口内細菌を減らすには免疫力を上げることも効果的!?

口内細菌を減らすには免疫力を上げることも効果的!? 
口内細菌を減らすには免疫力を上げることも大事な要素になってきます。

 

免疫とは病原菌や毒素に対抗して打ち勝つ能力のことで、そして異物に対して抗体を作って抵抗力を持つことです。

 

あまり関係ないようで深い関わりがあり、この働きがあるので病気にならないことは知っての通りですが、口の中の健康も守っていることになります。

 

舌の汚れである舌苔には、血液の中をグルグルと回ってる免疫細胞の白血球がいることが分かっています。

 

なぜそのようなものが口の中に存在するのかは、唾液が血液で出てきてるためです。

 

唾液は大きく3ヶ所ぐらいから分泌されていることになりますが、それをさらに細かく分類することができて、至るところから分泌されています。

 

その唾液の元になっているのが血液なので、その免疫が強いことで口の中の細菌を減らすことになります。

 

その免疫以外にもラクトフェリンやリゾチームといった殺菌、抗菌成分が唾液には含まれていますので、唾液はお口の薬ともいえる重要な存在です。

 

ただ、その免疫力が低下することで、細菌と戦う働きも低下することで、口のトラブルも増えてくることになります。

 

歯周病なんかは特にそうで、免疫力が低下していることで対抗する働きが弱くなり、病気が進行していくことにもなります。

 

ですので高齢の人は、この免疫力が低下しているケースが多いので、口のトラブルも自然に増えてくることになります。

 

そうならないために免疫力をアップさせることで、口内細菌を減らして、口のトラブルを回避するのにも役立ちます。

 

どのような方法があるのかお伝えします。

 

 

口内細菌を減らす免疫は体温を上げることでアップする!

口内細菌を減らす免疫は体温を上げることでアップする! 
とても基本的なことで、免疫をアップさせるには体の体温を上げることでアップさせることができます。

 

逆に考えると冷え性だと、その免疫の働きが低下してくることになります。

 

寒いときに風邪になりやすくなりますが、体温が低下するこでの影響が大きいということになります。

 

なぜ冷えると免疫力が低下してくるのかは、血流が悪くなるためです。

 

絶えず白血球などのが、外部からの細菌やウイルスの侵入をさせないために血液の中を巡回していていますが、体温が下がることで、血流が悪くなります。

 

血液には色々なものが含まれていますが、当然栄養となった脂などの成分も混ざっていることになります。

 

脂を冷やすと白く固まってしまいますが、分かりやすくすると体温が低いとそのような状態になるわけです。

 

そのため血流が低下してしまうことになるので、血の流れを止めるということは、免疫の流れも止めてしまうことになります。

 

免疫の働きが100%発揮されていないことになります。

 

その隙を狙って細菌やウイルスが増えることになるので、口の病気でいうと歯周病やその他のトラブルなどにも影響してくることになります。

 

唾液の質も悪くさせることになるので、冷えはプラスの要素がありません。

 

逆に体を温めることで、免疫力アップにつながることになります。

 

その冷えとは別に血液自体がドロドロの人がいます。

 

このケースでも同じことになるので、血液をキレイにすることが免疫をアップさせ、また口内細菌を減らすことにも役立つことになります。

 

 

血流を良くさせ免疫をアップさせるための簡単な方法とは?

血流を良くさせ免疫をアップさせるための簡単な方法とは? 
血流を良くさせ免疫をアップさせるには、体温を上げることが必要になってきます。

 

簡単な方法としては朝食を抜かない、少し厚着をする、通勤は運動するようなイメージ、これだけでも体温を上げるのに役立ちます。

 

朝食というのは体の目覚まし時計のようなもので、1日の活動をスタートさせる大事な働きでもあります。

 

体を働かせるにはエネルギーが必要です。

 

1日のそのスタートにエネルギーが補給されないことで、車でいうエンジンの働きを悪くさせていきます。

 

そのエンジンの働きが悪いで、体が温まりづらいとういことです。

 

低体温でのスタートなので、血流が悪く免疫力が低下している状態でのスタートになりますので、体温を上げるためにも朝食は取るようにします

 

これは次の日からでもすぐにできることにでもあります。

 

そしてさらに通勤のときは、いつもより歩幅を増やして、早歩きするような感覚をすることでさらに体温を上昇させることができます。

 

冷え性の人は少し厚着をすることも効果的です。

 

それ以外では、ラジオ体操でも良いので運動をするようにします。

 

運動をすることで、体温を一気に上昇させることができます。

 

そして入浴することでも同じような働きになります。

 

このようなことを心がけることで、小さいな働きですが口内細菌を減らすのにも病気を予防するにも役立つことになります。

 

大きい病気でもあるガンも、冷えから血流が悪くなり免疫が低下することでリスクが上げることが分かっています。

 

色々ないみで体温を上げることは大事な要素になります。

 

口内細菌を減らすための中年男性におすすめアイテム

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口内細菌を減らすグッズ

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る