ラクトフェリンで口内細菌を簡単に減らすことができる!?

ラクトフェリンで口内細菌を簡単に減らすことができる!? 
口内細菌を減らすには、細かいことをいうとたくさんの方法がありますが、その中でも抜群ともいえるのがラクトフェリンを使用した方法です。

 

どこかで聞いたことがある人もいるかもしれませんが、横文字なので初めて聞く人にとっては、どのようなものかイメージしずらいかもしれません。

 

ラクトフェリンというのは、抗菌成分のことです。

 

細菌を減らすことができる成分のことで、ただ単に減らすだけではなくて、優れた減らし方をしてくれます。

 

乳と鉄に関係したもので、実は小さいときに母親から受け継いでいる人の方が多いかもしれません。

 

母親の母乳に含まれているものです。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは、免疫が弱いために、外部から細菌やウイルスから守るために母親からの母乳から、そのラクトフェリンというものを受け継ぐことになります。

 

人が持っている成分ということです。

 

どの人の体内にもあるもので、涙や汗、そして唾液などにも微量に含まれているものになります。

 

それを微量ではなくて、高濃度にしたものを使用することで口内細菌を減らすのに役立つことになります。

 

どのような特徴があるのかお伝えします。

 

 

口内細菌を減らすのに役立つラクトフェリンの働きとは?

口内細菌を減らすのに役立つラクトフェリンの働きとは? 
これは先程も話した通りで、ラクトフェリンは抗菌成分で、口内細菌を減らすのに優れて物質になります。

 

何が優れているかというと、悪さをする細菌にしかアプローチをしないことです。

 

口腔内には病気や口臭の原因にさせる悪玉菌、日和見菌といますが、それらを抑えるための善玉菌も保有しています。

 

そのバランスが維持されていることで口のトラブルを抑えていることになりますが、その善玉菌が減少する、また細菌を減らすことができる唾液が減少する、このようなことで、悪玉菌や日和見菌が増加することになります。

 

通常は善玉菌が優位な状態ですが、これが唾液の減少や善玉菌の減少で悪玉菌や日和見菌が優位になってくることになります。

 

このような状態になることで歯周病や舌の汚れや臭い、口臭などの原因になってきます。

 

それを解決するためには口内細菌を減らすことが解決策になりますが、必要な細菌までも減らしてしまっては意味がないことになってしまいます。

 

必要な細菌まで減らしてしまうことで、口の環境を守るものが減るので、後で余計に口内細菌が増えやすくなるということです。

 

また悪玉菌などは薬品などに耐性を持つことが多く、これを耐性菌といいますが、その耐性を持ってしまうと、その1度は効果があった薬が二度と効かなくなってきます。

 

そのような働きが薬の副作用でもあります。

 

ラクトフェリンはその弱点となる要素がないので優れていることになります。

 

必要な細菌でもある善玉菌は減らすことがなく、口内で悪さをする細菌だけを効率よく減らすことができます。

 

薬と違い副作用がないとうことです。

 

そういったものが唾液にも少量だけ含まれているということです。

 

耐性菌を作らないで悪玉菌のみに働きかけ、そして善玉菌を増やすような働きがあります。

 

善玉菌に作用しないのは、善玉菌が鉄を必要としていないためです

 

普通の細菌は鉄がないと増やすことができませんが、その鉄をラクトフェリンは奪ってしまいます。

 

細菌でいうエサを奪ってしまうことで死菌にすることができますが、善玉菌はその鉄を必要としていないので作用しないことになります。

 

これ以上の抗菌成分はないのかもしれません。

 

口内細菌を減らすのには優れた働きをすることになります。

 

 

口内細菌を減らすのに抜群のラクトフェリンのその他の働き

口内細菌を減らすのに抜群のラクトフェリンのその他の働き 
口内細菌を減らすことができるので、それに関わる歯周病、舌の汚れや臭い、口のねばつき、そして口臭の対策ができることになります。

 

新しい研究では歯周病の原因になるバイオフィルムという細菌のバリアを阻害することまで分かってきています。

 

口のねばつきや歯周病の原因になるバリアでもあるバイオフィルムを作らせない働きがあるということです。

 

細菌はそのネバネバした分泌でもあるバイオフィルムを分泌させ、仲間を作っていきます。

 

歯周病の初期であればそれが歯垢と呼ばれるもので、それがいずれ硬くなることで歯石と呼ばれるものになります。

 

そのバリアを阻害する働きがあるとうことです。

 

そして口内細菌だではなくて、腸内細菌にも同じ働きになります。

 

腸内にも悪玉菌、日和見菌、善玉菌といますが、悪玉菌のみに働きかけ、善玉菌を増やし整腸作用があることになります。

 

それ以外にも鉄分の調整をしますので、貧血の予防にも効果があることが分かっています。

 

そのラクトフェリンを使用したものを商品化したものがあります。

 

高濃度にしたものなので、舐めて使用するものになります。

 

どのようなものかは下記にまとめていますので参考にして下さい。

 

すぐに実感ができます。

 

口内細菌を減らすおすすめのアイテム

 

 

口内細菌を減らすグッズ

朝の口臭を改善する方法


口内細菌を減らす

口のねばつきと口臭の対策


スポンサードリンク

トップへ戻る