口臭や口のトラブルを対策する口内細菌を減らす方法とは?

口臭や口のトラブルを対策する口内細菌を減らす方法とは? 
口内細菌を減らすには、どうすれば良いの?

 

とういう中年男性からの悩みで、その方法についてです。

 

口臭が発生するようになってからマメに歯磨きなどもしているようで、それでも解決されないとのことです。

 

最初のキッケカは寝起きに何となく、ねばつきやまたは臭いを感じていたそうで、その臭いを彼女に指摘されてかなり落ち込んだようです。

 

自分では何となくなので、ハッキリと自覚をすることができなかったようですが、それからすぐに歯科にいき、口の中を検査してもらうと何でもないとのことです。

 

朝が特に臭いが強いということで、調べていくとやはり口腔内に問題があることが分かって、それから口のケアをしっかりするようにしても中々、改善されないという内容です。

 

唾液の臭いを確認するとやはりとても臭いようです。

 

間違いなく、口腔内に細菌が増えていることが原因ですが、その細菌を減らすには、どのような方法があるのかお伝えします。

 

 

自宅ですぐに取り組める口内細菌を減らす方法は?

 

確かに中年男性は口臭になる人は多いですが、そうなるのにもやはり原因があります。

 

その原因の対策をしていくことが口内細菌を減らす方法になります。

 

最初に見直しの意味で、基本の歯磨きについてです。

 

口の中にはたくさんの細菌がいますが、歯や歯茎だけに細菌がいるわけでもありませんけど、その菌を落とすことも全体の細菌数を減らすポイントにもなります。

 

口腔内には、悪玉菌、善玉菌、日和見菌と大きく分けると3種類の細菌がいますが、日々勢力争いのようなことが起こっています。

 

この中で、悪玉菌や日和見菌が優勢になってしまうことで、口の臭いが強くなってくるので、その優先順位を整えるためにも、歯や歯茎にいる細菌を減らすことも重要になってきます。

 

 

正しい歯磨きの仕方を身に着けて口内細菌を減らす

 

動画の通りにすると分かりやすいと思いますが、正しい歯磨きの仕方を忘れている人も結構います。

 

ただ磨いている、時間をかけているだけでは、しっかりと細菌を落とせていないことがほとんです。

 

歯磨きは時間よりも、正しい方法でしているかどうかがポイントになりますので、その正しい方法を覚えます。

 

そんなに難しいことはなく、力を入れないで歯の角度に合わせて歯ブラシを当てて、力を入れないで小刻みに磨くようにします。

 

歯の本数分を意識することが大事で、1本1本磨くようにします

 

歯の全体を磨くようなイメージの人が多いので、これを1本1本というイメージにさせます。

 

これだけでも細菌の落ち方はかなり変わってくることになります。

 

 

デンタルフロスを使用してさらに口内細菌を減らす

デンタルフロスを使用してさらに口内細菌を減らす 
デンタルフロスというのは糸ようじのことで、歯と歯の隙間を磨くのに役立つものになります。

 

歯と歯の隙間は歯ブラシが届きづらい場所になるので、ここに細菌が溜まりやすくなります。

 

歯ブラシだと歯垢と呼ばれる細菌のかたまりを落とすのに最大で70%ぐらいで、デンタルフロスを使用すると90%ぐらいまで細菌の集まりでもある歯垢を落とすことまで高めることができます。

 

ドラックストアやコンビニなどでも手軽に購入することができます。

 

糸巻型、ホルダー型、ワックス付き、フッ素加工とタイプも色々あるのですが、ここはあまり意識しないで安いもので十分になります。

 

歯周病や虫歯がある人は、こだわっても良いかもしれません。

 

 

食事をするときの噛む回数を増やして口内細菌を減らす

食事をするときの噛む回数を増やして口内細菌を減らす 
食事をするときの噛む回数を増やして口内細菌を減らすことに役立ちます。

 

唾液は細菌を減らすことができますが、この分泌が悪くなってくることで、細菌が増えやすくなります。

 

噛む回数を増やすことで唾液を出す分泌量が増えるので、良く噛むようにします。

 

今は噛めないものが多く、そのため咀嚼数が減ってきているといえます。

 

確かに老化でも人の体の機能は低下していきますけど、適度に使わないところも老化が早くなります。

 

噛むということは唾液を分泌させる訓練にもなります。

 

また、別な意味で胃腸関係からの口臭を対策するのにも役立ちます。

 

消化がスムーズになるということは、胃腸にも負担を与えないことになるので、臭いの発生率を下げることにもなります。

 

 

生活環境を見直しても口内細菌を減らすことができる!

生活環境を見直しても口内細菌を減らすことができる! 
直接的なものではありませんが、生活環境的なものを見直すだけでも違います。

 

唾液は自律神経でコントロールされているので、この自律神経を乱すような環境になると細菌は増えやすなります。

 

注意するものとしてはストレス、アルコール、たばこ、カフェインです。

 

ストレスは自律神経を乱しやすくさせ、唾液の分泌を弱めてしまうことになります。

 

緊張などで口の中が乾燥したことがある人は多いと思います。

 

ストレスは、自分の意思とは別な働きがあり唾液を減らしてしまうことになります。

 

それに関連するアルコール、カフェイン、たばこも同じです。

 

アルコールは水分を体から追い出す利尿作用があるために唾液の分泌の質と分泌に影響を与え、カフェインもたばこも自律神経に作用します。

 

これらのものは少し控えめにすることが唾液の分泌力を上げ、細菌を減らすことにつながります。

 

 

口まわりの筋肉を鍛えるようにして口内細菌を減らす

 

これは口呼吸の対策になります。

 

口の筋肉が低下することで自然に口が開いて、口呼吸になってしまうことがあります。

 

口で呼吸をすると分かると思いますが、すぐに唾液が蒸発してしまうことになります。

 

それを防ぐために口まわりの筋肉を鍛えることでも細菌を増やしづらい環境にさせることができます。

 

動画を見ると分かると思いますが、簡単な方法で口まわりの筋肉を鍛えることができます。

 

入浴などをしているときにでもできると思います。

 

毎日することで、口まわりの筋肉を鍛え口呼吸を予防することができます。

 

唾液を少しでも減らさないための工夫ということになります。

 

普段から口呼吸になってしまうと、寝ているときはさらに唾液が減ってしまうことになります。

 

 

優れたアイテムを使用して口内細菌を減らす

 

細菌を減らすことができるアイテムを使用することですぐに減らすことが可能になります。

 

いくつかあるのですが、おすすめのものを下記にまとめていますので、参考にして下さい。

 

個人的におすすめなのはタブレットになります。

 

口の中を安定せ細菌をすぐに減らすことができます。

 

口内細菌を減らすことに優れたアイテム

 

 

舌の臭い対策

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る