口のねばつきと口臭の原因になるストレスの対策方法

口のねばつきと口臭!その原因になるストレスの関係と対策方法

口のねばつきと口臭!その原因になるストレスの関係と対策方法 
中年男性に多い口のねばつき口臭、そししてその原因と関係のあるストレスについてです。

 

口のネバネバと口臭になる要素はたくさんの事が原因として考えられますが、その中にストレスも含まれることになります。

 

人であれば日常茶飯事のような感じで、少なかれ多かれ何かのストレスを毎日感じていることになります。

 

肉体的なもの、精神的なものとありますが、ほとんどは精神的な方の影響が多いと思います。

 

肉体的なものというのは、激しい運動などをしたときの影響の事です。

 

中年男性であれば仕事の関係の精神的なことがほとんどだと思います。

 

部下の失敗、または自分の失敗、業績の低下、人間関係、家庭の環境などと色々です。

 

ただ、これは日常的なことなので、ストレスが溜まったとしても、どこかで解消することで元に戻ることになります。

 

ですが、そのままにしているケースになっている人多く、それが増幅してくることで口のねばつきや口臭とも関係してきます。

 

どのようなことが関係してくるのが、その原因と対策についてまとめています。

 

 

口のねばつきと口臭との関係が深いストレスの影響とは?

口のねばつきと口臭との関係が深いストレスの影響とは? 
口のねばつきと口臭の原因の1つにもなるストレスの関係は、結論をいうと唾液の分泌への影響です。

 

それが分かりやすい例でいうと緊張などです。

 

人生で1度ぐらいは緊張をしたことがあると思いますが、そのときに口の中が乾燥した経験を持つ人はいると思います。

 

緊張するとうことは、これもストレスになるので、自律神経に働き、唾液の量が減ってくることになります。

 

唾液は口腔内の細菌を減らすことができるリゾチームやラクトフェリンなどの抗菌成分が含まれているので、これが減ることで口の中にいる細菌が増えてしまうことになります。

 

さらにその状態が続いたとして、寝てるときはさらに唾液が減ることになるので、朝になると口のねばつきと口臭が伴うようになってきます。

 

このネバネバと口臭は、細菌の影響であることがほとんどなので、その細菌を減らす作用が弱くなっていることが根本的な原因になってきます。

 

唾液の分泌は、自律神経という神経でコントロールされているため、ここが乱れてくると唾液の量が減ってくることになります。

 

唾液だけではなくて、それとつながりのある胃腸の働きや内臓関係の働きにも影響を与えます。

 

ストレスを溜めすぎると「胃が痛くなる」胃痛を起こすことも多く、これはよく耳にすることだと思います。

 

そして唾液の分泌も弱くさせてしまうことになります。

 

また、ストレスを溜めるということは、活性酸素などの老廃物的なものが体に多くなり血中を汚しやすくさせます。

 

唾液は血液からできていますので、その血液の質を下げてしまうことで、口の中を健康にする唾液の質が下がり、細菌が増えやすい唾液になってきます。

 

そして唾液の分泌と関係のある細胞までも影響してくることになります。

 

その唾液の分泌に関係がる細胞に影響があることで、ドライマウスという、口が乾燥することにもつながってきます。

 

ドライマウスは身体的な老化もありますが、ストレスとも深い関係にあるものです。

 

どちらにしても「溜める」ということは体には良くないことでもあります。

 

 

口のねばつきと口臭との関係があるストレスを解消するには?

口のねばつきと口臭との関係があるストレスを解消するには? 
口のねばつきと口臭との関係が深いストレスを解消するには、基本的に自分が溜めないようにする意識になります。

 

どうしても溜まったしまうものなので、それをそのままにしないで、どこかで吐き出すことが大事になります。

 

そのままにするのではなくて、小さいなことでも良いのでプラスになるような要素を取り入れることで、溜まったものを少なくすることができます。

 

方法も色々です。

 

カラオケにいって歌う、入浴をする、余裕があるのであれば旅行をする、散歩をする、運動をする、仲の良い友人と過ごす、掃除をするなどです。

 

これは人によって楽しめるものも違うので一概にこれが良いとはいえませんが、自分があることをしていて、それに集中できることでストレスは解消されていきます。

 

「歌う」というのは、結構オススメですが、これは歌うことが好きな人に向いているので、こればかりではないということです。

 

そして溜めないようにする思考も大事な要素になってきます。

 

例えば仕事で「失敗した」このときにストレスを強く感じてしまうタイプと、気持ちの持ち方で、そうならないタイプの人もいます。

 

後ろ向きにとらえるのか、または前向きにとらえるのかでも、その人のストレス度数は変わってきます。

 

「失敗した」を例にすると、それをそのまま自分のせいのようにしてしまった場合は、強いストレスを感じることになります。

 

逆に「失敗した」を、これはチャンス、今度は同じミスをしない、誰も経験したことがない失敗をした、この失敗を会社のために生かせる、または自分と同じ失敗がないうように教えることができる、また1つ成長できた、実力がついてきている、このようにプラスの思考を持つことでもかなり変わるものです。

 

この思考はとても大事なことで、このような考え方を持てると、溜まるものも溜まりづらくなってきます。

 

またストレスの対策ばかりしていても、口のねばつきや口臭がすぐに解消されるわけでもありません。

 

すぐに解決する方法などもあるので、下記の方にまとめていますので、参考にして下さい。

 

口のねばつと口臭の改善ができる厳選アイテム

 

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策


スポンサードリンク

トップへ戻る