に少なからずイヤな思いを与えてしまっていることもあります。

 

臭いについては指摘をすることが難しく、夫婦でもあっても躊躇してしまうことが多くあります。

 

ですが、今は便利でそのようなものを改善させるこができるアイテムがあります。

 

下記にまとめていますが、とても優秀なもので、今回のような臭いを改善させることができるようになっています。

 

口臭アイテム

 

 

朝の口臭を改善する

口の中が臭い!原因と対策方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る