舌が臭いと感じるときの対策と対処法と原因について

舌が臭いと感じるときの対策と対処法と原因について 
舌が臭いと感じる中年男性の対策と対処法についてです。

 

中年男性に限ったことでもありませんが「舌が臭い」と感じる人は多くいます。

 

元のキッカケは口臭が気になりだして、それを調べていくと、舌がとても臭いことに気がつく、またはたまたま唾液の乾燥させた臭いを確認すると、とてもひどい悪臭がした、そのようなことから自覚する人も多い感じがします。

 

舌に臭いがあるとういことは、それが口の臭いへの原因となっていきますが、その根本的な原因になっているのが口の中にいる細菌です。

 

その細菌が口腔内や舌に多くなることで臭いを強く感じてしまいます。

 

細菌が増える理由は、ドライマス、口呼吸、口のケア不足、この3つが主な原因になっていますが、共通してくるのは唾液の減少です。

 

口の中の健康を維持しているのが唾液と口の中にいる善玉菌です。

 

これが加齢、ドライマス、口呼吸、または薬品の関係などから唾液と善玉菌が減少していくことで、悪玉菌が増加して舌の臭いを強くさせていきます。

 

原因については、また詳しく記載していきたいと思いますが、対策としてはその臭いの原因になっている細菌を減らすこと、そして細菌が増えない環境にすること、この2つのことができれば改善は、ほぼ間違いないことになります。

 

どのような対策があるのかまとめています。

 

 

舌が臭い!その対策に基本の歯磨きをマスターする

舌が臭い、と感じるは先程話した通りで、口の中に細菌が多くなる環境があることが原因です。

 

歯や歯茎だけに菌がいるわけでもありませんが、しっかりとした歯磨きをすることも口の中の細菌を増やさない、または減らす大事な要素になってきます。

 

案外、正しい歯磨きの仕方を忘れている人も多く、自己流になっていることもあります。

 

しっかりと汚れを落とすことができれていれば良いのですが、簡単にはいかないので歯周病や虫歯などになることもあります。

 

口の病気を防ぐ意味でも大事な要素になるので、正しい歯磨きを身に着けるようにします。

 

動画を見ると分かりますが、力を入れないで小刻みに歯ブラシを動かすことで汚れは良く落ちます。

 

毛先が広がったときが交換の目安になりますが、1ヶ月に1回ぐらいのペースで交換していれば良いと思います。

 

古い毛先では包丁でいう切れ味がないものを使用しているような感覚です。

 

古ければ新しいものに交換するようにします。

 

 

舌が臭い!その対策にデンタルフロスも使用する

舌が臭い!その対策にデンタルフロスも使用する 
デンタルフロスとういのは糸ようじのことで、歯ブラシでは届かない、歯と歯の隙間の汚れや細菌を落とすのに役立つことになります。

 

デンタルフロスは種類が色々ありますが、安いものでスタンダードなものでも十分利用できます。

 

歯と歯の隙間にも何十万個という細菌がいますので、歯のある数だけでデンタルフロスで隙間を磨くことで、かなりの細菌を落とすことができます。

 

古い汚れなども取ることができるので、毎日までとはいかなくても、月に1回くらいするだけでもかなり細菌数を減らすことができます。

 

コンビニやドラックストアなど、どこにでも手に入るものなので、また腐るものでもありませんので、用意しておくと良いと思います。

 

 

舌が臭い!その対策に舌ブラシも使用する!

舌が臭い!その対策に舌ブラシも使用する! 
舌が臭いと感じるときに、その対策に舌ブラシも役立つことになりますが、注意点もあります。

 

舌は粘膜で覆われいて、毎日のようにこすると、粘膜にダメージを与えてしまいます。

 

粘膜には細菌やウイルスを防ぐための壁の役割と、免疫などの白血球などがいます。

 

その防衛策にダメージを与えてしまっては、余計に舌の臭いも強くなってしまいます。

 

本来は使用するものではありませんが、月に1〜2回くらいまでと決めて使用するようにします。

 

どちらにしても力を入れてこすっても、毎日したとしても、表面上の細菌や汚れしか取れないので、毎日しても力を入れてこすってもあまり意味がないことになります。

 

優しく、月に1回ぐらいを目安に舌ブラシは使用するようにします。

 

 

舌が臭い!その対策に噛む回数を増やすようにする

舌が臭い!その対策に噛む回数を増やすようにする 
舌が臭いと感じる原因に唾液の分泌が低下しているケースが多くあるので、その対策として食事のときに噛む回数を増やすようにします。

 

例えば食事を毎回、飲み込んだと仮定すると、口の中の機能が退化すると考えると分かりやすいと思います。

 

筋肉についてもそうですが、使用しないところは衰えが早くなるので、その働きができなくなってきます。

 

中年は特にそうで、20歳ぐらいから誰でも唾液の分泌が少しずつ低下していきます。

 

胃腸や体全体的なことにも言えることですが、なるべく老化させないように食事のときは噛む回数を増やすようにします

 

