口内細菌を減らすのにガムはどのような働きや効果がある?

口内細菌を減らすのにガムはどのような働きや効果がある? 
口内細菌を減らして口臭や口のトラブルを改善したい、このように感じている中年男性の人に、すぐにでもできるケア方法についてです。

 

「減らしたい」というのは、何らかの口の違和感やトラブルを抱えている人が多くいます。

 

これはその人によって異なりますが、口内炎、虫歯や歯周病、舌の汚れでもある舌苔、口のねばつきなどが対象になってきます。

 

口のトラブルは一言でまとめてしまうと、口腔内にいる細菌が影響していることになります。

 

口内フローラとも呼ばれていますが、口には細菌バランスが存在していて、それが何かの理由でバランスが乱れてしまうことがあります。

 

そのようなことからトラブル細菌が優位になってくることで、色々な違和感を感じることになります。

 

その細菌を少しでも減らすこと、また増えないようにすることが解決策になりますが、身近にできることでガムを使用した対策も有効です。

 

ちょっとしたケア方法になりますが、どのような効果があるのかまとめています。

 

 

口内細菌を減らすのにガムは唾液を増やすので効果がある?

口内細菌を減らすのにガムは唾液を増やすので効果がある? 
口内細菌を減らすのにガムもちょっとした対策として有効になるのは、唾液の分泌を良くさせるためです。

 

口のトラブルと唾液はとても関係が深く、この唾液が加齢や口呼吸、ドライマウスなどから減ることで口の中にいる細菌が増えやすくなるので、その増殖を抑えるのに唾液はとても大事な位置にあります。

 

柔らかい食べ物が増えてきている中で、噛めない食生活が唾液の分泌にも影響を与えます。

 

噛めないことで、唾液をだす働きの低下、そして口の機能の全体の低下につながることになります。

 

これを長い生活環境の中で続けていくことで、加齢も加わり口の機能低下になっていきます。

 

使用しないことで老化も早くなってくるとうことです。

 

ただ噛むといっても普通は、食事のときぐらいしかそのチャンスはありませんが、ガムを使用する事で、食事以外で噛むことが可能になってきます。

 

噛むことだけのために食事ばかりもしていられません。

 

それをカバーすることがガムにはできることになります。

 

噛むことで、唾液の分泌を良くさせる働きと、口そのものを鍛えることができるので、口呼吸やドライマウスの予防にも役立つことになります。

 

口呼吸の場合の原因のほとんどは、口輪筋という筋肉の衰えから自然に口が開いて口呼吸になることが多いといえます。

 

ドライマウスについては、噛まないことばかりが原因としては考えられませんけど、その1つの原因として考えれますので、その予防としても有効ということになります。

 

ガムを使用することで口まわりの筋力のアップ、口呼吸の防止、ドライマウス予防、そして唾液の分泌を良くさせるので、口の中にいる口内細菌を減らすのにちょっとした対策にもなります。

 

もちろん食事のときはよく噛むように意識します。

 

 

口内細菌を減らすのにガムは有効だけど注意点もある!

口内細菌を減らすのにガムは有効だけど注意点もある!
口内細菌を減らすのにちょっとした対策としてガムは有効ですが注意点もあります。

 

これは人にもよりますが「噛みすぎない」とういことがポイントです。

 

噛むことをやめるポイントがあることになります。

 

噛んでいて、唾液の分泌が良くなっているときはそのまま噛むようにしますが、そのうち分泌が悪くなることがあります。

 

このときは噛むことをやめて捨ててしまいます。

 

唾液が減ってきているのにそのまま噛んでいてもあまり効果としては期待することができません。

 

使用するガムにもよりますが、基本的に味がなくなることで唾液の分泌は徐々に減ってくることになります。

 

その場合は新しいものを噛むようにすることで、また分泌を復活させることができます。

 

そして使用するガムはキシリトールが配合されたものにします。

 

昔のものは、甘さを引き出すために虫歯になりやすい一般の「糖」を使用していたものが多く、今でもそのようなもが多いですが、それを噛み続けることで今度は虫歯になるリスクを上げてしまいます。

 

キシリトールというのは、虫歯になりづらい糖のことで、それが配合されているものであれば、長時間使用しても虫歯になるリスクを下げることができます。

 

また虫歯の関係でいうと、歯の石灰化といって、食後に細菌の影響で口の中が酸性になって歯がとけてしまいますが、このときに虫歯になりやすくなります。

 

それを修復するのが唾液に含まれている成分になります。

 

食後にガムを噛むことで唾液を促すので、初期の虫歯を予防するのにも役立つことになります。

 

この口の病気は、口臭などの原因にはなりづらいといえますが、余計なトラブルを増やさないためにもなります。

 

ちょっとしたことですが口内細菌を減らすのに役立つことになります。

 

口内細菌を減らすための中年男性におすすめアイテム

 

スポンサードリンク

トップへ戻る