口のねばつきと口臭の原因になるアルコールの影響とは?

口のねばつきと口臭の原因になるアルコールの影響とは? 
口のねばつきと口臭がある中年男性はアルコールの取りすぎにも注意が必要です。

 

百薬の長とも百毒の長とも呼ばれますが、飲み方によって薬にも毒にもなるという意味のことわざです。

 

まさにその要素を含んでいるのがアルコールの存在で、これは中年男性の人であれば、体で何となくでも実感している人は多いのではないでしょうか。

 

飲みすぎることで二日用や具合が悪くなる原因になったり、少量であれば程よい感じで体を気持ち良くさせます。

 

これは、とても大きな違いがありますが、やはり飲み方にはとても注意が必要になります。

 

今は家飲みというものが流行っているようですが、毎日飲みすぎることで体に害を与えることがありますが、その1つに口のねばつきと口臭も含まれます。

 

何かつながりがないようにも感じますが、とても深い関係にあることになります。

 

アルコールが、どのようなことで口のねばつきと口臭と関係してくるのかまとめています。

 

 

アルコールはなぜ口のねばつきと口臭の原因になる?

アルコールはなぜ口のねばつきと口臭の原因になる? 
アルコールが口のねばつきと口臭の原因にさせるのは、利用作用と血液の質を変えるためです。

 

口のねばつきと口臭の原因になるのは、何回がお伝えしていますが、この両方とも細菌のだす分泌物によるもので、それが口をネバネバさせ、また口臭の原因を作っていきます。

 

その細菌を増やしてしまう原因に、口呼吸などの唾液の不足やドライマスなどの影響が考えられます。

 

唾液はそのような細菌を減らすためのものが含まれているので、それが減ることで、そのような細菌を増やしてしまうことになります。

 

それを防いているのが口の中にいる善玉菌や唾液の存在になります。

 

そしてその唾液は色々なところから分泌されていることになりますが、その元になっているのが血液になります。

 

そのため唾液は血液内に含まれている情報や成分などが含まれていることになります。

 

その血液を汚し、または質を悪くさせるのがアルコールの存在でもあります。

 

適度な量であれば血流を良くさせ、ストレスの解消などにもなっていきますが、コレステロールも多いために飲みすぎることで、血液を汚し、さらに体から水分を奪う利尿作用があるために、血液内の水分を少なくしてしまいます。

 

血液内水分が足りないということは、唾液の分泌を弱くさせ、さらに血液がドロドロになれば唾液の質も悪くなることになります。

 

アルコールを飲むとオシッコが近くなるのはその利尿作用のためで、また肥満の原因になるのはカロリーもそれなりに多いためです。

 

どちらにしても唾液の分泌と質に影響を与える存在であることには間違いありません。

 

どうしても晩酌など、夜などにアルコールを口にすることが多くなってしまうので、寝る前に飲むということは、別な意味でも体に負担を与えやすくします。

 

 

アルコールは口のねばつきと口臭以外にも悪影響がある

アルコールは口のねばつきと口臭以外にも悪影響がある 
アルコールの取りすぎは、口のねばつきと口腔内の口臭の原因にさせるばかりではなく、別な意味で口臭を強くさせる原因になってきます。

 

口の臭いといっても、細菌が増えることが原因になる口腔内からの影響もありますが、体内が原因で口臭が発生することもあります。

 

体内というのは主に胃腸内や肝機能の低下のことでも影響です。

 

ここの機能も低下してくることで口の臭いの原因になることがあります。

 

その原因にさせる1つがアルコールの取りすぎです。

 

アルコールが胃腸や肝機能などに影響があることは分かると思いますが、胃腸が機能低下すると消化吸収の働きが弱くなるので、食べ物が未消化になりやすく、そこから悪臭が発生するようになります。

 

その臭いが体に吸収されることで呼気のも混ざるので、口臭を感じることになります。

 

また、そのような悪臭を分解しているのが肝機能や腎臓の働きで、ここの機能も衰えてくることで、外に老廃物が上手く排泄させることができなく、臭いが呼気に混ざることがあります。

 

アルコールの取りすぎは、口のねばつきこと口腔内の口臭だけではなくて、体内から発生する口の臭いにも影響を与えていることになります。

 

中年になると特に注意したいですが、加齢でも全体的な機能が衰えてくるので、そこに無理をかけていくと、さらに老化のスピードを上げてしまうことになります。

 

健康にも関係してくることなので、適量を飲むように注意したいところです。

 

量的なものは、その人によって変わりますが1本、1缶、1瓶、1杯、1合が目安になってきます。

 

ただ、お酒が弱い人もいるので、必ずこれが当てはまるわけでもありません。

 

弱い人はさらに減らすことになると思います。

 

そしてこれだけが口のねばつきと口臭の原因になるわけでもなく、その要素の1つということです。

 

小さなダメージが多く集まることで影響を与えますので、その小さな影響の1つということです。

 

ただ、飲み方によっては大きくな影響になることもあるということです。

 

このようなことも意識しながら下記を参考にしてもらうと改善は早くなると思います。

 

すぐに口のねばつきと口臭を改善させる方法などもまとめていますので参考にして下さい。

 

朝に口がねばつき口臭がある!その原因と対策の方法 

 

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策


スポンサードリンク

トップへ戻る