朝に口がねばつき口臭があるその原因と改善の方法

朝に口がねばつき口臭がある!その原因と解決策について

朝に口がねばつき口臭がある!その原因と解決策について 
朝に口がねばつき、さらに口臭がある中年男性、その原因と対策についてです。

 

これは中年男性に限ったことではありませんけど、やや多いというだけで、年齢層は若い人から高齢までの人と幅広くいます。

 

やや年齢的なものがリスクを上げているだけのような感じだけです。

 

ただ、高齢の人にも多いのですが、中年男性にも多いことは間違いがないことです。

 

当然そのようになった、前からそのような気配を感じていた、朝が特にひどい、日中でもひどい、歯磨きをしっかりとしているのに治らない、薬を飲むとそうなった、蓄膿症からそうなったと思う、それが当たり前だと思っていたなど、まだまだたくさんの例がありますが、共通してくるのはねばつきと口臭の発生です。

 

粘つきだけのこともあるようですが、口臭とも深い関係になっています。

 

どのようなことが原因なのかのと、対策についてまとめていますので参考にして下さい。

 

 

口がねばつき口臭がある原因は口腔内の細菌の影響?

口がねばつき口臭がある原因は口腔内の細菌の影響? 
口がねばつきさらに口臭があるということは、口の中にいる細菌の影響ということになります。

 

ただ、この粘つきは2タイプあるということです。

 

ねばついているだけのタイプ、それにプラス口の臭いが伴うタイプ、この2つに分かれます。

 

この2タイプは似ているようで原因が異なってきます。

 

前者の場合は薬の副作用、そして唾液の分泌自体に問題があることが多いといえます。

 

これについても詳しく記載していきます。

 

今回はネバネバと口臭が伴っている人向けになってしまいますが、ほとんどのケースでは朝に特にひどくなることが多く、寝ている間に何かがあることになります。

 

ただ、この症状を感じてから歯磨きなどを寝る前にしっかりとしているのに変わらないことが多く、原因を分かりづらいものにさせてしまいます。

 

実は口臭にしても何となく口の中にいる細菌の影響だということを察してるのことになります。

 

そのため朝にねばつきや口臭がひどくならないように、寝る前にしっかりと歯磨きをしているのに、なくならいので困ったことになっています。

 

その予想はほぼ当たっていて、寝ている間に細菌が増加していることが原因になっています。

 

寝る前にしっかりとケアしていても、それに負けないぐらい細菌が寝ている間に増えていることが影響していることで、朝の寝起きにねばつきと口臭が伴うようになります。

 

ねばつきも口臭も細菌が発生させる分泌物になる。 
口の臭い原因を先に考えると分かりやすいと思いますが、臭いあるということは、何かの生き物でないと発生させることができません。

 

これは悪臭だけでなくても、良い香りにしても同じことです。

 

人間の細胞だったり細菌、または化学反応からしか臭いの成分は作り出すことができないということです。

 

特に朝に口臭が強くなるのは口の中にいる細菌の仕業だということが分かると思います。

 

寝ている間に細菌が増えやすい環境になっているわけです。

 

その原因は細部まで突き詰めていくと色々なことが原因として考えられます。

 

加齢、歯周病、口呼吸、ドライマウス、アルコール、ストレス、たばこ、食生活、よく噛まない、ホルモンの影響、アレルギー、蓄膿症、薬の影響、運動不足、血液の状態、細菌バランスの乱れ、pHの有無などです。

 

1つのことよりも複合的なことが原因になることが多く、まとめてしまうと、それらのものが影響することで、寝ているときに細菌が増えやすい環境を作ります。

 

寝ている間に普通よりも唾液が減少していることが原因として考えられますが、普段から口の中に細菌が増えやすい環境にあることも原因になります。

 

そのため朝になると口臭が強くなり、ねばつきが強くなります。

 

ネバネバするのは細菌の分泌物によるもので、基本的にそのねばつきがあるもの分泌させながら増えていくことになります。

 

要するに細菌は単体で増えているのではなくて、分裂によって数を増やし、その住処になるのがネバネバする液体になります。

 

その中で自分たちを守りながら増やしいくわけです。

 

例えば食品が腐るとヌルヌルして悪臭がしますが、そのヌルヌルの中に細菌がたくさんいることになります。

 

普段から細菌が増えやすい環境にある、唾液が何かの理由で減少気味になっている、寝ているときにさらに減る、そして細菌が増加して朝になるとねばつきと口臭が伴うことになります。

 

 

朝に口がねばつき口臭があるときの対策の方法は?

