口内細菌を減らすには口呼吸も治すようにする

口内細菌を減らすには中年男性にも多い口呼吸を改善させる

口内細菌を減らすには中年男性にも多い口呼吸を改善させる 
口内細菌を減らすための対策についてです。

 

これは中年男性にも多いのですが、口内細菌を増やしてしまう原因に口呼吸が原因の1つとして考えられます。

 

口で呼吸をすることで、口腔内の唾液がすぐに蒸発して、細菌が増えやすい環境になってしまいます。

 

このようになってしまう原因は、アレルギー性鼻炎、口輪筋の低下、鼻の軌道の狭い、または曲がっている、このようなことから口呼吸になることがあります。

 

アレルギー性鼻炎の場合は、アレルギーで鼻の中が腫れるために、軌道が狭くなってしまい、酸素の通り道が少なくなることが原因になることがあります。

 

これは結構多いもので幅広い年齢層の人にいます。

 

口輪筋の低下というは、口まわりの筋肉の低下のことで、この筋肉が低下、または老化によって力が落ちてくるために口が自然に開いてしまうことが原因になります。

 

鼻の軌道が狭い、または骨が曲がっていることでも酸素の通り道が悪く、今回のようになります。

 

原因はこのようなことが主なものとして考えらえますが、それが自分では気が付かずに、自然にそのようになっているケースが多くあります。

 

日中でも寝ているときでも口が開いてしまうと、強制的に唾液をなくしてしまうことになるので、細菌が増えやすくなり、また口腔内の細菌バランスが変わってくることになります。

 

そうなることで歯周病や舌の汚れ、または口臭なども発生するようになります。

 

それを防ぐためには口呼吸にも注意が必要になりますが、果たして自分がそうなのかどうか分からないことがあります。

 

鼻炎などであればすぐれに予測することができますけど、ただ単に口が開いているような状態であれば、意識してしまうと分からなくなってきます。

 

目安的なものにしかなりませんが、朝になると口が渇く、または唇が乾燥しているようであれば、口呼吸になっている可能性は高いといえます。

 

 

口内細菌を減らすために口呼吸を対策する方法とは?

 

口呼吸になる原因は、先程話した通りで、アレルギー性鼻炎や口輪筋の低下によるものが多いと思いますので、すぐに取り組めるものとしては口まわりの筋力を鍛えます。

 

上記の動画を見ると分かると思いますが、簡単な体操で口輪筋を鍛えることができますので、これで口呼吸の予防をすることができます。

 

鼻炎に関しては、鼻の通りの調子が良いときには、なるべく意識して口呼吸をするようにします。

 

また、小さいときからというか何でもなくても自然に癖になっていることもあります。

 

それが当たり前のような感じで違和感がないことがあるということです。

 

この対策も意識することで、その癖を対策するようにします。

 

頭の中では「口は閉じる」このような意識です。

 

癖になったものを治すことは大変なことですが、毎日意識することで変化があります。

 

根気と努力ということになりますけど、気長に考える心構えもあることで、気持ち的に楽になります。

 

それ以外の鼻の軌道が元から狭い人や、鼻の骨が生まれつきや事故で曲がっていて酸素の通りが悪いことがあります。

 

この場合は、無理をしなくても鼻で呼吸を繰り返すことで自然にできるようになるはずです。

 

まとめると口輪筋を鍛える、鼻炎のときは意識して鼻呼吸にするです。

 

それ以外では、キシリトールが配合のガムを噛むことでも、唾液の分泌を良くさせ、口まわりの筋肉を鍛えることができるので、ガムも有効になります。

 

食事のときも咀嚼数を増やしてよく噛むようにします。

 

 

口呼吸の対策以外で口内細菌を減らす方法はあるの?

口呼吸の対策以外で口内細菌を減らす方法はあるの? 
口呼吸の対策以外で口内細菌を減らす方法は、基本的にアイテムやグッズを使用した対策になってきます。

 

基本的な対策については、歯磨き、デンタルフロス、月に1〜2回の舌ブラシを使用したケア、ゆすぎをしっかりする、そして今回の口呼吸をしているようであれば、その対策ということになります。

 

それ以外では、アイテムやグッズを使用した方が早くに口内細菌を減らすことができます。

 

ただ、使用するものは色々あるようですが、自然な状態で細菌を減らせることが望ましいということになります。

 

口の中には細菌といっても、すべての細菌が悪さをする細菌ばかりではありません。

 

良い細菌が8に対して、悪い細菌が2ぐらいの割合で存在しています。

 

ただ「細菌を減らす」という考えであれば、良い細菌も少なくしてしまう可能性もあるということです。

 

腸内でいうと分かりやすいかもしれませんが、悪玉菌が増えてるので、その細菌を減らすのに強力な薬を使用するようなイメージです。

 

確かに悪玉菌は減ることになりますが、それ以外にも善玉菌なども減ってくることになります。

 

口の中の環境もこのように、細菌のバランスが存在していますので、そのバランスに影響をあまり与えないアイテムやグッズがおすすめになります。

 

もし分からない場合は、下記にまとめているものがオススメなので参考にして下さい。

 

自然な状態で口内細菌を減らすことができて、さらに即効性があるものになります。

 

口内細菌を減らすための中年男性におすすめアイテム

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

口内細菌を減らすグッズ

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る