朝起きて朝食を食べないと口臭が強くなるの?その答えについて

朝起きて朝食を食べないと口臭が強くなるの?その答えについて 
朝の朝食は食べないと口臭が強くなるのでしょうか?

 

とういことで朝食と口臭の関係についてです。

 

結論からいうと「リスクが上がる」とういことです。

 

リスクというのは、何かの可能性が高くなるとうことですが、その可能性があるとういことです。

 

可能性がある」なので、完全にそうなることでもありませんが、その要素になることになります。

 

食べないよりは食べた方が良いということなので、分かりやすくすると朝の口臭原因の10あるうちの1つぐらいの原因としてとらえると分かりやすいかもしれません。

 

例えば朝の口臭原因が10あるうち10の原因を作ってしまうと完全にその原因になってきますが、1つぐらいであれば大した影響はないと感じることができると思います。

 

そのような位置ということです。

 

関係はしてくることは間違いないことですが、それが大きな原因になるかというと、そうでもないということです。

 

どのようなことなのかお伝えします。

 

 

朝食を食べないと口臭が強くなる理由と考え方について

朝食を食べないと口臭が強くなる理由と考え方について 
朝食を食べないと口臭の原因になりやすいのは、体の働きにスイッチが入りずらいためです。

 

一日のこれからの活動に、朝の食事を抜いてしまうことで、体の働きの活動が鈍ってくることになります。

 

スタート時にエネルギーがないこで、体が活性化しないとういことです。

 

口臭の原因になっているのは口腔内と体内と2つのことが原因として考えらえます。

 

口腔内というのは虫歯や歯周病、舌の汚れや細菌が口腔内で増えることでの影響で、体内というのは胃腸関係が機能低下することで、体内で発生した悪臭が呼気に混ざることでの原因です。

 

体内からの口の臭い原因でいうと、胃腸内での消化がスムーズではない、口腔内でいうと細菌を減らすことができる唾液の分泌が悪くなっている、
このような原因として分けることができます。

 

大きく分けると、この2つのことが口の臭い原因として考えられますが、1つにまとめると機能低下が原因ということになります。

 

口腔内でいうと朝食を抜くことで、唾液の分泌が活性化しないので、その唾液の分泌が悪くなることで細菌が増えやすく口臭になる率が高くなります。

 

歯磨きをしてもある程度の細菌は減らすことはできても、唾液でないと減らすことができない細菌が口腔内にはあるということです。

 

そして朝食を抜くことで、その途中にはお腹がすくことになるので、胃酸の分泌が活発になってききます。

 

要するに疑似体験をしていることになりますが、これから起こりえる体験を胃の中で表現していることになります。

 

お腹が空くことで胃酸の分泌が盛んになるということです。

 

胃の中に何も食べ物がない状態で胃酸の分泌が盛んになると、胃の壁を傷めることは分かると思います。

 

これと似たようなことでストレスもありますが、ストレスを強く受けることで、胃酸の分泌がうながされ、胃壁を徐々に痛めて食欲の低下、または胃腸などの働きそのものを悪くさせていきます。

 

胃酸は鉄をも溶かしてしまうくらいの強い酸のためです。

 

朝食を抜くということは、そのような環境も同時に作っていくことになります。

 

どちらにしても機能低下が原因として考えらえますが、その機能低下に栄養の不足も原因として考えらえます。

 

一般的には、一日体を働かせ、体のエネルギーを消費させることになるので、朝にはお腹がすくのが通常で、そうならないこと自体に問題があることでもあります。

 

朝に時間がないので「取らない」という人もいますが、それはお腹が空いていない、またはそこまでして朝食を取らなくても持つということでもあります。

 

人間の三大欲のうちの食欲が満たされている状況ということでもありますが、時間がないので昼食も取らないとう人はあまりいません。

 

その理由に、朝食を取らない人は昼食や夕食をたくさん食べる人が多い傾向にあるからです。

 

時間がないのであれば、昼食も夕食も取るひまもないはずですが、なぜかそのような人は昼食や夕食にたくさん食べている人が多いことになります。

 

でも昼食、または夕食にたくさん食べてしまう人が多いのは、朝に時間がないこともあるかもしれませんが、朝に時間がないというよりも、そこまでお腹が空いていないことが多いと考えられます。

 

逆算すると分かりますが、朝食を取らない理由よりも、朝食に食べるだけの余力がないことが多いのではないでしょうか。

 

それ自体が口臭を強くさせてしまう原因になりやすいといことです。

 

 

朝に朝食を食べないと口臭が強くなる理由とまとめ

朝に朝食を食べないと口臭が強くなる理由とまとめ 
朝に朝食を食べないと口臭が強くなる確率が上がるのは、朝食を抜くことでエネルギーを得ることができない、体の働きが低下したままのスタートになる、唾液の分泌が向上しない、細菌が増える、さらに途中でお腹好きすぎて胃酸の分泌が活発になり胃の働きを弱めて消化がスムーズにならない、そして口臭が発生しやすくなる、このようにまとめることができます。

 

さらに細かいことをいうと、栄養バランスも乱れがちになってきます。

 

お腹いっぱいにすることと、栄養バランスというのは、また別な意味になります。

 

さらにお腹になにもない状態で仕事でのストレス、または唾液の分泌に影響を与えるカフェインを取る、たばこを吸うなどを途中で挟むことで状況は悪化しやすいことになります。

 

朝に朝食を取るだけの余力がないことが一番の原因として考えられますが、そこが一番の問題だと思っています。

 

今までの傾向からするとそのようなことが多かったので、もしかすると違うかもしれませんが「朝食を取る」というよりも、朝食を自然に求める体にすることが口臭の予防としては役立つのではないでしょうか。

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る