1口で30回ぐらいを目安にすることで、唾液の分泌も増してくることになります。

 

普段から唾液の分泌量が多いことで、舌の臭いを早くに改善させるポイントにもなってきます。

 

またドライマスの対策にもなります。ガムで代用することもオススメです。

 

 

舌が臭い!その対策に口輪筋を鍛えるようにする

口輪筋を衰えてしまうことで口が自然に開いてしまい、口呼吸になってしまうことがあります。

 

それを防ぐのに口輪筋を鍛えるようにします。

 

これはそんなに難しいことでもなく、色々な方法がありますけど、上記の動画の通りに実勢していくことで、口輪筋を鍛えることができて口呼吸の予防になります。

 

口で呼吸をしてしまうと強制的に唾液を蒸発させてしまうことになるので、口の中にいる細菌を増やしやすくさせてしまいます。

 

日中でも増えやすく、さらに寝ているときは唾液の分泌が弱いうえに、さらに口呼吸になってしまうことで細菌が増えることになってしまいます。

 

朝になると口の中が乾燥している、唇が渇いているということであれば口呼吸している可能性が高いといえます。

 

 

舌が臭い!その対策にストレスを溜めなようにする

舌が臭い!その対策にストレスを溜めなようにする 
ストレスというのは、これも唾液の分泌に関係することで、ストレスを溜めてしまうことで自律神経に作用して、唾液の出が悪くなってきます。

 

これは経験したことがある人の方が多いかもしれませんが、緊張などをして口が乾燥する経験がある人は多いと思います。

 

唾液は自律神経の働きでコントロールされているので、ここが乱れてしまうと唾液の分泌に影響を与えることになります。

 

誰でも溜まることは間違いがないことですが、それをそのままにしないで、溜めないよにする工夫も必要です。

 

気持ちの持ち方でも大きく変わりますので、あまりマイナスにとらえないよにする心構えが必要です。

 

ストレスが溜まると寝ているときに口呼吸にもなりやすくやせます。

 

 

舌が臭い!その対策に食生活にも注意する

舌が臭い!その対策に食生活にも注意する 
食生活と舌臭いはあまり関係ないようで、深いところで関係してきます。

 

唾液は血液からできていますので、その血液を汚すような食生活、または水分が足りないようであれば、唾液の分泌と質が悪くなってきます。

 

カフェインの取りすぎは唾液の分泌を低下させ、肉や揚げ物などの食生活は、血液を汚しして唾液の質を悪くさせていきます。

 

アルコールについては体から水分を奪う利尿作用があるので、飲みすぎることで体に水分が不足して唾液の出が悪くなってきます。

 

食生活については、色々と注意点がありますが基本的に和食中心の食生活をするようにします。

 

細かいことを抜きに、バランスが取れていれば良いことになるので、何かに偏ってしまうことが口の中の環境を変えてしまうことになります。

 

バランスの取れた食事をするような意識が必要です。

 

体の質の変化は、唾液の質を変え、口腔内の質も変化させ、細菌が増えづらい環境にさせ、舌の臭いを予防することにもなります。

 

唾液には免疫も含まれているので、免疫力が低下することでも舌の臭い、または汚れなども多くなってききます。

 

 

舌が臭い!その対策に運動不足も解消するようにする

舌が臭い!その対策に運動不足も解消するようにする 
運動不足については肥満の予防です。

 

肥満になるということは、体全体に脂肪を多くさせ、酸素を取り入れる軌道が狭くなるために口呼吸になりやすく、また血流を悪くさせ、これも唾液の質や分泌にも影響することになります。

 

そして血流が悪いということは、免疫力を低下させることになるので、これも唾液の質を悪くさせていきます。

 

男性の場合は体を動かす機会がある人もいますが、デスクワークのような仕事であれば、運動不足から血流が悪くなり、体全体の機能を低下させることにもなります。

 

運動不足は健康にも良くないので、体は適度に動かすようにします。

 

もし時間があるのであれば朝にウォーキングなどを30分するだけでも後々、体の体質も変わってくることになります。

 

 

舌が臭い!その対策に優れたアイテムを使用する

舌が臭い!その対策に優れたアイテムを使用する 
上記のようなことも注意しつつ、舌の臭いを改善するアイテムを使用します。

 

細菌を自然な状態で減らすことができて、すぐに結果がでる優れたアイテムがあります。

 

オススメのものであれば下記にまとめていますが、注意点もあります。

 

すぐに結果がでると多いですが、実感がすぐにでてきてもしばらくは、そのまま使用するようにします。

 

そうすることで口の中を安定させて、細菌が増えにく環境にさせることができるからです。

 

そして舌の臭いぐらいであればすぐに改善できますけど、口の中の全体のケアができますので、その他に舌の汚れ、歯周病なども対策ができます。

 

舌の臭いと口臭を対策できるアイテム

 

 

舌の臭い対策グッズ

舌の臭い対策


朝の口臭を改善する方法

口のねばつきと口臭対策


スポンサードリンク

トップへ戻る