寝起きの朝の口臭と歯周病はどのような関係がある?

寝起きの朝の口臭と歯周病はどのような関係がある? 
寝起きの朝に口臭が強くなることと、歯周病と何か関係があるの?

 

とのことで歯周病とと朝の口臭の関係についてです。

 

関係しているようであまり関係がないと言えるのではないでしょうか。

 

歯周病が悪化するとういことは、口臭も伴うことがありますけど、その前にハグキから出血をする、またはハグキが痩せるなどの初期症状があると思います。

 

そこから継続的に口の臭いが伴うことになるので、朝だけに限定したものではなく、起きている日中でも臭いが発生している率が高くなります。

 

ですが、歯周病も細菌が増加することでなりますので、その細菌を落とすためのケアが不足していると考えることができます。

 

すでに歯周病の人は、その口のケア不足が原因として考えられるので、ケア不足ということは、細菌が多くいるとも考えることができるため朝に口の臭いが強くなることも予想することができます。

 

ただ、この口の病気がないのであれば、可能性としは低くなるとういことです。

 

今回はどちらのケースなのかは分かりませんけど、そのようにまとめることができると思います。

 

もしかすると今回の原因は「歯周病かもしれない」このように思うことからの質問だと思います。

 

 

朝の口臭は歯周病が原因とは言えない理由は?

朝の口臭は歯周病が原因とは言えない理由は? 
朝の口臭原因は、細菌であることには間違いありませんが、歯周病でなければ、別な細菌が増えていることでの影響です。

 

口の中にはとてもたくさんの細菌の種類と数がいます。

 

種類にすると300種類以上で、その中の1つが歯周病菌ということになります。

 

ちなみに数にすると数千億にもなります。

 

その数多くある細菌のうちの1つが朝の口臭の原因になるというよりも、300種類以上いる細菌が全体的に増えることで朝に口臭が強くなるとういことです。

 

ただ、全部の細菌が強い悪臭を放つわけでもありませんが、その数多くの細菌の中に口臭の原因になる細菌が多くいることになります。

 

その菌が寝ているときに増えていることが原因で、増えてしまような環境が口腔内にあることになります。

 

その原因になっているのが何回かお伝えしてますが、ドライマウス、または口呼吸などの影響です。

 

唾液で細菌を減らすことができますが、寝ているときには誰でも唾液の分泌が低下するようになります。

 

その分泌が悪いところに、さらにドライマウスや口呼吸になってしまうことでさらに唾液を寝ているときに減らしてしまうことになります。

 

唾液が少なくなればなるほど細菌が増えやすいということです。

 

その影響から寝起きの朝に口臭が強くなります。

 

ただ、これが寝起きだけであれば良いのですが、細菌が増えやすい環境にあるということは、日中の起きているときにも、口の臭いが強くなる可能性もあることになります。

 

そうならないためにも予防することがとても大事になってきます。

 

改善策としてはアイテムを利用して対策した方が早いと思います。

 

 

朝の口臭を改善するアイテム

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る