口がねばつき口臭の原因になる口呼吸を改善する方法

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸の対策と解決策

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸の対策と解決策 
口がねばつき口臭がある中年だ性の人は、口呼吸が原因になっていることがあります。

 

口のネバネバはこれだけが原因ではありませんけど、大きく影響してくることもあります。

 

口呼吸というのは、そのままで何かが理由で口で呼吸をしてしまっている状態で、これを続けることで口の中のトラブルが増えてくることになります。

 

実はこの行為は人間にしかできなく、他の動物や生き物もすることができません。

 

人間に一番近いサルでさえ、吸い込みと吐き出しは別々に分けられています。

 

犬をみるとたまに、そのようになっているようにも見えることがありますが、これもそうみえるだけで、口で呼吸をすることができない構造になっています。

 

人間だけが口と鼻からでも呼吸ができるようになっていて、ちょっとだけ特したようなところもありますけど、本来は鼻で呼吸をすることが正しい呼吸になります。

 

こうなってしまうのは多数の原因が考えられますが、その原因と対策についてです。

 

 

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸をしてしまう理由は

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸をしてしまう理由は 
口がねばつき口臭の原因にさせる口呼吸ですが、なぜそのようになってしまうのか、いつくか理由があることになります。

 

何もなければ、そのようになることがなく、何かの理由があってのことになります。

 

原因として考えられるのは、口まわりの筋肉の低下、アレルギー、癖、鼻の軌道が狭い、肥満、舌の位置、ストレス、飲酒などです。

 

  • 口輪筋の衰え

若い人では考えづらいですが、30代ぐらいの中年になってくると、口まわりの筋肉が低下してくることが考えられます。

 

その口まわりの筋肉のことを口輪筋(こうりんきん)といいますが、この筋肉が弱くなることで自然に口が開いてしまうことがあります。

 

口を開くと分かると思いますが、このようになると反射的に口で呼吸をしようとします。

 

  • アレルギーの影響

アレルギーというのはアレルギー性鼻炎などの鼻にまつわる何かの疾患のことで、アレルギーで鼻の中が腫れてしまうために、鼻で呼吸をすることが苦しくなってしまうことが原因になります。

 

今は花粉症などになる人が増えてきましたが、このようなことも影響してくることがあります。

 

  • 癖の影響

「癖」というのは、それが当たり前のようになってしまっている人のことです。

 

何かが原因ということでもなく、自然にそのようになってしまったケースです。

 

例外的に、このようになることも考えられます。

 

  • 鼻の軌道が狭い

そして「鼻の軌道が狭い」というのは、生まれつき鼻が曲がっている、または事故で鼻が曲がった、よくあるものでは、小さいときに顔面を強い強打したことで鼻が曲がるケースもあります。

 

このようなことでも鼻の通り道が狭くなり口呼吸になってしまうことがあります。

 

  • 肥満の影響

肥満の影響というのは、太ってくると首回りにも多くの脂肪がついてしまい、酸素の通り道が狭くなることでの影響です。

 

この場合はいびきをかくことも多いので、いびきをしていると思われる人は肥満にも注意が必要です。

 

これも筋力の低下が深く関係してきます。

 

  • 舌の位置

舌の位置というのは、舌の筋力が弱ることでの影響です。

 

舌は上あごについているかついていないのかが通常と言われていて、その舌が低くなってしまうことで、酸素を取り入れる軌道が狭くなって今回のようになるケースもあります。

 

低位舌(ていいぜつ)という舌が垂れ下がったような状態のことです。

 

  • ストレスの影響

ストレスとういうのは、ストレスを多く溜め込んでしまうことで、寝ているときにそれを解消しようと多くの酸素を必要とします。

 

このときに無条件で口呼吸になってしまうことが多くあります。

 

自分が果たして口呼吸になっているのかが分からないことがありますが、上記に当てはまるものがあれば可能性としは高くなります。

 

目安的なものでいうと、朝起きると口が渇いている、唇が乾燥している、いびきを指摘されたことがある、肥満、鼻炎を持っている、このようなことが目安になってきます。

 

このようなことが影響して唾液が減少し、口の中にいる細菌が増加して、口がねばつき、口臭も強くなってきます。

 

 

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸を対策するには?

 

口がねばつき口臭の原因になる口呼吸を対策するには、口輪筋を鍛える、舌の筋肉のトレーニング、肥満を予防する、ストレスの解消、常に意識するです。

 

口輪筋を鍛えるのには簡単な体操があるので、その体操をすることで、徐々に筋力がアップしていきます。

 

下記の動画を参考にすると分かりやすいと思います。

 

 

あいうべ体操といって誰でも簡単にできる方法だと思いますので、お風呂の中でするのも良いと思いますが、ガムなどを噛むなども効果的です。

 

 

それと関連してくるのが、先程話した舌の筋肉の低下です。

 

これも下記の動画を参考にすると分かりやすいと思います。

 

 

とても簡単な方法で、舌の筋力をアップさせることができます。

 

鼻炎などについては、調子が悪いこともあると思いますが、そうでもないときもあると思います。

 

ここは意識が必要ですが、常に口呼吸なっていのか意識することが必要です。

 

肥満やストレスについては、ここは自己管理になってしまうので、ここも普段からの心がけになります。

 

口呼吸は、唾液を減少させ、口のねばつきと口臭の元になるので早めに対処したいところです。

 

また、細菌やウイルスを多く取り込み、睡眠の質までも下げていくのでプラスの要素がほどんどありませんので普段からも注意が必要です。

 

また、これだけでが口のねばつきと口臭の原因とはいえまえせんが、細菌を減らすことが解決策になっています。

 

その方法なども下記にまとめていますので参考にして下さい。

 

すぐに対策する方法もあります。

 

口のねばつと口臭の改善できる厳選アイテム

 

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策


スポンサードリンク

トップへ戻る