朝に口がねばつき口臭があるときの対策の方法は? 
朝に口がねばつき口臭があるときの対策は、その原因になる要素を減らすことが改善させるポイントになります。

 

上記で先程話したように加齢、歯周病ドライマウス口呼吸アルコールストレス喫煙食生活咀嚼が少ない、ホルモンの影響、アレルギー、蓄膿症、薬の影響、運動不足、血液の状態、細菌バランスの乱れ、pHの有無などが原因いになってくるので、当てはまるものを消していくような作業です。

 

ただ、薬の副作用的なことで唾液が減ることもありますが、薬の服用を辞めるわけにもいかないので、その今の疾患を早くに治すことが先決になってきます。

 

病気以外は、意識的に注意することで防げることが多いと思います。

 

全体的な対策としては、食事をするときはよく噛むようにします。

 

これは唾液の分泌と質に関わることで、あまり噛まないことで唾液の分泌が弱くなってきます。

 

筋肉も使用しないと脂肪になるように、使わないところは衰えが早くなるので、そういった意味でも咀嚼数は増やすようにします。

 

唾液の分泌が弱くなることで細菌が増えやすく、さらに寝ているときは唾液の働きもお休みしてしまうので余計に増えやすくなります。

 

寝ているときは誰でも唾液の出が悪くなりますが、普段から唾液が分泌が良いことで、寝ているときにはさらに減ることになるので菌が通常よりも増えるということです。

 

噛むことは、口輪筋を鍛えることにも少しはなりますので、口呼吸を予防するのにもつながります。

 

また、よく噛むことで消化がスムーズになるので、老廃物的なものが体に溜まりづらくなります。

 

ただ、いくら良く噛んでも食べる物が肉や揚げ物ばかりであれば、唾液の質を悪くさせてしまいます。

 

唾液は血液からできていますので、血流が悪い、またはドロドロしている、ということであれば、これも唾液の質に影響を与えることになります。

 

肉や揚げ物、スナック菓子、甘い物の食べ過ぎは要注意です。

 

ねばつきと口臭を改善させるには和食中心にした食生活にすうる。 
食生活では和食を中心した内容です。

 

その食生活と関わってくるのがアルコールになりますが、体から水分を奪ってしまう利尿作用があるので、寝る前に大量に飲む、または毎日必要以上に飲む、ということであれば寝ているときは唾液の出が悪くなります。

 

そのような環境を毎日続けたとすると、口の中の環境が変わってきます。

 

通常は善玉菌が8ぐらいの割合に対して、悪玉菌は2ぐらいの割合ですが、生活環境や食生活などが変わってくることで、この割合が変わってくることになります。

 

そうなると常にねばつき口臭も伴うことも多くなります。

 

口のケアも大事ですが、それ以外の環境を変えることが大事なポイントといえます。

 

これに加齢やまたはストレス、運動不足、ホルモンの影響など小さなことが複合的になることでも影響されるようになります。

 

女性の場合は、これに変則的なダイエットなども加わることになりますが、中年男性ではあまり考えづらいと思います。

 

何か当てはまるものがあれば、それを見直して正す意識を持つようにします。

 

そして上記のことを意識しながらアイテムでは下記のものを使用します。

 

ねばつきや口臭であればすぐに対策できるものですが、注意してほしいのは、すぐに結果がでたとしても、そこで使用をやめないことです。

 

結果がでるのは当たり前にしても、それを続けるということをしない人も多くいます。

 

病気は治ったので後は好きなことをする、もしこのような感覚ではいずれ同じことを繰り返してしまう可能が高くなります。

 

口の中を安定させるためにも、結果がすぐにでたとしても1ヶ月は使用するようにします。

 

そうすることでかなり安定をさせることができます。

 

口のねばつと口臭の改善ができる厳選アイテム

 

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策


スポンサードリンク

トップへ戻る