口のねばつきにマウスウオッシュは効果がある?

口のねばつきにマウスウオッシュで効果のあるものは?

口のねばつきにマウスウオッシュで効果のあるものは? 
マウスケアを効果的に行うため、ブラッシングだけでなく薬用のマウスウオッシュを定期的に使用する人が多くなっています。

 

特に、口臭が気になる中年男性の間では、食後だけでなく、会議や商談の前などにエチケットとして使用する人も少なくありません。

 

では、口の中がねばつきを感じている人はどんなタイプを選ぶと良いのでしょうか。

 

キーワードは「殺菌作用」と「保湿作用」、および「医薬品指定」の3つです。

 

口臭の原因となっているのは、歯と歯茎の間で歯周病菌が大量に繁殖してしまうためです。

 

そうなると歯や歯ぐき、舌の上などにねばつきが起こります。

 

この菌を取り除くことで、匂いの原因を取り除くことができます。

 

ですから、マウスケアや匂いで悩んでいる人は、強い殺菌作用を持つマウスウオッシュを活用しましょう。

 

中にはメンソールなどさっぱり感を与える成分を配合しているものの、殺菌成分はほとんど、あるいはまったく含まれていないものもあります。

 

メンソールには雑菌を除去する効果はないので、当然匂いを緩和することもできません。

 

ですから、成分表を確認して殺菌成分がきちんと配合されているかをチェックしましょう。

 

ただし、刺激が強すぎると弱った歯ぐきを痛めてしまう可能性もあります。

 

ですから「高殺菌・低刺激」タイプをおすすめします。

 

口腔内が乾燥すると、歯周病菌は繁殖しやすなります。

 

ですから、匂いを抑えるため保湿成分が配合されているマウスウオッシュを選ぶようにしましょう。

 

注意が必要なのはアルコール成分を配合しているタイプです。

 

アルコールと聞くと、「殺菌効果」をイメージする人は多いでしょう。

 

とはいえ、マウスウオッシュに配合されているアルコールには殺菌・洗浄作用はありません。

 

その一方で、アルコールには唾液の分泌を抑え、水分を蒸発させる作用があります。

 

そのため、使用後には歯や歯茎などが乾燥してしまうのです。

 

ですから、匂いを抑えたい人にはアルコールを配合したタイプはおすすめできません。

 

「医薬品」もしくは「医薬部外品」という表示がある製品を選ぶのも大切です。

 

これらの表記がなされているということは「薬用成分が配合されており、マウスケアに一定の効果がある」と認定されていることの証明です。

 

また、商品の安全性についても確認されているわけですから、安心して使用することができます。

 

中でもおすすめは、薬用成分であるフッ素を配合しているマウスウオッシュです。フッ素には歯ぐきを強くするだけでなく、歯の再石灰化を促進する働きがあります。そうすると、歯垢や歯石が堆積しにくくなって、口臭も抑えられるというわけです。

 

 

 口のねばつきに対策になるマウスウオッシュの副作用とは

口のねばつきに対策になるマウスウオッシュの副作用とは 
短時間で簡単に口の中をきれいにできることから、マウスウオッシュを活用する人は年齢・性別を問わず非常に多くいます。

 

最近では、歯磨き粉の代わりとしてブラッシング前に利用する人もいるようです。

 

とはいえ、便利なマウスウオッシュも使い方に注意しておかないと副作用の危険がある、という意見を述べている専門家もいます。

 

では、どんな副作用が懸念されているのでしょうか。

 

1つ目は「ホルモンバランスの乱れ」です。抗菌成分として多くの製品に配合されている「トリクロサン」には、エストロゲンやテストステロンなどのホルモンに働きかけて、抗生物質に対する耐性を向上させてしまう恐れがあるとされています。

 

薬剤耐性ができるということは、体調を崩した時に処方される薬が効きにくくなるわけなので、体にとって望ましいことではありません。

 

また、「ラウリル硫酸ナトリウム」には体内における発がん性物質の産生を促す働きがあるのではと懸念されています。

 

とはいえ、こうした副作用が出るのは、ラウリル硫酸ナトリウムを毎日大量に摂取した場合であり、口腔ケアに使用する程度ではまず心配はない、ということを覚えておきましょう。

 

どうしても不安を感じるという人は、厚生労働省によって安全が確認されている「第2種医薬品」もしくは「医薬部外品」という表示のある製品を選ぶと良いでしょう。

 

2つ目は「常在菌の死滅」です。マウスウオッシュに配合されている殺菌成分は、歯周病菌だけでなく、口腔内の健康を維持している常在菌も死滅させてしまうため、歯肉炎を発症しやすくなります。

 

また、アルコールが含まれていると、殺菌作用のある唾液の分泌を抑えてしまうというデメリットもあります。

 

ですから、殺菌効果や刺激が強すぎるものは選ばないようにしましょう。

 

3つ目は「色素沈着」です。濃い緑や紫色に着色されたマウスウオッシュはとても多く、「効き目がありそう」ということで人気を集めています。

 

とはいえ、毎日繰り返し使い続けると、液体に溶け込んでいる色素が歯や歯茎に沈着してしまう可能性があります。

 

これを避けるためには、色が薄いタイプもしくは透明タイプを選び、洗浄後には歯ブラシで軽くブラッシングすると良いでしょう。

 

その他に、エタノールなどのアルコール成分が配合されている場合は、子どもが誤飲してしまうと酔ってしまう、という危険もあります。

 

ですから、幼児がマウスウオッシュを使う場合には、必ず親がそばにいてきちんと吐き出させるようにしましょう。

 

口のねばつきと口臭対策アイテム

口のねばつきと口臭対策


朝の口臭を改善する方法

舌の臭い対策

スポンサードリンク

トップへ戻る