細菌バランスが乱れと口のねばつきと口臭の関係

細菌バランスの乱れが口のねばつきと口臭の原因!対策の方法は?

細菌バランスの乱れが口のねばつきと口臭の原因!対策の方法は? 
口のねばついきと口臭の原因になる細菌バランスについてです。

 

口腔内には悪玉菌、日和見菌、善玉菌といますが、その細菌のバランスのことで口内フローラといって、そのような細菌が多く潜んでいます。

 

身近なよく聞く細菌で、虫歯菌でもあるミュータンス菌、そして歯周病菌なども数十種類といますが、それ以外にも300種類以上の細菌が口の中にいることになります。

 

数にすると、その人のケア具合によって変わりますが、少なく見ても2000億、多くて1兆個ぐらいの数がいると言われています。

 

生まれたときは、このような細菌はいませんが、外の外気などに触れる、または親から感染によって、口の中にも細菌が共存するようになります。

 

これは腸内もそうだし、皮膚についても常在菌という細菌がいます。

 

その多くの細菌が口腔内にいることになりますが、バランスが存在していて共存していることになります。

 

そのバランスが乱れることでも口がねばつき口臭の原因になってきます。

 

どのようなことが関係してくるのかをまとめています。

 

 

細菌バランスが乱れるとなぜ口のねばつきと口臭の原因になる?

細菌バランスが乱れるとなぜ口のねばつきと口臭の原因になる? 
細菌バランスが乱れるとなぜ口のねばつきと口臭の原因になるのかは、そのようにさせる細菌が増えるためです。

 

ネバネバと口の臭いの原因にさせているのは細菌によるものになります。

 

細菌が分泌させる菌膜という分泌物、そして細菌の代謝によって排泄させる分泌物がネバネバと口の臭いを強くさせていきます

 

細菌がネバネバしたものを分泌させるのは、自分達を増やすための自宅作りの役割とバリア的な働きをするためです。

 

これをバイオフィルムとも呼んでいますが、そのバイオフィルムが口の中をねばつかせることになります。

 

さらに細菌は人間と同じく、不要になったものを排泄していることになりますが、悪玉菌の排泄させるものは悪臭になるということです。

 

その臭いが口臭の原因になってきます。

 

口腔内は善玉菌が8ぐらいの割合に、悪玉菌などが2ぐらいの割合で存在していて、このバランスが例えば、同じぐらいになったり、または逆転するようなことになるのことで、口のトラブルが増えてくることになります。

 

そのトラブルの1つが口のねばつきや口臭ということになります。

 

このように口腔内には、細菌バランスが存在しているので、そのバランスが乱れることでも今回のような原因になってきます。

 

 

口のねばつきと口臭の原因になる細菌バランスはなぜ乱れる?

口のねばつきと口臭の原因になる細菌バランスはなぜ乱れる? 
口のねばつきと口臭の原因になる細菌バランスがなぜ乱れるのか、とういことですが、これは色々なケースが考えられます。

 

ケア不足、薬品の影響、口呼吸、ドライマス、食生活、加齢などです。

 

ケア不足は分かると思いますが、全く口のケアをしなければ、トラブル細菌はとめどなく増えていくことになります。

 

歯や歯茎だけに細菌がいるわけでもありませんが、歯磨きをしっかりとしないことも口のねばつきや口臭の原因になってきます。

 

ただ、この症状を感じている人は、しっかりと歯磨きをしている人がほとんどですが、全くしないとさらにひどくなるようなイメージです。

 

薬品の影響というのは、何かの病気や疾患で薬を使用したことでも影響です。

 

口の中に薬品が含まれているマウスウオッシュなどでを乱用することでも細菌バランスは乱れやすくなります。

 

それ以外には精神薬や鼻炎の薬などを飲むことで、その副作用として唾液の分泌を悪くさせることがあります。

 

唾液が減るということは、口の中の環境を良くさせるものが減るということですから、これも細菌バランスを乱す原因になってきます。

 

花粉などの対策で一時的な薬の服用であれば、大した影響はないと思いますが、長く服用することで唾液の分泌にダメージを与えることがあります。

 

それと関係してくるのが口呼吸やドライマスです。

 

この2つも唾液を減らします。

 

口呼吸は、唾液をすぐに蒸発させ、ドライマスは唾液の分泌自体が弱くなるための影響です。

 

そして唾液は血液からできてしますので、その血液を作る食生活が乱れることでも唾液の質をさげて、細菌バランスに影響を与えることになります。

 

加齢はやむを得ないことでもありますが、年を取ることでも唾液が減っていきますので、口腔内の環境を変えてしまうことになります。

 

ケア不足、薬品の影響、口呼吸、ドライマス、食生活、加齢などが口の中の環境を変えていく要素になります。

 

 

口のねばつきと口臭の原因になる細菌バランスはを戻すには?

口のねばつきと口臭の原因になる細菌バランスはを戻すには? 
口のねばつきと口臭の原因いなる細菌バランスの乱れを取り戻すには、基本的に上記で話したことの見直しです。

 

ケア不足、薬品の影響、口呼吸、ドライマス、食生活、加齢などです。

 

薬や服用や加齢などは対策のしようがありませんが、それ以外のことは日常でも注意することで防ぐことが可能になります。

 

ケア不足ということであれば、その見直していきます。

 

口呼吸の対策であれば、コチラの口呼吸の対策を参考にしてもらうと分かりやすいと思います。

 

ドライマスの対策はコチラを参考になると思います。

 

またそのようなことも意識しながら、アイテムなどを使用することで、早期の解決が可能になってきます。

 

そのような優れたアイテムもあるりますが、それらをまとめたものを下記にまとめていますので参考になると思います。

 

口のねばつと口臭の改善ができる厳選アイテム

 

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策


スポンサードリンク

トップへ戻る